勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

板橋,大山 周辺 勝負ランチ

マスターの人柄と探究心に酔う「ビストロ ル マリアージュ」。

     
ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン011鹿児島和牛トモサンカク グリ
¥4,800

ビストロ マリアージュ
板橋


 今宵の給油は板橋駅、注目の酒場ビストロ マリアージュ」。噂を耳にしていたので勝手に注目してました。カウンター席を予約して伺いました。
 マスターお一人での営業なので忙しそうです。厨房からは立て続けにいい香りが漂います。カウンター席に座るとマスターからいろいろなお話が聞けます。今夜は本当にたくさんのお話を伺い、楽しい夜でした。

 マスターは食材のクオリティに強いこだわりがあり、日々探求しているそうです。それが思い込みで終わらないよう、自らいろいろな飲食店を訪問して食べて学んでいるそうです。何軒かおススメのお店を教えていただきましたが、知らないお店ばかり。

 食材の例として、魚は天草産、これを究極の血抜きと神経締めで有名な「津本式」のものを使用しています。それを数日間寝かせてから調理するそうです。ここまでは珍しい話ではないかも知れませんが、それをこの価格で! フレンチ、というかしこまった言い方ではなく「ビストロ」にこだわっています。気軽に最高の料理を。

 ビーはクラフトビー「GRAND KIRIN」の「JPL」と「IPA」の2種類。

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン12

「ランプフィッシュキャビア 自家製パン付」¥750

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン07
ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン08

 パンは自家製で、カウンターに焼いたパンが積まれています。キャビアはそんなに高級なものではない、とご謙遜のお話でしたが、すごく美味しい。マスターが焼くパンとの相性がいいんです。キャビアとパンの塩っ気が相乗効果で広がります。

「天然熟成サバのマリネ」¥1,200

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン05
ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン06

 酢〆、というよりマリネといえばカッコつくでしょ、と言いながら提供して下さいました。身の色は鮮度の高い赤。そして柔らかい。そして旨味が舌ではじける。美味しい。ソースはオニオンソース。これこそマリアージュ

「スズキのフライパン焼」¥1,600

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン04

 これが津本式。調理前の魚を見せていただきましたが、新鮮な色味と弾力です。数日間寝かせたようには見えません。これを丁寧に骨抜きしてフライパンで焼かれました。ううーーんいい香り。
 美味しい…。身はホクホク、皮はパリパリ。フライパンでここまで出来るんですね。

「4%の奇跡 鹿児島和牛トモサンカク グリル」¥4,800

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン01
ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン02

 今宵のメインは、マスター渾身の食材。この肉の仕入れルートを確保するための苦労話もお伺いしました。同じ和牛でもこの上質な肉は全牛の4%程度しか採れないそうです。その生肉を見せてもらいましたが、完璧な霜入りです。
 焼かれた肉は…圧巻! 表現できない赤い身色。フォークを刺すことができない弾力。しかし舌では溶けていく柔らかさ。旨味が脳を刺激します。久しぶりに頬がキューッとなりました。もちろん食材がいいということもりますが、絶妙な焼き加減。食材の良さを最大限に引き出すマスターの腕。

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン03

 あれだけ霜が入っていたのに、全然脂っこくないんです。ヘルシー感すら感じます。こんなグリルが、この価格でいいんでしょうか。

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン09

 ワインは、マスターは結構「ジャケ買い」することも多いそうです。今夜いただいた白ワインは、日本酒に近い濃厚なものでした。ヤバイ、グイグイ呑んじゃいます。
 伝説のグラッパ職人、故ロマーノ・レヴィ氏のグラッパの瓶のコレクションを見せていただきました。レヴィ氏が気分や季節に合わせて描いた、あたたかいイラストのラベルです。手描きのものはほとんど流通していないようです。

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン10

 板橋で、心地よい優雅な夜を過ごしました。マスターの人柄と探究心に酔いました。ごちそうさまでした。

ビストロルマリアージュ_板橋_フレンチ_ワイン11

最寄駅 JR「板橋」東武東上線「下板橋」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 9
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 8

ビストロマリアージュ」HP CLIC → https://bistrolemariage.owst.jp/

ビストロ ル マリアージュビストロ / 下板橋駅板橋駅新板橋駅

夜総合点★★★★ 4.2



食べログ グルメブログランキング 18:24 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


チャーハンを食べると同時につけめんのしょっぱいスープを含む! 「西台 大勝軒」。

     
西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん011元祖つけそば 半分つけそば あつもり
¥500

西台 大勝軒
板橋 蓮根


 環八通り沿いに移転して心機一転一気呵成、店構えからして気合いを入れ直した感じがひしひしと伝わってきます。西台にあった時は失礼ですが寂れた雰囲気があって地元の方でもここが「丸長系本流」であることを知る人は少なかったかと思います。また、西台では客が並んでいることはまず無かったのですが、新店では絶えず客が席を埋め、外で待っている方も見かけられます。まずは移転後の好発進、おめでとうございます。

 厨房では、西台の時と同じく大旦那が気迫の調理をしていますが、そのご子息様でしょうか、若大将も活気あふれる動きをしています。厨房が3人になったことはいいのですが、フロア担当だった女将さんの姿が見えません。

 メニュー表もコーポレート系らしく作り替えられました。知らなかったのですが、店内で製麺をしているのでしょうか。奥に製麺機らしいものが見えています。西台大勝軒は、自家製麺だった! 大勝軒って、もしかして各店舗で麺を作っているんですか? だとしたらずっと誤解をしていました…。

「元祖つけそば 半分つけそば あつもり」¥500

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん01

 王道のつけそばをいただきます。チャーハンも食べたいので「半分つけそば(100g)」にしました。しかし100gには見えないボリューム感です。スープは丸長系らしく酸味が強いです。目白の丸長は生姜の辛みが強いですが、こちらはそこまでではありません。砂糖は抑えめで甘さは感じません。

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん02

 麺はもちろんもちもち。大勝軒の命は麺ですからね。さすが美味しいです。大勝軒に限らず、蒙古ラーメン中本だって、スープばかり注目されますが実は麺こそが美味しいのです。

チャーハン」¥600

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん03

 初めてです、大勝軒でチャーハンをいただくのは。しっとり系なんですね。味は塩っ気が感じられ、和風な印象があります。かなり日本の平均的な味といえるでしょう。やはり、餅は餅屋。チャーハンに特別感はなく、麺に合わせるならお互いを引き立てるように、という配慮を感じます。なのでチャーハン単品だと少し物足りなさを感じるでしょう。
 あ、そういえば、チャーハンがまだ口の中にある時につけめんのしょっぱいスープを含むと、すごく美味しかったです。これ狙いなんですね。

 明るく活気があるお店になりました。衰退どころか益々繁栄の西台大勝軒。丸長の灯がさらに強く輝き始めました。

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん04

最寄駅 都営三田線「蓮根」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 5

「西台 大勝軒」HP CLIC → http://www.taishouken.jp/

西台 大勝軒 本店つけ麺 / 蓮根駅西台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4



食べログ グルメブログランキング 07:48 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


駅からの距離なんてバリアじゃない。すごいレパートリーの「ままごとや」。

     
ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食011若鶏のステーキ 悪魔風
¥680

ままごとや
ときわ台


 赤羽〜ときわ台線のバスの車窓から、ビッグボーイ(もうすぐ閉店!)の手前にいつも気になっているお店があります。三田線からも東武線からも遠く、バスで行くか地元民しか辿り着けない秘密基地「ままごとや」です。今夜は意を決して歩いて行ってみることにします。
 看板には「居酒屋れすとらん」とありますが、外看メニューには洋食や定食が書かれています。うーん、このミステリアスな感じがたまりません。勇気の扉を開けてみましょう。

ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食07

 店内はバーのような作りで、カウンターもテーブルも手作り感があるオリジナルな仕様となっています。マスターがお一人で切り盛りしているようです。マスター、元気ですね。応対は少々ゴツイのですが、気遣いは丁寧で親戚のおじさんのような距離感で接してくれます。まず居心地、良し。

 献立は、黒板メニューと定番メニューがありますが、この中から選ぶのは大変です。すごいメニュー数です。刺身、おつまみ、洋食、鍋、串、麺など、こんなに多くの料理を準備してるんですね、マスター。後から来た隣テーブルの男子グループは迷走してオーダーがよくわからなくなってます笑。さて笑ってはいられない、私はどうする。

 超魅力的な洋食の名をマスターに告げると「わはは。一番手間ががかかる料理だよそれは。20分以上かかるかかね」と。私の目に狂いなし、それを下さい。しかし待つ間の肴が欲しいですね。

「お通し」

ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食05

「和風おつまみチーズ」¥250

ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食04

 鰹節がまぶされ醤油に浸けたクリームチーズですね。なるほど和風。特別珍しい料理ではありませんが珍味といえば珍味。こういう芸が細かい肴も作るんですね。これは重宝する肴です。イケますね。

「山芋千切り揚げ」

ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食03

 マスターが勧めてくれた「揚げるだけだから速いよ」メニューです。メニュー表になかったような…。海苔に巻かれた磯辺揚げですね。これを塩でいただきます。揚げたてだからアツい。これで繊維補給はOK。いい肴です。

「若鶏のステーキ 悪魔風」¥680

ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食02

 20分以上かかるグリル料理の大作でした。悪魔風。コロモがついているからといってフライではないんです。大昔、デニーズに「チキン小悪魔風」というメニューがあって好んで食べていましたが、小悪魔風の意味がわかっていませんでした。ディアボラ=悪魔風。辛いソースで食べる鶏で、一羽使うと悪魔風、もも肉など小さな肉でやると小悪魔風。
 おお、いい感じのビジュアル。カツレツの上に、トマトソースのような色味と質感のソースが掛けられています。傍らには茄子とナポリタンともやしが添えられています。これにライスがあれば立派な定食です。

ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食01

 ちょっとピリ辛のチーズ風味のカツレツでした。予想以上に辛いソースです。剥がれたころもをソースに絡める、それだけでいいツマミになります。肉も柔らかくて美味い。いいチョイスで満足です。

 8:30を過ぎる頃から、だんだんと席が埋まっていきます。特にお客さん同士が知り合いという風でもなく、かといってそれほどマスターと親しい雰囲気でもなく、この立地条件のお店にしては不思議な感じがします。ドキュメンタリー「72時間」でもやると、いい絵が撮れそうです。かく言う私も不思議な客の一人ですが。
 マスターの猛々しい調理で厨房からは炎が上がります。一体何を作っているんだろう。他の方のオーダーですね。'70のソウルやポップミュージックが流れる店内、しかし客層は若い方から初老のご夫婦まで幅広いです。

 お会計を済ますとマスターがヤクル○をくれました。お通しならぬお持たせです。ナイスサービス。
 来てよかったです。すごくいいバー?定食屋?居酒屋?でした。どんな気分でも満たすレパートリーの広さと、豪快な性格のマスター。いいお店は立地条件なんて関係なく長く続くんです。
 ランチでも来てみたいですね。魅力満載のお店でした。ごちそうさまでした。マスターが大きな声でお見送りです。

ままごとや_ときわ台_ビストロ_バー_洋食06

最寄駅 東武東上線「ときわ台」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 8

ままごとや居酒屋・ダイニングバー(その他) / ときわ台駅上板橋駅

夜総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング 07:50 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


板橋三大餃子の一角「Mikiya Gyoza Stand」。攻めの餃子、健在です。

     
Mikiyagyozastand_板橋_餃子_ミキヤ022数量限定 鹿肉のラグー餃子(3粒)
¥600

Mikiya Gyoza Stand
板橋区役所前


 入店すると、カウンターで幼ない子が独り餃子が焼けるのを待っていました。入れ替わり立ち替わりお客さんが餃子を買って帰っていきます。マスコミにも注目される板橋餃子の代表格となりましたね。
 マスターとは偶然SNSで繋がっていることが発覚しました。世間は、いや板橋は狭い。餃子屋の前は中華屋だったということですが、残念ながら私は行ったことがないんです。マスター曰く「ラーメンはまる○しに勝っていた、かも」と。しかしチャーハンは先方に軍配が上がると。地域の星、まるよ○の長期休業を憂いています。
 すでに板橋ではホワイト餃子より知名度が高いのでは、と問いかけると「いやあ、まだネギ揚げ豆腐の店がありますから」。本蓮沼「台北」のことを指しています。しばらくネギ揚げ豆腐サイコー話で盛り上がります。

 自家製の麻辣味噌、その場で下ろしたにんにくを醤油に入れて、焼き上がりを待ちます。

「焼餃子(5粒)」¥250

Mikiyagyozastand_板橋_餃子_ミキヤ01

 例の自動餃子包み機で包まれた餃子です。あのマシン、見ていて楽しいです。餡はキャベツと玉ねぎとニラのバランスが抜群です。野菜餃子なのに、肉汁が出た気がします。錯覚ですが。肉汁を閉じ込めてそれだけをウリにする店もあるようですが、それらとは一線を画しています。餃子はバランスです。美味い。ビールは最高のパートナー。

Mikiyagyozastand_板橋_餃子_ミキヤ03

「数量限定 鹿肉のラグー餃子(3粒)」¥600

 棒読みしますと、福岡県豊前産の天然鹿のロースとスネ肉を、赤ワインと三河産大豆を天然醸造した八丁味噌でラグーした餡の餃子、ということです。美味しいキーワードがいくつも含まれていますね。

Mikiyagyozastand_板橋_餃子_ミキヤ02

 なるほど、鹿などのジビエ=天然の獣は臭いを消すのが大変ですが、味噌でラグーするとは。ジビエ料理が盛んなフレンチから学んだわけですね。てことは、パスタに掛けても美味しそうですね。
 餃子の皮に包まれた鹿のラグーは…やはり美味しい。味噌の甘みと辛みの中に獣の味がします。食感が先ほどの焼き餃子と同じですね。餡が違うのに。ミキヤさん、芸が細かいです。

 私は餃子の皮についてあまり詳しくないので、勉強しなければと思いつつ20年の月日が過ぎています。

 もはや板橋の餃子といえばMikiya。少なくとも板橋三大餃子の一角です。板橋の枠を超えて東京餃子の一角になる日も近いのではないでしょうか。
 美味しかったです。益々のご繁盛を祈っております。ごちそうさまでした。

Mikiyagyozastand_板橋_餃子_ミキヤ04

最寄駅 都営三田線「板橋区役所前」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  9
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

「Mikiya Gyoza Stand」HP CLIC → https://mikiya-gyoza-stand.business.site/
「Mikiya Gyoza Stand」facebook CLIC → https://twitter.com/gyoza_stand

MIKIYA GYOZA STAND餃子 / 板橋区役所前駅板橋本町駅

夜総合点★★★★ 4.0




食べログ グルメブログランキング 08:59 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


しっとり属・ナルト入り種チャーハン、蓮根のMCK「番大」。

     
番大_中華料理_チャーハン_蓮根022チャーハン
¥650(税別)

番大
板橋 蓮根


 この区画には2軒のMCK=町中華があります。今日はこちら「番大」さんへ初訪問です。休日ということで多くの方がアルコール片手に中華やおつまみを楽しんでいます。テーブルの方が食べているあの「まぐろ刺身 ¥870」がすごく美味しそう! どこから仕入れているのか、よう脂がのったまぐろですね。
 厨房は女将さんお一人です…と思ったらしばらくしてご主人が姿を…と思ったら中華鍋を振るのはやっぱり女将さんで。ご主人は仕込み担当です。ご主人はどうやら自転車で日本を周遊するのがライフワークらしく、店内にその勇姿がたくさん展示されています。

番大_中華料理_チャーハン_蓮根03

 昼下りのNHKニュースとそれに続くのど自慢が休日感を醸し出します。

「チャーハン」¥650(税別)

番大_中華料理_チャーハン_蓮根01

 迷った時はやっぱりチャーハン。本日の定食も美味しそうなのですが、もっと美味しそうなのがチャーハンなんです、いつもいつも。
 サラダ付き。チャーハンは色味が濃く、醤油多めと察します。また、炒めている時間も長かったので焦がし醤油的な味かと推察します。まぶしい紅生姜がお伴します。ではいただきます。

 しっとりご飯。味はやはり醤油が若干強めですが思ったほどではありません。焦げた感じが焼きめしのようで香ばしいです。塩こしょうもほどよくしょっぱくありません。すべてにおいて平均値、若干醤油強めのチャーハンといえるでしょう。

番大_中華料理_チャーハン_蓮根02

 チャーシューはスライス。単品でチャーシューもあるので、おそらく混ぜすぎるとしょっぱくなることでしょう。刻みナルトの存在は食感にメリハリを与えてくれます。なかなか美味しいチャーハンです。

 しっとりとべっちゃりの差は、レンゲにこびりつくかこびりつかないか、です。このチャーハンは、こびりつきません。従ってしっとり。町中華綱・チャーハン目・ラード+醤油科・しっとり属・ナルト入り種。
 今度、時間があったら中華の分類を定義化しておきましょうかね。ちなみに町中華と中国料理の一番の区別は「中国酒とピータンがあるかどうか」と思っています。でも検証はまだまだ浅いです。

 一品料理、定食、酒のおつまみなど、中華の枠に収まらない食堂です。なにしろあのまぐろのクオリティですから。食べてないけど。
 ちなみにメニュー価格は税別なので、会計時に「おっ」と思います。ごちそうさまでした。

番大_中華料理_チャーハン_蓮根05

最寄駅 都営三田線「蓮根」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 4
価格設定の適正度  6
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 6

番大定食・食堂 / 蓮根駅西台駅志村三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4



食べログ グルメブログランキング 20:11 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP




< < 前のページ | TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR