勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

ハッピー汁を食べないと! 懐をあったかくしてまた来ます。 勝負ランチ

ハッピー汁を食べないと! 懐をあったかくしてまた来ます。

     
亀有ハッピー3つぶ貝煮
¥480

ハッピー
亀有




 亀有まで遠征してきました。目的は以前から行きたかった「ハッピー」訪問です。入店すると、カウンターもテーブルも「リザーブ」の札が置いてあります。ダメかな、と思ったら、一席つくってくれました。ありがとうございます。

壁のメニューをみると、魚介料理のオンパレードです。どうしましょ。尻尾をバタバタ振ってしまいます。やはり、刺身を。関サバ? それいきましょう、関サバ。それと、黒ムツ? それいきましょう。ラップ風のテンポでオーダーします。また、みなさんのテーブルの真ん中にもれなく置いてある「つぶ貝煮」もお願いします。

まずはそのつぶ貝煮。私は「小」でお願いして正解でした。普通盛りはとても食べきれるものではありません。小でも12,3粒はあります。長めの楊枝で、中腹を刺して、くるくると回しながら、奥底の方の部分まで全部引っぱりだします。うまくやらないと、途中で切れて、奥の部分がプイーーっと引っ込んで出せなくなります。成功率は3分の2ですね。プイーーっと引っ込んでしまったときの虚しさったらありません。で、美味いんです。こりゃいい肴です。

刺身は、新鮮でプリップリ。関サバはしょうがとネギで。ムツはわさびで。それぞれ、脂がノッて美味い! 亀有でこんな新鮮な刺身がいただけるとは。まさに、ハッピーです。穴守稲荷「千世」と同じ感動を覚える魚介居酒屋ですね。

まわりの方テーブルに鉄板ものが運ばれていくのを見て、私も「まぐろステーキ」をオーダーしました。ニンニク味がと思いきや、しょうが焼きで、しかも日本酒の味がします。これこそ酒の肴、という料理です。ていねいに1枚1枚拡げられて配置されているのもいいですね。うーん、美味い。

カウンターの女性2人客が、ためらいなく「ハッピー汁」というハッピーな鍋を食べていました。このお店の最高級料理です。男は、恐縮して、何か記念とかに引っ掛けないとオーダーしないような、ぜいたくな鍋でしょう。それを、あっさりと…。うー。うらやましい…。うらめしい…。毛ガニの足だけが私から見えます。うー。ビンボー人には厳しい現実。いつかは、あの鍋を! そのために、汗を流して明日から泥臭く働いていくのです。いつかあれを。

亀有ハッピー2亀有ハッピー1
                       右 関アジ ¥560 左 黒ムツ ¥650

亀有ハッピー4亀有ハッピー5
マグロステーキ ¥550

最寄駅  JR常磐線「亀有」(足立区)
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  7

「ハッピー」ブログ CLIC → http://ameblo.jp/tsubame86/

ハッピー居酒屋 / 亀有駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 18:31 | トラックバック:0 | 足立,柴又 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/760-ee3e4638

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR