勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

創業1620年…! 稲荷(揚げ)が美味しいのはさすがです。 勝負ランチ

創業1620年…! 稲荷(揚げ)が美味しいのはさすがです。

     
inarisobamansei2稲荷 箱そば
¥750

稲荷蕎麦 萬盛 総本店 まんせい
文京区小石川




創業1620(元和6)年創業の、エリア最古の老舗蕎麦処です。文京区の古刹・傳通院の広い参道と春日通りの交差点にあります。その傳通院とご縁がある「慈眼院 澤蔵司稲荷」に、天保年間(1840年頃)から毎日、開店前の初釜(初茹で)の「稲荷 箱そば」を稲荷の御宝前へ奉納し続けている蕎麦処です。その奉納している「稲荷箱そば」をオーダーしてみました。

苦言をひとつ。お店のファサードや店内に歴史を感じる工夫が欲しかったです。建替えはいいとして、工務店や建設会社レベルではそういうことに「粋」な工夫をこらすセンスは厳しいと思います。インテリアやプロダクトのデザイナーに相談して、洗練された演出をしてよかったかと思います。

今日はクリスマスですが、お客さんは皆さん関係なくせいろやらかつ丼やらカツカレーをガンガン食べています。しかしお店のお姉さんから、蕎麦シフォンケーキのプレゼントがあり、ささやかながらクリスマス気分が味わえました。ありがとうございます。ちょっと嬉しい。稲荷でもクリスマスは意識するんですね。失敬。

店内は大混雑。お姉さんもテンパリ気味。箱そばは、まさに箱に入ったそばでした。推定 h 100mmはありそうな重にのせられています。そばの上には、刻まれた揚げがトッピングされています。いただきます。
そばは細打ちです。プツプツ感はなく、プリプリ麺です。そして、長い。江戸っ子らしくつゆにちょいとつけて一気にすする、ことは長くて難しいです。細くて長い蕎麦を食べることで健康運がアップする、とTVで紹介されたそうです。しかしこんなに長い麺はなかなかお目にかかれません。
つゆは中濃。美味しい。わさびは辛くなく香りづけ程度。400年の味をゆっくりと堪能します。

特筆は、揚げです。いわゆるきつねです。硬く締まった揚げで歯ごたえの舌触りも上質です。味もゆく浸みていて、これは美味しいです。もっと欲しいところです。メニュー札を見上げると、お稲荷さんもありようですね。さすが稲荷蕎麦。

常連が友を連れて、またその友が常連となって友を連れ…という構図がよくわかります。そして絶えず永らく代が続いてきたのでしょう。
次は、かき揚げと、ぜひお稲荷さんを食べたいですね。

inarisobamansei1inarisobamansei3
inarisobamansei4
右奥上の神棚にも箱そばが納められている

最寄駅  都営・メトロ「春日」「後楽園」(文京区)
訪問時間 12:30
待ち時間 3分
衛生感・落ち着き度  7
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  7

CLIC →「稲荷蕎麦 萬盛」blog

稲荷蕎麦 萬盛 総本店そば(蕎麦) / 後楽園駅春日駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

食べログ グルメブログランキング 19:05 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/666-03b6532e

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR