勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

一皿づつ精魂こめて作られたカレーです。「クマネコ印」のチキンカレー。 勝負ランチ

一皿づつ精魂こめて作られたカレーです。「クマネコ印」のチキンカレー。

     
クマネコ印南浦和カレー01チキンカレー(辛め)
¥972

クマネコ印
南浦和



浦和競馬場の目と鼻の先に、瀟洒なカレー屋さんがありました。まさか競馬ファンでごった返し…なんてことはなく、女性一人客、母と娘、お洒落なグループなどが静かなお昼を楽しんでいました。実は外で8分ほど並んでからの入店でした。地元では人気のようです。店頭には水が入った器が。これ、どっかにいるでしょーね。

 外看板やメニュー、入り口にも店内にも、キャラクターの「クマネコ」が描かれています。素敵な線でかかれたイラストです。
 本日のカレーは「あさりカレー」です。ちょっと迷って…ここは定番の「チキンカレー」をお願いしました。辛くできるということで、辛くしてもらいました。
 店内、静かな時間が過ぎて行きます。マスターが一皿一皿ていねいに作っているらしく、提供まで時間がかかります。厨房からジュウジュウ音が聞こえて、いい香りが漂います。

クマネコ印南浦和カレー04

 待つ事20分、品の良いママさんが給仕をしてくました。おお、ライスの上にトッピングされた色鮮やかな野菜たちに目がいきます。パプリカ、ビーツ、オニオン、パンプキン、茄子、しめじ、などなど。炒めて味付けしてあります。ライスもどうやらバターライスかもしれません。甘みがあります。

クマネコ印南浦和カレー02クマネコ印南浦和カレー03

 カレーは濃いブラウン。ローリエの葉が浮かび、辛み香辛料が振りかけられています。スープは色味通りの深いコク。美味い…。欧風ともアジアンともいえないオリジナル。マスター、カレーが好きなんでしょうねえ。カレー愛を感じる味です。

 チキンはドラムとサイの2ピース。骨付きです。フォークを刺そうとするとすぐにホロホロと崩れていきます。よく煮込まれていますね! フォークいらずです。スプーンで崩しながら、スープに混ぜてライスにのっけてほうばります。いやあ、幸せ。近くでお馬さんたちがしのぎを削っているとは到底思えない、静かな昼下がり。

 野菜たちとライスとカレーをどうバランス良く食べ進めるか、頭を働かせます。難しいんです。どうしたら着地が決まるか、逆算しながらいただきます。こちらはこちらで、食材がしのぎを削っているんです。

 ああ、美味しかった。チャイなどで後味を消してしまうのはもったいないです。水で充分。マスターごめんなチャイ。ごちそうさまでした。

クマネコ印南浦和カレー05クマネコ印南浦和カレー06

最寄駅 JR「南浦和」(埼玉県)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

「クマネコ印」ホームページ CLIC → http://kumanecojirusi.cocolog-wbs.com/

クマネコ印カレーライス / 南浦和駅

昼総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 19:09 | トラックバック:0 | 関東 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/958-bccb3455

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR