勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

赤貝、つぶ貝、平貝。さざえ、ばい貝、小はまぐり。中板橋「岡久」。 勝負ランチ

赤貝、つぶ貝、平貝。さざえ、ばい貝、小はまぐり。中板橋「岡久」。

     
岡久中板橋海鮮魚介居酒屋01しまあじ刺
¥980

魚貝類料理 岡久
中板橋


 1駅に一軒、こういうお店がなくっちゃ。暖簾には「魚貝類料理」。魚介ではなく「魚貝」です。
店頭のボードメニューを見て、垂涎。その暖簾をくぐりました。

 小宴会、お一人マダム、おじさん2人組、老夫婦などでにぎわっていました。カウンターに座ります。大将はイカツいイケメン、漁師風でモテそうです。女将さんとの2人で切り盛りしています。

 見上げれば、卒倒しそうな魚介類メニューの波。しまった、一軒目で来るべきだったな。定番メニューも豊富ですが、本日のボードメニューからいくつか。

 クーラーケースの中は、殻つきの生きている赤貝・はまぐり・さざえなどが、ビヨーンと殻から顔を出しています。みんな生きています。新鮮、間違い無し! ホヤもいます。

「しまあじ刺」。こ、これは…美味いっ。旬ですねっ。天然ですかねっ。伊豆か三浦かっ。身の弾力に歯が負けそうです。そして、甘み。淡白じゃなくて甘みがあるんです。こんな歯応えあるシマアジは初かも。しかもここは銀座や港町ではありません。これは大将、いい仕事ですよっ。

「真かれい煮付け」。煮汁は甘さ控えめ。カレイは骨が多くて、特に煮付けは身と骨の見分けが難しいんです。だから、とりあえず口に放り込んでから、口の中で分離作業を行い、行儀が悪いのですが骨だけ口から出す…んです。無作法すみません。
 卵持ちのカレイでした。やった。身が柔らかく、すぐほぐれていきます。大将が時間をかけて煮ていましたからね。日本酒、いきましょう。熱燗お願いします。

「合鴨つくね」。海鮮から少しはずして、つくねです。もちろん美味しいです。こちらは少し甘めのタレ。鴨の脂が凝縮されています。しかも3本もいただけるとは、リーズナブルです。

 ああ、1軒目なら…。貝づくしは次回に持ち越しです。ネタケースで元気に動いていた、赤貝、ハマグリたちよ。次回まで元気でいてね笑。また逢いにくるから。

岡久中板橋海鮮魚介居酒屋04岡久中板橋海鮮魚介居酒屋05

岡久中板橋海鮮魚介居酒屋02岡久中板橋海鮮魚介居酒屋03
合鴨つくね ¥450              真かれい煮付け ¥550

岡久中板橋海鮮魚介居酒屋06

最寄駅 東武東上線「中板橋」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 8

岡久居酒屋 / 中板橋駅ときわ台駅板橋本町駅

夜総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 18:38 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/920-ddd7335d

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR