勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

「ラビリンス系」メニューの昇龍。ナルト入り炒飯なわけですよ。 勝負ランチ

「ラビリンス系」メニューの昇龍。ナルト入り炒飯なわけですよ。

     
昇龍浮間舟戸板橋中華01炒飯
¥550

昇龍
板橋区志村



 新しく警察署を建設する話がありながら一向に建設が始まる気配がなく草ぼうぼうの広場になっている、戸田橋500m手前の中山道沿い。そのY字路の小さな交番から街道を外れて50mほど、地域を活気づけるかのように赤い暖簾がはためいていました。

 中へ入れば、昭和中期の香り。ご主人と女将さんが元気に迎え入れてくれます。先客2名。カウンターに座ります。女将さんがちゃんと冷えた水を持って来てくれました。暑い中を2km歩いて来たので、汗だくです。この水一杯で生き返りました。

 壁メニューを見れば、ラビリンス系です。勝手に命名しましたが、単品やセットの種類が多くて迷いに迷って結論を出しかねる魅惑のメニュー表を「ラビリンス系」メニュー表と心の中で呼んでます。
 そういう時は、魔法の合い言葉「炒飯」です。しかしセットものには炒飯の文字がたくさん踊っていますが、単品はラビリンスメニューの中から発見できません。「炒飯の単品はありますか?」と女将さんに確認してしまいました。女将さんに「もちろんありますよー!」と笑われてしまいました。愚問でしたね。オーダーから1分半後、ようやくメニューの中から「炒飯」を発見しました。550円か、安い。

 目の前で、ご主人が炒飯の調理を始めました。空き缶で卵を溶いてから中華鍋へ。業務用味の素の袋の中からは刻みナルトが。空いた容器や袋を再利用して仕込み材料が保管されています。
 若いカップルが入店してきました。女子は昭和の空間に似つかわしくないガーリーなスカート姿。しかしご常連らしく、「いつもの」ぐらいの勢いでオーダーしています。降参です。

 時間をかけて焼かれた炒飯は、ご主人自らが厨房から大回りして運んできてくれました。女将さんは、かなり大きめの丼にスープを入れて運んできてくれました。あたたかいお店です。いただきます。

 しっとりとパラパラの間、適度な湿り気の炒飯です。味は薄めです。作っている時、醤油ダレの投入が少量だったのを見ていました。しかし塩は結構入れていたのですが、それほど塩っぱくありません。私には少し胡椒が足りないのですが、それは好みの話。
 ナルトが入っているのがいいんです。これが町炒飯の真骨頂でしょう。お米より柔らかい食感のものをわざわざ入れるわけですよ。表現の幅が広がるわけですよ。旨味も加わるわけですよ。

 薄口炒飯とは、味だけではなく、油も少なめの調理なんだと思います。クドくないので飽きがなく、体にもいい炒飯です。
 長い時間かけて、ご主人が作り上げて来たこの炒飯。私もおろそかにはできません。米一粒、ネギ一辺も残さず。美味しかったです。ごちそうさまでした。

昇龍浮間舟戸板橋中華02昇龍浮間舟戸板橋中華03
昇龍浮間舟戸板橋中華05昇龍浮間舟戸板橋中華04

最寄駅 都営三田線「志村三丁目」(板橋区
衛生感・落ち着き度 4
価格設定の適正度  9
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

昇龍中華料理 / 蓮根駅浮間舟渡駅志村三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


食べログ グルメブログランキング 19:11 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/929-493943cc

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR