勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

河金VS銀座スイス。一体どっちがカツカレー発祥なんだ!? 勝負ランチ

河金VS銀座スイス。一体どっちがカツカレー発祥なんだ!?

     
銀座スイス元祖カツカレー01元祖カツカレー
¥1,000

銀座スイス
銀座三丁目



 平日の銀座、かねてから希望していた「銀座スイス」へ初訪問です。以前TVで日本初のカツカレー提供店と紹介されていて知りました。そのルーツは他の方が散々書かれています。私が気になるのは、浅草・入谷の「河金丼」こそカツカレーのルーツだ、という説です。カツカレー発祥は、浅草か、銀座か。このノスタルジックなドキドキ感こそ、民族文化史の醍醐味ですね。

 とにかく入店します。11:45、並ぶ事無く座れました。メニューを見てしまうと心が揺らぎそうなので、メニューにはちょっと目を落としただけで手を挙げてウェイトレスを呼びます。「カツカレー、お願いします」「元祖でいいですか?」「が、元祖で…」。どうやら「ダブルカツカレー」というのも人気なんだそうです。私は、元祖がいいんです。確認なんかしないで下さい。
 やはり周りの方々は、カツカレーとは違う魅惑のメニューをガンガン頼んでいます。組み合わせがいろいろあるようですね。ハンバーグ+何とか、とか、何とかカツサンド+何とか、とか。ああメニューを見ないで良かった。オーダーまでに20分は悩むところでした。

 さてさて来ました。これがカツカレーの原始の姿なのでしょうか。日本の一文化を築いてきたカツカレーの元祖、心していただきます。

 カレーは、コク。コク勝負。昭和時代のおふくろのイモっぽい甘いカレーではなく、洋食としてのカレーを牽引してきたプライドを感じる気高い雰囲気を感じます。
 カツは、やはり「原始」の雰囲気を残した素朴なカツです。特別ころもや肉に超絶テクニックが見えるわけではありませんが、質実剛健の図太いカツですね。

 カツというより、カレーの美味しさが支えていると思います。カツを堪能したいなら、特製ソースと特製コールスローを重ねたカツサンドのほうがいいかもしれません。次回はぜひカツサンドをいただきましょう。

 カツカレー、美味しかったです。女性客もみなさんカツカレーを満足そうに平らげていました。銀座発祥、というノスタルジックな感傷的心境をのぞいても、充分美味しかったです。ごちそうさま。

銀座スイス元祖カツカレー02銀座スイス元祖カツカレー03
銀座スイス元祖カツカレー04

最寄駅 メトロ「銀座」(中央区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  6
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 8

銀座スイス 銀座本店洋食 / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


食べログ グルメブログランキング 19:28 | トラックバック:0 | 銀座,赤坂 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/921-808798a2

トラックバック


コメント

by こうちゃん : URL
グリルスイスの創業は昭和22年。一方河金は大正7年なので明らかに河金のほうが発祥の店でしょう。
ただし、どんぶりスタイルの「河金丼」として売っていましたのでカツカレーという名前の発祥は「グリルスイス」、カツカレーという料理の発祥は「河金」ということなのかもしれません。
20世紀を代表するジャズ奏者の「ルイ・アームストロング」も河金の丼のファンだったらしいのでエピソードとしては「グリルスイス」にも負けてはいないのですけどね。
2017/09/01(金) 16:36:23 #-[ 編集]
Re: タイトルなし by オビキン : URL
コメントありがとうございます。なるほど歴史的に見れば河金ですか。
戦後に野球選手に言われてできたカツカレーと、オリジナルで生み出した河金丼、という点でも、
河金に軍配を上げたくなります。
まあ勝負ではないから、どちらもオリジナルといえばオリジナル、発祥といえば発祥ですね。
ありがとうございました。
2017/09/03(日) 10:01:40 #-[ 編集]
Re: タイトルなし by オビキン : URL
コメントありがとうございます。なるほど歴史的に見れば河金ですか。
戦後に野球選手に言われてできたカツカレーと、オリジナルで生み出した河金丼、という点でも、
河金に軍配を上げたくなります。
まあ勝負ではないから、どちらもオリジナルといえばオリジナル、発祥といえば発祥ですね。
ありがとうございました。


> グリルスイスの創業は昭和22年。一方河金は大正7年なので明らかに河金のほうが発祥の店でしょう。
> ただし、どんぶりスタイルの「河金丼」として売っていましたのでカツカレーという名前の発祥は「グリルスイス」、カツカレーという料理の発祥は「河金」ということなのかもしれません。
> 20世紀を代表するジャズ奏者の「ルイ・アームストロング」も河金の丼のファンだったらしいのでエピソードとしては「グリルスイス」にも負けてはいないのですけどね。
2017/09/11(月) 17:50:11 #-[ 編集]

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR