勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

佐野ラーメンを知らずに今まで何をしてたんだ俺は。 勝負ランチ

佐野ラーメンを知らずに今まで何をしてたんだ俺は。

     
佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋01チャーシューメン
¥850

青竹手打ラーメン 日向屋
栃木県佐野市免鳥


 まずは行列情報から。日曜日。私の到着は開店20分前の10:40。駐車場は最後の1台空き、滑り込みセーフ。座席数30に対して、自分は20番目。何とか一回転目入店ゲットかも。11:00、のれんが出ます。列は60人ほどになっていました。
 ありゃっ。私の前の家族連れもアウト。座れたのはおそらく16名。中を確認すると、4人テーブルに2人掛けがほとんど。計算上、60人の列は4回転で全員入店できるわけです。
 開店から35分後、中へ案内されました。つまり待った時間は55分。以上、行列情報でした。

 朝起きて突然「佐野ラーメン」モードに突入。佐野ラーメンとは何なのか、どのお店が美味しそうなのか一気に調べあげて、安車に飛び乗り、北東へハンドルを切りました。突発的確変です。

 目指すは佐野が誇る人気店「日向屋」。こちらのマスターは、同じく佐野ラーメンの大御所「田村屋」ご出身だということです。その繊細な匠技を堪能したいと思います。
 カウンターから厨房を望みます。マスターの、ダイナミックな平ザルの湯きり。スープのいい香り。早く早く、もう待ちきれませんて。

チャーシューメン」。5枚の柔らかそうなチャーシューの間から、3〜4本のメンマが恥じらって見えます。麺は見えません。レンゲでスープをすくいます。なんと麗しい透き通った黄金色。
 豚骨、鶏ガラに、牛スジの甘みをブレンド。そして鰹節と鯖節。広がる宇宙。ギャラクティカマグナム!! なんだこのスープは! 美味すぎるっ。佐野の方達は、いつもこんなラーメンを食べているのか。確かにあっさりサッパリのスープですが、底が見えない深みというか、強さがありますね。旋律はシンプルなのに心を揺さぶるベートーベン「運命」のような。

 麺をいただきます。佐野ラーメンは手打ち。青竹を足ももに挿んで全体重をかけて延ばす、あの光景です。なので不揃いな麺が特徴ですが、こちらのはまあまあ太さがそろっている方だと思います。そして…食感! これもすごいっ。モッチモチでツルッツル。こりゃあ美味いっ。平打ちも正解。噛み応えバツグン。青竹手打ちは、パフォーマンスじゃない! あれじゃないとこの麺ができないんだ!

 チャーシューは豚バラロール。なんて甘さだっ。脂身も多いのですが全然しつこくない。スープと麺にものすごく合う味です。この三位一体攻撃、ジェットストリームアタック! チャーシューが美味しいと思ったのは久しぶりです。佐野、恐るべし。

 で、もちろんスープも全部飲み干して完食です。すべてが完璧です。何かだけが特化して美味しいのではなく、全体の足し算引き算のバランスが完璧です。いやすべてかけ算ですね。三次元の立体攻撃です。いやあ。参りました。正直、佐野ラーメンをナメてました。恐れ入りました。

佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋05佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋02
佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋03佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋04
佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋06佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋07
ワカメラーメン ¥700

佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋08佐野ラーメン青竹手打ラーメン日向屋10

最寄駅 JR両毛線「富田」(栃木県佐野市免鳥町)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度 10
好き度・リピート感 9

青竹手打ラーメン日向屋ラーメン / 富田駅

昼総合点★★★★ 4.8


食べログ グルメブログランキング 07:27 | トラックバック:0 | 関東 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/887-ab6746c2

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR