勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

ご近所にあったらどうかしちまうぜ。桜鍋の「柿島屋」。 勝負ランチ

ご近所にあったらどうかしちまうぜ。桜鍋の「柿島屋」。

     
柿島屋町田馬01肉なべ
¥1,250

柿島屋 かきじまや
町田



 さて、町田。俺にとっては縁遠い街。駅前はHANDSに109にルミネにマルイと、大都会の様相だ。ベッドタウンから東京屈指のマーケットへと変身し続けている。
 今日は創業1884(明治17)年、130年以上の歴史をもつ「柿島屋」に訪れた。駅から歩いて4分ほど、マンションの1Fだが中に入ると広い大箱で老舗感が漂う。
 孤独な俺にしては珍しく次に約束があったので、酒が飲めないのが本当に残念だ。そういう献立のお店だった。馬刺桜鍋、煮込み…馬天国だ。今日は、お米に合わせるしかない。
 まず「肉皿(煮込み)」。おっほー、やわらかい。…コホン。いい料理だ。なぜ酒なしでこれを食べなければならないのか。何をやってるんだ俺は。別注文の生卵にどっぷり浸けて、ああこりゃこりゃ。美味いじゃないか。
 そして「桜鍋」。ここはハードボイルドに「並」でいいんだ。ねぎ、しらたき、豆腐、白菜。いい脇役たちだ。割り下は甘めだ。琵琶湖のほとり、近江の牛すきに近いアレだ。ぼやぼやしてると店員から「そろそろ裏返して」とアドバイスが飛ぶ。ああ、わかったよ。今そうしようと思っていたところさ。なんなら煮えてなくても生でいただきたいところだったのさ。
 どうれ、喰うか。お、おうふ。馬っ。美味いっ。俺の心を柔らかく包んでくれる、お馬さんたち。胃袋がいなないてるぜ。鍋から一匹一匹引き上げて、その赤い肌を舌にのせる。美味しいイーーン。…しまった、心の中じゃなくて本当に叫んじまった。だって、美味いんだモン。あれ、言葉が…。ゲシュタルト崩壊。
 柔かな肉を卵につけてご飯にのっけて喰う。ねぎと豆腐を卵につけてご飯にのっけて、喰う。単純な作業だが、今この瞬間において世界で一番幸せな所作かもしれない。桜鍋、馬は俺をどう思っているか知らないが、俺はお前が好きだ。
 次の予定地、相原の地に立つ。歩いていると、馬牧場があった。何と奇遇な。遠くから、純朴なまなざしで俺を見ている馬たち。…もしかしてバレたか? 臭いか?

柿島屋町田馬02柿島屋町田馬03
柿島屋町田馬05柿島屋町田馬04
肉皿(煮込み)¥550

柿島屋町田馬06

最寄駅 JR横浜線・小田急線「町田」(町田市)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 9

「柿島屋」ホームページ CLIC → http://www.kakijimaya.com/

柿島屋馬肉料理 / 町田駅

昼総合点★★★★ 4.2


食べログ グルメブログランキング 18:32 | トラックバック:0 | 武蔵野,多摩 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/848-c0a89017

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR