勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

トロトロのオムレツ、喫茶エレファント。旧中山道、春近し。 勝負ランチ

トロトロのオムレツ、喫茶エレファント。旧中山道、春近し。

     
喫茶エレファントオムカレー03オムレツカレーライス
¥880

喫茶 エレファント
板橋本町



 日曜はこの辺は多くのお店は休業。しかし表に元気に看板を出しているお店がありました。だからみんなこのお店に続々入店していきます。私も負けずに入店します。屋号は「喫茶エレファント」。
 店内は喫茶というより洋食屋の感じで、もちろん像の絵がいくつか掛けられています。隣で食べている方のトーストがやけに美味しそうなので私もそれにしようかと迷いましたが、渡されたメニュー表は11:30以降仕様のランチメニュー。11:30以前ならトーストがオーダーできたようです。ならば、お店の推し「オムライス」にするか…いや欲張って「オムレツカレーライス」でいきましょう。
 せまい厨房では若いシェフが腕を振るっていますが、1品1品順番に作っているので時間がかかります。15分ほどで配膳されましたが、私の後のお客さんはもう少し待ったでしょう。
 鮮やかなオムレツがカレーに囲まれています。まるでエアーズロック。迫力あります。ナイフはありませんが、試しにスプーンでオムの稜線を裂いてみました。すると、ふわふわ卵が露になって両サイドにトロッとこぼれ落ちます。おお、期待を裏切って本格的なオムレツです! 思わずニヤついてしまいます。では失礼して。なるほど、フワフワです。甘すぎることもありません。かといって、カレーに負けない卵の力強い味。オムとカレーと白いメシと私。今4人は手を繋いで輪になって天へ昇って行きます。フワフワ。カレーは特に強い個性はありませんが、その「際立たない」味がオムレツと結託しています。これは思わぬお店でオムわぬ料理と出会いました。後の事は覚えていません。一気に食べきってしまったようで、気がつけばお皿はまっ皿でした。
 もちろん喫茶なので、食後のブレンドも美味しかったです。見渡せばお店は満席。幼児とお母さん、小学生とお父さん、若いご夫妻、近所のお知り合い同士など、客層は様々です。「日曜日の外食」にワクワクする、そんなお店でした。ごちそうさまでした。

喫茶エレファントオムカレー07喫茶エレファントオムカレー02
喫茶エレファントオムカレー04喫茶エレファントオムカレー05
キノコ入りミートソーススパゲティ ¥780   スープ

喫茶エレファントオムカレー06喫茶エレファントオムカレー08
ブレンド

喫茶エレファントオムカレー09喫茶エレファントオムカレー01

最寄駅 都営三田線「板橋本町」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

喫茶 エレファント喫茶店 / 板橋本町駅本蓮沼駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6


食べログ グルメブログランキング 18:39 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/843-bed6e0b5

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR