勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

2号店も元気な「元樹」。鬼レバーの後はラーメンでシメっ。 勝負ランチ

2号店も元気な「元樹」。鬼レバーの後はラーメンでシメっ。

     
元樹2号店板橋もつ焼きラーメン01
レバーのオニ焼き
¥680

もつ焼き×ラーメン 元樹 2号店
板橋 本蓮沼


 鬼や、板橋には鬼がおるぞ! というわけで本蓮沼の桃源郷「元樹」の2号店が、駅前にできました。さっそく訪問してみます。本店と違って洒落た店内、結構広いです。名物のテラス席はありません。
 定番系メニューは本店と変わりません。本店のページを参照して下さい。→ https://tabelog.com/tokyo/A1322/A132205/13155954/dtlmenu/photo/
 オススメメニューは、ジャンルが幅広くて悩みますよー。

 さて、推しは「鬼焼きレバー」もとい「レバーのオ焼き」ということなので、ぜひそれを。それから…「四川'黒'麻婆豆腐」を。もつ焼きはあとでいただきます。
 開店間もないのですが客が多くて大繁盛です。店員は多いのですが、まだ慣れないこともあってちょっとテンパリ気味です。オーダーを忘れてたり間違えたりということはないので、応対は慣れれば問題ないでしょう。これからこれから。

元樹2号店板橋もつ焼きラーメン05元樹2号店板橋もつ焼きラーメン06
四川黒マーボー ¥780

「四川'黒'麻婆豆腐」。真っ黒です。まず甘み旨みが口に広がります。うん美味しいですね。そして…ジンワリと辛さが追いかけてきます。辛い。山椒の実がたくさん入っています。辛いしシビレるし、の麻婆豆腐です。あ、あと豆腐は歯応えがあっていいですね。

元樹2号店板橋もつ焼きラーメン02元樹2号店板橋もつ焼きラーメン01
レバーのオニ焼き ¥680

レバーのオニ焼き」。オニオンの鬼盛りです。ネギをどかして見ると、なんとまあデッカいレバーがブロック状で。まさに「鬼押出し」の様相です。噛んでみると、閉じ込められた肉汁がプチッと飛び出ます。新鮮! さすが、店長自信の一品です。鬼の一品ですね。これは美味い。タレが甘過ぎですが、レバー自体に臭みがまったくないので、もう少し薄味のタレでいいかも知れません。

元樹2号店板橋もつ焼きラーメン03元樹2号店板橋もつ焼きラーメン04
ラーメン ¥600 + ハラミ串トッピング ¥100

 〆に「ラーメン」を。もともとはラーメン屋ご出身の店主ですからね。ここに「ハラミ串」をトッピングします。
 スープは甘めです。醤油タレも甘いですが動物系メインのスープも甘みがあります。これにハラミ串がよく合います。麺はちぢれ麺。今日は「硬め」でお願いしました。やっぱり美味しいラーメンです。チャーシューもトロトロ。もつ焼き屋のラーメンとはこうであるべき、という気概を感じるラーメンです。

 今夜はちょっと重めの料理ばかり食べてしまいました。こんな時、最近おすすめなのは「きゅうり」です。今夜も「しょうがきゅうり」に大変助けられました。

きゅうり(しょうが味) ¥300

 駅前ということは大きなアドバンテージですね。大繁盛です。本店の客が持って行かれてしまうのでは? いや、あのテラス感や店主のエネルギーに惹かれて、本店も大丈夫でしょう。

元樹2号店板橋もつ焼きラーメン07元樹2号店板橋もつ焼きラーメン08

最寄駅 都営三田線「本蓮沼」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

「もつ焼き×ラーメン 元樹」ホームページ CLIC → http://tmfoods-planning.co.jp/

もつ焼き ラーメン 元樹 2号店もつ焼き / 本蓮沼駅板橋本町駅志村坂上駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 08:51 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/967-50a1ad1d

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR