勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

日本にピザ文化を広めたニコラス。大衆文化の夜明けを感じた夜。 勝負ランチ

日本にピザ文化を広めたニコラス。大衆文化の夜明けを感じた夜。

     
ニコラスピッツァ4フォアグラとキノコのソテー


ピザハウス ニコラス
六本木一丁目




 1954年に日本で初めてピッツアを提供したお店「ピザハウス ニコラス」に訪問しました。六本木一丁目から行合坂を下り、落合坂を過ぎたところにイタリア国旗がはためいています。その手前、グルーミングで近辺の谷地形の道を散策しました。太古の昔、絶対に川が流れていたであろう地形です。暗渠ではなさそうです。

 店内は重厚なヨーロピアンスタイルで、教会のような雰囲気です。今夜は自分にしては珍しくコースでいただくことにします。
 まずサラダと、ハモンとルッコラです。前菜は穏やかに始まりました。続いてガーリックトースト。フカフカのバゲット。ワインが欲しくなります。

 そしてピッツアの登場です。自家製ミックスピザ。薄い生地に、シンプルなトッピング。嫌みっぽいダラーっとしたチーズではありません。キレがいいチーズです。シンプルな美味しさです。サクサクの歯ごたえ。これは美味しいですですね。宅配ピザに慣れた私のピザ感が変わります。シンプルながら重厚な味です。西洋化の夜明けを感じさせる一品です。

 次はパスタ。自家製トマトソースのパスタです。酸味を押さえたヘルシーな料理です。これもシンプルで主張しない料理ですが、印象に残るパスタです。

 最後にとっておきの大砲、フォアグラとキノコのソテーです。フォアグラなんて10年に1度食べるか食べないかのレア食です。今日が10年に一度の日なのです。もったいない貧乏性が出て、本当にチビリ、チビリといただきます。やはり、美味めえ。こんな料理、誰が考えたんだ。美味すぎる。これだけでなんと赤ワイン2杯飲んでしまいました。ああ、プリン体万歳。

 六本木の老舗で、戦後日本の復興を応援してきたイタリアの王道料理の味を、肌で感じました。ごちそうさまでした。

ニコラスピッツァ2ニコラスピッツァ6

ニコラスピッツァ5ニコラスピッツァ3
自家製ミックスピザ

ニコラスピッツァ1
自家製トマトソースのパスタ

最寄駅  メトロ南北線「六本木一丁目」(港区)
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  8
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  6

「ニコラス」ホームページ CLIC → http://www.nicolas-pizzahouse.com/roppongi1_1.html

ニコラス 六本木店イタリアン / 六本木一丁目駅神谷町駅六本木駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 19:53 | トラックバック:0 | 六本木,表参道 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/767-cd2ffeec

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR