勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

勝負ランチ

ほぼ回鍋肉専門店「えぞ松」。人間は食べるための機械である。

     
えぞ松飯田橋回鍋肉01回鍋肉定食
¥680

えぞ松 神楽坂店
飯田橋



「インドール」の隣、もちろん同じ軒下です。看板に「ラーメン/回鍋肉」の文字を見つけて早や2年、ようやく初訪問です。回鍋肉を推しにしている定食屋って少ないですからね。気になってましたよそりゃ。
 ご常連が比較的多いようで、みなさんカウンターに座るやいなや「回鍋肉」「ホイコーロー」「回鍋肉ね!」とコールします。10人に1人は「味噌ラーメン」「餃子定食で」と別のオーダーをします。ほぼ回鍋肉専門店といっていいでしょう。3日間続けて、男子率100%のランチとなりました。

 ラーメンは「支那そば」のようです。こちらも自信ありげに推しているようですが、しかしみなさん「回鍋肉」「ホイコーロー」です。
 料理人は回鍋肉専門がお一人、いやこの方は餃子も担当していました。鍋/鉄板系専門ですね。あと奥で麺類担当もおられます。回鍋肉の仕込み材料の量がすごい! 豚バラ、キャベツがどんどん奥から運ばれてきます。たいてい3〜4人分を一度に調理しているようです。
 オーダーが少しでも遅いと「何? 言って!」と調理人に促されます。調理の音がにぎやかなので、大きな声でオーダーしないと「はいよ!」という返事が返ってきません。

「回鍋肉定食」¥680
 ライス少なめでオーダーするべきだった! すごいライスの量。定食というより回鍋肉丼です。大盛りカレーのような様相です。回鍋肉が乗っていない部分の白いライス部分に、みなさん紅生姜をどっさり乗せています。私はそんなに紅生姜は好きではないので、頑張って白飯部分を一生懸命食べてしまって無かったことにして、それから回鍋肉が乗っている部分を食べます。白飯部分だけですでに結構お腹が膨れてきました。

えぞ松飯田橋回鍋肉02

 具材は、豚バラとキャベツのみ。男シャリ料理です。ネギもピーマンもなし。モダン回鍋肉。
 回鍋肉は豆板醤・甜麺醤のタッグが基本かと思っていたのですが、こちらの回鍋肉はほとんど豆板醤の味はしません。赤味噌っぽい味です。辛みは唐辛子ではなく味噌そのもので出そうという魂胆でしょうか。だから辛味はほとんどなく塩っぱさと甘さで勝負です。といってもそこまで塩っぱさは強くありません。
 ライスが少し緩いので、箸では食べづらいですね。邪道ですがスプーンが欲しいところです。肉が脂っこすぎないので助かります。キャベツが多いのもヘルシー?です。タレだけでライスを食べてみると、甘みが舌に広がります。
 うう、何とか食べきりました。隣の方は残しそうなペースですね。ガッツリいただきまして腹一杯です。

 マシンのように回鍋肉を造り続ける料理人。大量生産の弊害でしょうか、楽しんで造っている様子はありません。ランチを「楽しんで」食べたい方には向かないお店です。ル・コルビュジエ風に言えば「人間は食べるための機械である。」というモダンな考え方において至福の飲食店でしょう。とりあえずミッション達成、ごちそうさま。

えぞ松飯田橋回鍋肉03

最寄駅 JR・都営・メトロ「飯田橋」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 3
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  5
好き度・リピート感 5

えぞ松 神楽坂店定食・食堂 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4



食べログ グルメブログランキング 08:56 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP


グリル目 駅前科 昭和定食属 うなぎの寝床種「インドール」。

     
インドール飯田橋しょうが焼き01豚肉のしょうが焼き
¥550

インドール
飯田橋



 飯田橋駅前、神楽坂へは上がらず外堀通り沿いを歩く事15秒。長屋といっていいかわかりませんが数軒の食事処がひとつ屋根の下にひしめいています。今日はその一軒「インドール」に入店しました。インドールはインド中部の地名かと察します。
 店内はまさにうなぎの寝床。カウンターのみで、食べている人の後ろのすき間を縫って奥へと進みます。メニューはシンプル。カレー系か豚肉系がメインです。ライスや豚汁は別売りです。
 ご主人とママさんの2人態勢で営んでいます。厨房も広いとはいえず、お二人がクロスすることは難しそうです。しかし古そうなお店です。昭和の臭いがプンプンします。

「豚肉のしょうが焼き」+「ライス 並」¥550 + ¥150
 肉は結構黒い感じに焼かれています。野菜たっぷりで健康的。ライスは見た感じからして微妙な感じ。いただきます。と思ったら「はい、これサービスでどうぞ召し上がって」とママさんから豆腐と野菜の別皿盛り合わせが。ちょっと嬉しい。

インドール飯田橋しょうが焼き02インドール飯田橋しょうが焼き03

 生姜焼きは、硬すぎることもありませんが柔かくもありません。タレも甘過ぎませんがしょっぱすぎません。すべてが平均。このスタイルでずーっとやってきたんでしょうね、この一等地で。
 他のお客さんもカレーをオーダーする方はなく、みなさん豚のしょうが焼きやにんにく焼きを食べています。どんなカレーか見てみたいのですが。
 サービス品は、私は生ピーマンと豆腐とトマトでしたが、他の方はナスだったりお新香だったりと、あるものを適度に散らして配膳しているようです。生ピーマンはアタリでしたね。

 平均的なしょうが焼きを平均的なライスでかき込んで、ごちそうさま。私も嫌いではありませんが、ファンは多いかも知れません。しかし私の両隣は初訪問のようで、一見も気になるお店なんです。いつまでも元気にがんばって下さいね、ご主人とママさん。

インドール飯田橋しょうが焼き04

最寄駅 JR・都営・メトロ「飯田橋」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 2
価格設定の適正度  6
料理の味・誠実度  4
好き度・リピート感 4

インドール定食・食堂 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

昼総合点★★★☆☆ 3.2



食べログ グルメブログランキング 08:56 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP


はたして二重の下段に蕎麦はあるかなぁ?老舗「やぶ仙」

     
やぶ仙神保町薮蕎麦01茄子せいろ
¥890

やぶ仙
神保町



 1950(昭和25)年創業というと、すでに70年近い歴史を持つ老舗なんですね。やぶ仙という屋号、土地柄からして藪蕎麦の流れを汲んだ蕎麦なのでしょうか。

 お品が豊富で迷いますね。穴子天もいいし、三色盛りもいい。しかしここはシブく「茄子せいろ」をいただいてみます。店員皆さん元気なのでこちらも元気が出ます。

「茄子せいろ」¥890
 厨房で揚げ物の音がしていたので、もしかして茄子は天ぷらなのかな、と思っていたら正解でした。ぶっとい茄子がおツユに挿しこまれています。4ピース。しかしデカイな。
 せいろは二段です。はたして下の段にも蕎麦はあるのか!? 初見客なのでわかりません。食べる前に下の段を覗くのもちょっと気が引けます。だって店員が全員こちらを見ているんです。なかった時のリアクションを考えてしまいます。欧米人の様に両の手のひらを上に上げて「マイガッ!」とかやれば店の人も笑ってくれるだろうか。それとも静かに上の段のせいろを置いて気まずい時間を過ごせば良いのでしょうか。
 そおーっとのぞいて見てごらん。店員が向こうを向いた隙に。よし今だっ! 上のせいろを上げて覗くとそこには……あった! あったよ、蕎麦が! ロッキーが勝利した時の音楽が頭に鳴り響きます。またこちらを向く前に、そっと重ね直します。もちろん顔はニンマリです。

やぶ仙神保町薮蕎麦02やぶ仙神保町薮蕎麦03

 やぶ蕎麦か、と聞かれれば。わかりません! と答えます。そんなに詳しくないんですよ。色が緑っぽくて蕎麦の実の皮の味が香る荒々しい田舎風の蕎麦だよ、といわれても、その典型を知らないので何とも…。ただ、美味しいです。比較的サラッとした歯応えです。田舎蕎麦のゴツゴツ感はあまりありません。おそらく臼で繊細に挽いてしつこいくらい丁寧に練っているのでしょう。喉ごしいいです。この酷な暑さの日によく合います。

 茄子はアッツアツ。揚げ立てもいいとこ。茄子は油を吸い取ってくれるので、全然脂っこさを感じない天ぷらです。蕎麦とよく合います。夏は、茄子の季節ですね。

 つゆは、有名な並木薮蕎麦のような塩っぱさではないんだと思います。でも濃い方だと思います。私は江戸っ子にあるまじき、どっぷりつける派なのでどっぷりつけていただきます。いいお出汁で美味しいです。

 せいろの上の段を取って、下の段に移ります。常連の表情で当然のように…。すぐに店員が上段のせいろを持って行ってくれます。さあ後半いってみよう。
 茄子天、ほんとにいいですね。穴子天にしなくても後悔なしです。この茄子、美味い!

 さて、食べ終えて蕎麦湯タイムです。つゆの味が濃いので多めに蕎麦湯を投入。この暑い日に、汗をかきながら蕎麦湯をグイグイ飲む。ちょっと江戸っ子ぽくないですか?
 ああ美味かった。ごちそうさまでした。ここは、夜に来てみたい蕎麦屋ですねえ。よし、次回は夜だな。

やぶ仙神保町薮蕎麦04

最寄駅 都営・メトロ「神保町」(千代田区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

やぶ仙」Twitter CLIC → https://twitter.com/yabusen
やぶ仙」facebook CLIC → https://www.facebook.com/pages/%E3%82%84%E3%81%B6%E4%BB%99/196793717022552

やぶ仙そば(蕎麦) / 神保町駅新御茶ノ水駅小川町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 18:42 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP


メニュー見てるだけで3杯は飲める酒場、小規模チェーンの真骨頂「たぬき」。

     
たぬき大山居酒屋海鮮03おかわり餃子
¥450

たぬき 大山
大山



 たぬき、という居酒屋は全国に多く存在します。こちらのお店はここ大山、ときわ台、東十条などに6店舗を展開している小規模チェーンの「たぬき」です。結論からいうと、今まで「たぬき 大山店」を知らなかったことは人生損していました。
 
 まず豊富な居酒屋メニューの数々。基本は、鮮魚の刺身がウリです。お店の一推しは「関西風串カツ」(4本縛り)。しかしメニューを1ページづつめくっていく度に、ドキがムネムネしてくるんです。なんだこの魅惑のお品書きは! 注文する前から降参ですわ。しかも2軒目だし、こんなに無理だわ! うーーーん、気絶するほど悩ましい。

 しかもお品書きもユーモアがあって面白い。「厚揚げ焼き」の写真には上から「入荷待ち」のテープが貼られています。その辺で売ってるんじゃないんかーーーい! 「イカの丸焼き」は「品切れ中」のテープ。その辺で売ってないんかーーーい! 「スパニッシュオムレツ」は人の顔の形にケチャップがかけられています。それ誰ーーー! 見てて飽きないメニューブックなんです。

 お通しは、おでんかマカロニサラダか選んで下さいとのこと。うーんもうさっそく迷わせるんだから。
 お店の一推し「関西風串カツ」はハシゴ2軒目なのでちょっと無理だった…。残念!

 酒は「銀盤 純米大吟醸」でいってみます。贅沢な酒ですよこれは。

「中とろの刺身」¥680
 厚みのある刺身が5切れ。ちょっと解凍っぽい感じもしますがりっぱなマグロです。中とろ、というよりは上等な赤身です。トロッととろける旨味のある赤身、でしょうか。トロ部位のキワのところでしょうね。うん、美味しい。いいよ。いいよ、これ。俺にはこの「上等な赤身」がいいんだよ。

たぬき大山居酒屋海鮮01たぬき大山居酒屋海鮮02


「おかわり餃子」¥450
 おかわり? 謎のネーミング餃子です。どうやら美味しくて追加する方が多い、とのことでした。見た目はメンチです。食べると…餃子です。餃子メンチ、といえます。なるほど、こりゃ美味いぞ。確かに大勢で来れば追加必至かも知れません。うむ、アリですね。美味い。

 一軒目で来るべきだったー! 居酒屋メニューの殿堂「たぬき 大山店」。グルメ人じゃあるまいし、味が云々なんて別にいいんですよね、こういう酒場は。メニューを見てるだけで飲める店、これがいいんです。ああ素晴らしきこの世界。立ち上がりたくないなあ、でもごちそうさまでした。

最寄駅 東武東上線「大山」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 8

たぬき居酒屋 / 大山駅板橋区役所前駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング 17:55 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


日本で初めてカレーにとんかつをのせた「河金」。

     
河金入谷河金丼カツカレー_01河金丼
¥750

河金 入谷
入谷


 いわゆる「カツカレー」はここで生まれたわけです。その功績は偉大です。日本の食堂に革新的な料理が誕生した歴史的偉業です。しかし、カツカレーの「元祖」論争は結論が出ていません。銀座「スイス」、こちらが発祥という説。
 「スイス」が「カツカレー」を提供し始めたのは1948(昭和23)年。こなた「あさくさ河金」は1918(大正7)年に屋台で開店し、その後に店を構えましたが現在はありません。基本は「とんかつ屋」です。定かではありませんがその頃すでに「河金丼」と名付けてカレーにとんかつをのせた料理を提供し始めていたそうです。今は河野さん3代目がここ入谷でのれんを引き継いでいます。千束にも河金はありますが、どうやらここ入谷店が直系扱いと言えそうです。
 年代だけで判断すれば発祥は河金に軍配が上がりますが、「カツカレー」という名称ではありませんでした。もし河金丼を「意匠登録」していればもちろん河金の勝ち。しかし「商標登録」の観点でいえばスイスの勝ち。
 考えてもしょうがない、食べましょう。それから持論を決しましょう。

 全12席の小さくも偉大な店内。壁メニューを見れば、ここがとんかつのお店であることがわかります。しかし私は河金丼をオーダーします。ここでしか絶対に食べられないからです。

 ちなみに、とんかつはヒレやロースがありますが、「匁(もんめ)」でオーダーします。グラムじゃなくて「匁」ですよ! なんてハイカラ! なんといっても大正時代から続く老舗ですからね。私の実家は建設業だったので、尺貫法にはうるさいですよ。

河金丼」¥750
 やはり、というかもちろん、丼ぶりでの提供です。ライスの上に千切りキャベツが敷かれ、その上にとんかつ、そしてカレーがドッとかけられています。傍らには福神漬け。そして個性が光るのは、スプーンではなくフォークでいただくことです。では歴史的料理、いただきます。

河金入谷河金丼カツカレー_01河金入谷河金丼カツカレー_02

 カレーは、昭和の日本の家庭のカレーです。しかしお母ちゃんの味ではなく、プロの味ですね。蕎麦屋の出汁が効いたカレーでもなく、じゃがいものどろどろカレーでもありません。いい。実にいい。この甘さ。辛くなければカレーじゃない? じゃあこれは何だ。カレーは日本で進化したんです、この島国の気候と食材と舌に合わせて。
 そのカレーがかかっているとんかつ。おそらくロースカツかと思います。30匁くらいかと察します。なるほどー。とんかつにプライドを感じます。特にころも。繊細なパン粉で低温でじっくり揚げたのでしょう。やさしい口当たりで脂っこくありません。美味いなあ。
 これがカレー+とんかつの元祖と謳われる料理か。感慨深いなあ。しかしそんな感傷的なことではなくて、美味しいとうことが大事です。カレー、とんかつ、キャベツ、福神漬けのカルテットが、明治・大正・昭和・平成の四時代と重なります。
 気がつけばあっという間に食べきってしまいました。大満足。世界に誇れる料理、その発祥の味を堪能しました。ごちそうさまでした。
 
 では比較して持論を展開します。まず精神論から。「スイス」は店舗の設計上、厨房と客席に距離感を感じます。シェフの動きは見えません。これは欧風レストランの造りといえるでしょう。「河金」は厨房が丸見えで、ご主人の動きが丸見えで、ああ俺のために一生懸命作ってくれている、という日本人が感動するシチュエーションです。つまり欧風と和風の違いが調理にも反映してるかと思います。しかしこれは「元祖論」の根拠にはなりません。
 かたや銀座「スイス」ではとんかつではなく「カツレツ=cutlet」と言います。つまり欧風料理スタイル。もちろんとんかつのルーツです。こなた「河金」は「とんかつ」。つまりパン粉で揚げる日式揚げ物料理。とんかつは揚げる事が前提の料理で、昭和初期から上野・浅草で流行したとうことなので、ここ河金もその片棒を担いでいます。
 カレーという料理は明治時代にはすでにある古い料理です。とんかつもすでに明治時代にはありましたが、「スイス」でとんかつとカレーを組み合わせるには時期尚早、1947(昭和22)年創業ですから。日本においてカレーととんかつがマリアージュするには、創業年は重要な手がかりです。
 決を取ります。「スイス」はカレーを洋食として広め、そこにカツレツという洋食を組み合わせた創作料理。「河金」はとんかつという和食を、庶民的日式カレーに併せた創作料理。つまり洋食屋のカツカレーvsトンカツ屋のカツカレー、という話です。発想が違うんです。だからどっちが元祖かと言われれば、答えは「どっちも大丈夫!」と吉高由里子のように言いたいのですがそうもいかないので、「スタイルを確立」したここ「河金」が元祖でしょう。

河金入谷河金丼カツカレー_03河金入谷河金丼カツカレー_04

 ものごとにおいて、ネーミングで商業的に成功したかどうかは問題ではなく、そのスタイル、システム、いわんや理念を先に世に発表した者が「元祖」です。もう一度いいます、商業的成功による認知度ではありません、始めに開発した者が元祖です。
 ただし、河金の河金丼がいつから提供されているのかが正確にわかっていないことが論争の肝です。だから、最終結論は、「どっちも大丈夫!」。

最寄駅 メトロ日比谷線「入谷」(台東区)
衛生感・落ち着き度 4
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

河金とんかつ / 入谷駅鶯谷駅上野駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 08:06 | トラックバック:0 | 上野,浅草 周辺 |TOP




< < 前のページ | TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR