勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

常磐軒の黒いそば。音威子府の宝です。 勝負ランチ

常磐軒の黒いそば。音威子府の宝です。

     
音威子府そば01天ぷらそば
¥470

音威子府そば
音威子府




 音威子府は、JR宗谷本線全体の中間地に位置する、北海道で一番小さな村です。この駅を始点にオホーツク側を走る天北線が走っていましたが、1989年に廃線となりました。この小さな村の小さな駅舎に「音威子府そば」をいただけるお店があります。道北はそばの大産地です。この時期、車窓からは白い花がゆれる広大なそば畑が美しく広がっています。そばの生産量は北海道がダントツで1位なのです。
 「常磐軒」はご主人と奥さんの2人で営業しています。言い伝えでは1933(昭和8)年創業…! 鉄道ファンには有名な駅蕎麦です。小さなカウンター越しに注文すると、30秒ほどで手渡されます。周囲に椅子はありますが、くくりとしては立ち食いそばでしょう。カウンターには、販売用のそば麺も売られています。音威子府のそばは有名なのです。
 なぜ有名かというと、そばが黒いのです。そのビジュアルと、美味しさで、予想以上にお店は繁盛しています。列車が少ないので駅を利用する方はほとんどいないのに、何分かおきに必ずカウンターには客がやってきます。私が食べているわずかな時間だけでも10人以上が訪れてきました。
 さて、黒い麺の正体はというと、畠山製麺が製造している麺で、そばかわ部分を使用しているそうです。そばの身と皮の間の部分を使用するのだそうです。それで色が黒くなるのです。また栄養価も高いようです。味も濃厚です。食感は粘度が高く、噛み応えがあります。つゆも濃いめの味付けです。これは病み付きになるおそばですね。美味しいです。
 もし、このお店が個人営業だとしたら、ご夫婦がリタイヤしたあとが心配です。JRが出資して、ずっと存続できるお店にして下さい。このそばは音威子府の宝です。

音威子府そば03おといねっぷそば02

最寄駅  JR宗谷本線「音威子府」
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度  10
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  9

常盤軒そば(蕎麦) / 音威子府駅

昼総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 18:12 | トラックバック:0 | 全国 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/793-b67df7ec

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR