勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

浅草を守って92年、1925年創業の老舗おでん屋「丸太ごうし」。 勝負ランチ

浅草を守って92年、1925年創業の老舗おでん屋「丸太ごうし」。

     
丸太ごうし浅草おでん01おでん
¥

丸太ごうし
浅草



 ホッピー通りは観光客目当ての商売になってきて、総じて価格が高すぎるんです。なので今夜は古くから浅草を守っている酒場を目指しました。訪れたのはメディア登場店、おでんの名店「丸太ごうし」です。席に座ると「創業92周年 ありがとうございます」の文字。1925(大正14)年ですよ。東京放送局(現NHK)がラジオ放送を始めた年、ナチス親衛隊が結成された年、です。すごい歴史。
 外には「剣菱」の大看板があったので、剣菱を。料理は、刺身や焼き物もありますが、ここはやはり「おでん」でいきましょう。「みつくろって」ではなくて、タネを知りたかったので、お姉さんにお願いしておでんメニューを持って来ていただきました。おまかせだと、それほど食べたくないものまで入っていそうだったので、わがままを言いました。
 ご主人は江戸気質の性分。若い客に酒の頼み方から徳利の持ち方までべらんめえ腸で伝授しています。こういう時、女性は受け入れて「あーなるほどー」とか返すんですが、男はちょっと呑まれてしまって退いてしまうんですね。不思議です。まあいい社会勉強です。
 注文したのは、しらたき、こんにゃく、大根、すじ、昆布、うずら巻、しゅうまい巻です。土鍋ひとつにまとめて出てきました。汁は少なめです。小皿に卓上のからしを移して、いただきます。んっ。さすがっ。おでんは特に好物ではないのですが、美味いっ。これはいい。出汁がいい。大根で判ります。確かに、剣菱。合う合うアウアウ。
 それから「すじ」って初めて食べました。牛スジではありません。サメのすり身なんですね。なるほど。根菜の蒲鉾、みたいな味です。これいいですね。
 出汁は濃いめの色味ですが、味は意外とあっさり。しかし深い味わいです。昆布に絡ませると最高です。92年続く江戸だしおでん。TV画面で観た2次元おでんから想像した味とは全く別。ホンモノはいい。少なくともあと8年は、災い無くお店が続く事を願っています。ごちそうさまでした。

丸太ごうし浅草おでん02丸太ごうし浅草おでん03
丸太ごうし浅草おでん04

最寄駅 都営・メトロ・東武「浅草」(台東区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 5

丸太ごうし」ホームページ CLIC → http://asakusa-ryoin.jp/marutagoushi/

丸太ごうしおでん / 浅草駅(東武・都営・メトロ)浅草駅(つくばEXP)田原町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


食べログ グルメブログランキング 19:14 | トラックバック:0 | 上野,浅草 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/906-1dfcf108

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR