勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

マジかマジカル絶品焼き鳥。夏近し神楽坂路地裏の「鳥しづ」で。 勝負ランチ

マジかマジカル絶品焼き鳥。夏近し神楽坂路地裏の「鳥しづ」で。

     
鳥しづ神楽坂まるちょう01ハツ
¥420

鳥しづ
神楽坂


 今日は日中の仕事のストレスを抱え、ひとり黙ーって飲みたいと思い、神楽坂の路地裏を散策。路地に看板が出ていて、その矢印の方向に目を移すとさらに細い路地に、シブい店構えの「鳥しづ」を発見。のれんをくぐります。

 お、カウンターのみの小さなお店。いや、奥に小上がりがありますね。カウンターは、焼き台を囲むL型。6席。すでに女性2組がカウンターに。意外な展開。こういうお店で女性に声をかけるようなヤボなことはしないのですが、なんだか落ち着きません。静かに一人、飲みましょう。

 女将さんがお一人で焼き台を守っていました。隣の常連の女性の話だといつもは違うようですが。さて何を焼いていただこうかしら。

 焼き鳥の種類は豊富です。ここ数年ハマっている「ハツ」はおさえておきましょう。あとは「白レバー」、「皮」、「ねぎ」をいただきます。
 「白レバー」。小ぶりです。しかしミディアムレアでしっかりしたレバ感。おお、これ美味い。新鮮です。サッパリしています。女将さんの穏やかで優しいお人柄とは違い、ものすごいレバーです。この路地裏で、この串が出るのか。すげえ。

 「ハツ」。丸ハツですかっ! 3ピースがおしとやかに串に刺さっています。どれ。むーーーっ。こりゃ参りました。「鳥さわ」かっ。今日の自分を慰めるにあまりあるハッピーなハツ。美味いなー。魔法でもかけられたかのような、面食らう絶品です。

 ご常連の隣で、しかも素敵な女将さんの前では、結局ムッツリ飲む事はできませんでした。まあ、流れに任せましょう。

 最後に「鳥おでん」を。おおお、いい出汁。鶏エキス全開。鶏は手羽。タネは大根、丸天、平天、こんにゃくなど。からしと柚子胡椒でいただきます。うん、こちらはお店の雰囲気そのまま、ホッコリあたたかい料理です。手羽もホロホロと崩れる柔らかさ。

 アウェーなので自分のペースでいただくことは出来ませんでしたが、女将さんのお人柄にほだされ、炭火焼き串の麗しさに慰められた夜でした。黙って飲むには6席カウンターは小さすぎました。次、元気な日にまた来ようと思います。ごちそうさまでした。
 神楽坂、夏近し。

鳥しづ神楽坂02鳥しづ神楽坂03
白レバー ¥210                鳥おでん ¥420

鳥しづ神楽坂04鳥しづ神楽坂05

最寄駅 JR「飯田橋」・メトロ「神楽坂」(新宿区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 6

鳥しづ焼き鳥 / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅

夜総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 18:35 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/919-f9757a43

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR