勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

都の西北、お食事処たかはしの二重弁当。 勝負ランチ

都の西北、お食事処たかはしの二重弁当。

     
oshokujidokorotakahashi02二重弁当
¥890

お食事処 たかはし
早稲田




1989(平成元)年に創業、早稲田の知力と体力を支えてきた「たかはし」。こちらは毎朝、築地から仕入れる新鮮ながウリのお店です。マグロ刺身や銀むつなど、学生相手の食堂とは少し立ち位置が違うようです。

今日の煮は銀むつ。私の隣に座った客が最後の銀むつだったらしく、そのあと入店する若い娘もシニアもみなさん「銀むつ!」とオーダーしますが、女将さんの「終わってしまって…」の返しにがっくりしている様子です。みなさん銀むつ目当てで来ているようです。仕方なくそれぞれ刺身定食や弁当を注文します。三大人気は、1煮、2刺身、3二重弁当、のようです。

私はと言えば、「二重弁当」が気になって仕方なかったのでそれをオーダーしてみました。お店の方は「二重」を省いて「弁当」と呼んでいます。ほとんどの料理はオーダーから3分以内の高速配膳です。私は運悪く、海老フライが切れたらしくこれから揚げるようです。何度も何度もいろいろな店員が「お待たせしてすみませんね」と声をかけてくれます。気遣いがありがたいです。特に3分配膳を期待してきたわけではないので、全然大丈夫ですよ。

10分ほどでご登場です。つやつやに光る新潟産コシヒカリに胡麻が振りかけられています。おかずは…なんと豪華な! 幕の内弁当の様相です。ざっと見て13,4品目が見えています。品目を数えるためにどけると、フライの下に鮭や、大根の下に胡桃やら、総勢17名の役者が揃っていました。お得感でニヤつきます。
しばらくは、野菜→こんにゃく→ご飯→卵焼き→カニマヨ→ご飯、のローテーションで試合が進みます。さやえんどう、かぼちゃ、にんじんなど、彩りが綺麗です。さやえんどう、安くはないよ。
続いて帆立、しいたけ、鮭をピッチに投入して、勢いをつけます。体に健全な血が廻り始めるのがわかります。久しぶりの贅沢感。
そしていよいよ真打ち、海老フライをフォーメーションの中心に据えて、リズムが早まります。揚げたて! サクッ。鮭が失くなり、いよいよエンドロールの時間です。最後の海老をコシヒカリとともに口へ運び、FIN。

気がつくと外は秋晴れ。雲一つない深い青。二重弁当は私を透き通った健康な世界へ戻してくれました。
とはいうものの、次はやっぱり銀むつでしょう、銀むつ! 近いうちに、都電に乗ってたかはしへGO。

oshokujidokorotakahashi01oshokujidokorotakahashi03

最寄駅  都電荒川線・メトロ「早稲田」(新宿区)
訪問時間 12:50
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  3
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  7

お食事処 たかはし定食・食堂 / 早稲田駅(メトロ)早稲田駅(都電)面影橋駅

昼総合点★★★★ 4.0

食べログ グルメブログランキング 19:04 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/644-53a900d2

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR