勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

皆さんもぜひ新子焼きを! 北の酒場「三四郎」にて。 勝負ランチ

皆さんもぜひ新子焼きを! 北の酒場「三四郎」にて。

     
独酌三四郎新子焼き01★殿堂メニュー
新子焼き
¥900

独酌 三四郎
旭川


 旭川の2軒目は、飲んべえには有名な「独酌 三四郎」におじゃまします。1946(昭21)年創業の老舗です。実は先ほども訪問したのですが予約一杯で、1軒挿んで機を見ていました。20時を過ぎた頃、カウンターに空席があり、座る事ができました。チャキチャキの女将さんがメニューを手渡してくれました。経木に筆で書かれた趣きあるメニュー表です。

 女将さんによると今日のイチ推しは「北海しまえび」だということなので、それをお願いします。海老は大ぶりなしまえびが4尾です。ボイルしてる海老なんて東京で初めて見た、と北海道人はみな言います。私からすれば、海鮮が生で供されることにいちいち感動します。このお店は珍しくボイルで出てきました。しかし同じボイルでも新鮮さが違います。プリンプリンの身です。これをもったいぶってチョボチョボいただきます。一口で喰えない、ショボい性格です。

 合わせる酒は、旭川の地酒「国士無双 烈」です。さわやかな辛さ。うん、いい。

 そしてこのお店の名物「新子焼き」をオーダーしました。「新子」とは若鶏のことです。注文が入ると、まず女将さんが焼き場の網に肉をゴロッと乗せて焼き始めます。すごい煙! 和服で炎と対峙しながら肉を焼く女将さん、かっこいいです。途中で、大旦那が出て来て焼き場交代です。本当は大旦那の役なのでしょう。次々と新子焼きのオーダーが入り、次々と若鶏が網に投入されます。再び上がる炎。焼き上がりを確認して、はさみで適当な大きさに刻み、そして創業以来の「秘伝のたれ」にドプッと浸けこみます。おお香ばしい。

 ではいただきます。…美味い。美味いよう。鶏もタレも。旨味がぎゅっと凝縮された何とも言えぬ美味さです。鶏皮の香ばしさ。肉のソフトな食感。日本のグルマンたちにぜひ食べて欲しい一品です。お皿の底にたまったタレ、パックにつめて持って帰ってご飯にかけて明日の昼ごはんにしたいです。こちらはあっと言う間に食べ終えてしまいそうです。もう一皿、お願いしようかしら。ああ美味い。

 興奮覚めやらぬ旭川の夜が更けていきます。旅の中途、いい酒場と出会えました。ごちそうさまでした。

独酌三四郎05独酌三四郎06

独酌三四郎しまえび焼き02独酌三四郎03
北海しまえび ¥750              国士無双 烈 ¥600 奥 お通し

独酌三四郎04独酌三四郎08

最寄駅  JR函館本線・宗谷本線・石北本線・富良野線「旭川
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度   9
好き度・リピート感 10

独酌 三四郎居酒屋 / 旭川駅

夜総合点★★★★★ 5.0


食べログ グルメブログランキング 17:26 | トラックバック:0 | 全国 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/789-cf65df02

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR