勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

理念形態である半球体が、現実形態としてチャーハンに。神楽坂「龍朋」。 勝負ランチ

理念形態である半球体が、現実形態としてチャーハンに。神楽坂「龍朋」。

     
龍朋神楽坂チャーハン01チャーハン
¥770

龍朋
神楽坂


 神楽坂駅の有名店「龍朋」にやってきました。えっ、ここ並ぶんですか。5人ほど並んでいました。しかしおそらく回転は速いはず。案の定3分ほどで入店できました。1人客、2人客はもれなく相席となります。4人掛けテーブル席しかありません。しかし大繁盛ですね。

 チャーハンを食べる気マンマンで来たのですが、外で並んでいる時に店頭に大きく書かれている「The Lahmen」の文字に洗脳されて、ラハメンが食べたくなってきました。ラーメンかチャーハンか、ラーメンかチャーハンか。相席の向かいの男性が「チャーハン」とオーダーしたのをきっかけに「私もチャーハンを」と云ってしまいました。いや、それでいいんです。

 チャーハンは何人分もいっぺんに作るので、すぐ配膳されるはず。やはり。来たきた、太古の昔から理論上存在する宇宙の物理法則、半球体。宇宙規模で見たら微生物の私が、今その純粋形態をレンゲで壊します。いや待て、その前にスープを。

 スープ、難ですかねこの美味しさ。おそらくタレを入れていないラーメンのスープでしょうか。こんなスープでラーメンが食べられるのか、と銀河の彼方に思いを馳せながら飲みます。いいスープだなあ。

 さてチャーハン。玉子、チャーシュー、ねぎ。油、塩、胡椒。シンプル。…美味い。こりゃいい。美味い。余計な味付けはしない。塩っ気はチャーシューにまかせ、甘みは玉子にまかせ、辛みはねぎにまかせる。お互いがお互いを支える、曼荼羅システム。三位一体構造。宇宙と思想の融合。
 大げさではありますが、つまりは日常的に拝みたいチャーハンです。

 ただ、老練や情(じょう)や間(ま)など、そいうった感覚的な情操に訴えかけるチャーハンではありません。間違いなく美味しいチャーハンですが、己の心に永遠に語り継がれる、ということでもありません。なぜなら、次回は確実に「回鍋肉」を食べたいからです! チャーハンに特化したお店ではありません、全てのメニューがこのお店の価値なんです。

龍朋神楽坂チャーハン02龍朋神楽坂チャーハン03

"キャプション"

最寄駅 メトロ東西線「神楽坂」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 8

龍朋中華料理 / 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 08:19 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/950-b623b6ef

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR