勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

圧巻のネタと驚愕の安価、名店「鮮魚 おかもと」。 勝負ランチ

圧巻のネタと驚愕の安価、名店「鮮魚 おかもと」。

     
おかもと鮮魚店下関01★殿堂メニューが多数あります★
関サバ ¥1,500

おかもと鮮魚店
下関

 下関の夜。その名が全国に知られている「おかもと」に来ました。海鮮好きなら避けて通れないお店です。

 お店に入るとまず圧巻のクーラーケースとご対面です。どれが何という魚だか全くわからないほどの、魚貝ぎゅうぎゅう詰めのケースです。もうテンパッてしまいます。ムーンウォークの足取りで席へ向かいます。

 席にもメニュー表はありますが、ケースまで戻って「これと、これ」という頼み方もできます。確かウニ、大トロ、ふく(=ふぐ)、くじら肉があったのは覚えていますが、ここは冷静なツレに見に行ってもらうことに。
 しばらくしてツレがもッドテ来ました。噛んだ、戻って来ました。どうやら「のどぐろ」を「煮付け」でお願いしてきたそうです。しかも、1,100円だとっ。ツォハッ! でかした!

 さてお刺身を…と思っても、あのクーラーから選ぶとキリがなさそうなので、盛り合わせでいただきます。あとは「関サバ」! 瀬戸内海の幸!

「刺身盛り合わせ」。
 11種類も盛られていました。これで一人前1,000! 参りました。鯛、鰤、鯨、かんぱち、鰹、鯖、鮭、蛸、烏賊、謎の貝など。それぞれは小ぶりですが、これだけオールスターが揃えば大満足。すべて捌き立て。新鮮プリプリ。

おかもと鮮魚店下関03おかもと鮮魚店下関04
刺身盛り合わせ(二人前)¥2,000

「関さば」。
 背と腹あわせて20切れも! 脂ノリノリ。まろやか。歯応えグンバツ。これは食べておかないと損しますよ。美味いっ!

「のどぐろ煮付け」。
 このサイズでこのロープライス。で、うんまい。魚そのものが甘い。だから出汁は甘さ少し控えめ。肉厚で食べるところがたくさんあってなお嬉しい。幸せ。
 せっかくなので山口の地酒「獺祭 三割九分」をいただきます。安くないですよ。お、米の味! 濃いぞ。なるほどこういう味なのか。ジャズな感じです。ある程度日本酒を飲んできていないと、良いと云われる理由がわからない味です。グイグイ飲んだらだめですよ。チビチビいくほうが美味しいですよ。

おかもと鮮魚店下関02おかもと鮮魚店下関06
のどぐろ煮付け ¥1,100           獺祭 三割九分

「ふぐ唐揚げ」。
 たぶん刺身で食べても美味しいんだと思いますが、旬ではないことを考慮して唐揚げにしてもらいました。というのは負け惜しみで、予算面の問題です…。こちらも身が厚く、ホクホクです。もちろん解凍ではないはず。だから水っぽくありません。

おかもと鮮魚店下関05

うに」。
 無理を言ってハーフサイズでお願いしたら、苦笑いこそなかったものの「わかったよっ」てな感じで柵をばっさり半分にぶったぎってくれた模様。ありがとうございます。私は赤ウニを食べた事がないので、これが赤かどうかわかりません。バフンの味ではないので、紫の可能性が高いです。もしかしたら赤かも…いやわかりません。紫っぽい味です。
 経木のような薄いヘラでゴッソリご飯にのせる習慣があるようですが、ご飯はないので海苔にのせていただきます。ここでも貧乏臭い食べ方をしてしまいます。写真の通り、チョボッとずついただくんです。これも、美味いですねえ。

おかもと鮮魚店下関07おかもと鮮魚店下関08
おかもと鮮魚店下関09

 まだ旅は初日。財布事情もあって今日はこの辺でお勘定です。いきなり至福の海鮮タイムでした。瀬戸内と日本海の両方の幸をいただけるのが山口県の魅力です。いやあ、安かった美味かった。ごちそうさまでした。

おかもと鮮魚店下関10おかもと鮮魚店下関11
おかもと鮮魚店下関12おかもと鮮魚店下関13
おかもと鮮魚店下関14

最寄駅 JR山陽本線「下関」(山口県)
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度  10
料理の味・誠実度  10
好き度・リピート感 10

おかもと鮮魚店 居酒屋 / 下関駅

夜総合点★★★★★ 5.0


食べログ グルメブログランキング 18:48 | トラックバック:0 | 全国 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/934-305b9ea9

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR