勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

鳥もつ煮込み発祥とな!? 行かんわけにはいかん。甲府の「奥藤」。 勝負ランチ

鳥もつ煮込み発祥とな!? 行かんわけにはいかん。甲府の「奥藤」。

     
甲府奥藤ほうとう01甲府鳥もつ丼
¥1,000

奥藤 甲府駅前 本店
甲府




甲府夢小路」にも魅力的なお店がたくさんあるのですが、せっかく甲府に来たならB級グルメの雄「鳥もつ煮」と、伝統の「ほうとう」を食べたくなります。南口ローターリからすぐ、大きな白いのれんがはためくお店がありました。1913(大正2)年、甲府駅前に創業の超老舗です。1950(昭和25)年頃に鳥もつ煮込みを開発し、鳥もつ煮発祥のお店ということです。「奥藤 本店」。ほうとうもあるようなので希望通りです。いざ、風林火山。
 一応メニューに目を通しますが、食べる物は決まっています。鳥もつ煮丼は、生から煮込むので時間がかかります、とのこと。もちろん待ちます。そしてほうとう。こちらはテーブルでコンロにて自分で煮るそうです。合点承知。任務を遂行いたします。
 まずほうとうを制作します。たっぷり野菜が入った出汁を、強火で沸騰させます。3分かかります。沸騰したら中火にして、生ほうとうをほぐして入れます。ほうとうについた粉がいいですね。砂時計、始動。砂時計で3分を計り、3分経ったら弱火にして、味噌を入れます。再度、砂時計始動。3分経ったら出来上がり。そこへちょうど鳥もつ煮丼も到着します。さあ、いただきます。
 ほうとう、麺にコシがあります。さらにしばらく弱火で煮込んでいると、だんだん味噌や出汁が麺に染みて、美味さが増します。かぼちゃやにんじん、白菜などと合わせて食べ進めます。いいですねえ、美味いですねえ。自分で育んだ鍋なのでなおさら美味しく感じます。麺が伸びきってしまう前に火を落とします。しかし鐵鍋なのでいつまでもアツアツでいただけます。ほうとう、美味いなあ。
 鳥もつ煮丼。きんかんが誇らしげです。タレは思ったより甘いです。もつは、レバが一番多く、砂肝、ハツなどが入っているように感じます。少しジャリジャリした食感のピースもあります。挽いたままの新鮮な感じが伝わります。うん、美味い。お酒が欲しくなりますが、ふっくらご飯で代替します。これは精がつきそうですね。これがB級だなんて。SS級でしょう。箸が止まりません。まあ最後は甘いタレに飽きを感じますが、ほうとうと一緒なら乗り切れます。もつ煮とほうとう、ベストコンビです。
 炭水化物祭りでお腹一杯、大満足です。甲府に来たら、はずせない2品です。ごちそうさまでした。

甲府奥藤ほうとう03甲府奥藤ほうとう02

甲府奥藤ほうとう04甲府奥藤ほうとう05
ほうとう ¥1,200

甲府奥藤ほうとう06甲府奥藤ほうとう07

甲府奥藤ほうとう08

最寄駅 JR中央本線「甲府」(山梨県)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

「奥藤 甲府駅前店」ホームページ CLIC → http://okutou.com/ekimae.html

奥藤本店 甲府駅前店そば(蕎麦) / 甲府駅金手駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7


食べログ グルメブログランキング 20:07 | トラックバック:0 | 関東 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/822-298de876

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR