勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

粋、雅、侘、寂…すべてが。小川町「笹巻きけぬきすし」。 勝負ランチ

粋、雅、侘、寂…すべてが。小川町「笹巻きけぬきすし」。

     
笹巻きけぬきすしランチ神田老舗01ランチ 5点セット
¥1,050

笹巻き けぬきすし
小川町/御茶ノ水


 やって来ました「笹巻きけぬき寿司」。「けぬき」を検索すると、毛抜きで魚の骨を抜いた寿司、と出てきます。鯛の小骨だけは酢でシメても柔らかくならなかったそうです。ここの寿司はかなり強く酢でシメているそうです。それを笹で巻いたので笹巻き。想像ができないので、食べてみようと思います。
 
 こちら、創業は1702年(元禄15年)というから今から300年以上前のこと。何という歴史的寿司。現在は13代目が営んでいるそうです。江戸時代の毛抜きってどういうものなんでしょう。とにかくいただいてみます。

笹巻きけぬきすしランチ神田老舗07笹巻きけぬきすしランチ神田老舗06
 
 店内は、会計カウンターで折り詰めの販売をしていますが、テーブルが3卓あって店内でもいただけます。店内でいただく場合は「ランチで」と申請します。ランチは、その日によってお寿司も丼もネタが違うようです。さて今日は…。
 
 約5分ほどで配膳されます。かなり豪勢な御膳ですよこれは。メインは海鮮丼。今日は煮穴子、かんぱち、中おち。江戸っ! 笹巻き寿司は、かんぴょうと卵。それと野菜の煮付け、お新香、お吸い物。質素な印象もあるし豪華な雰囲気もあります。粋、雅、侘、寂…すべての要素を含んだお膳です。

笹巻きけぬきすしランチ神田老舗02笹巻きけぬきすしランチ神田老舗03
のり巻きと卵焼き

 笹巻き寿司、可憐です。巻かれたバスタオルをやさしく外してあげました。大げさなボディは現れず、しとやかなその姿。特に卵巻き。甘くも塩っぱくもない、朴訥とした味。はい、私が卵ですが、何か? といわんばかり。卵焼きの本来の姿ですね。これが「粋」な味なんでしょうね。

 海鮮丼。江戸前。美味しいです。カンパチも穴子も、毛抜きされたんでしょうね。本来これらの白身は寿司に使われるのでしょうが、ここでは裸で勝負です。
 そして穴子。いいタレ。フカフカな蒸し穴子です。思わず目をつむってしまう猫のように、私も瞼を閉じていました。うーん。美味い。なんという贅沢な丼ぶり。中おちがオマケに見えるほどです。その中おちだって美味しいんですよ。

笹巻きけぬきすしランチ神田老舗04笹巻きけぬきすしランチ神田老舗05

 なんと豊かなランチでしょう。心が豊かになるんです。笹に巻かれて恥ずかしそうなけぬき寿司も、恐縮した盛りの丼ぶりも、いいお出汁で煮た野菜も。江戸の粋を現代まで継承する、しかし雅なランチ。しかも、価格が1,050円。消費税8%時代に、1,080円ではなくあえて1,050円。これが「粋」なんです。参りました。ごちそうさまでした。

最寄駅 都営新宿線「小川町」(千代田区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

笹巻けぬきすし総本店寿司 / 小川町駅新御茶ノ水駅淡路町駅

昼総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 18:55 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/978-003ea893

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR