勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

天然の志ら焼と山葵のビッグカップル! 接客もメロメロ 勝負ランチ

天然の志ら焼と山葵のビッグカップル! 接客もメロメロ

     
godaimenodaiwahonten3天然 志ら焼
¥3,500

五代目野田岩 本店
東麻布 飯倉




有名店「五代目野田岩」に初訪問です。2名予約だったので、歩いて1分かからない別館へ案内されました。
メニューは事前に学習済み。計画通り、煮こごり、天然の志ら焼、鰻重の山吹を注文しました。山吹は上から2つ目の質のものです。
中ビールを傾けながら待ちます。お店のお姐さんたちは、何だかずっとテンパっているようで、雰囲気は慌ただしいです。隣の横柄な客にかかりっきりの方もいて、オーダーが通っているのか不安にさせる待ち時間です。しかもかなり後からオーダーしたその客や逆隣の客に、先に煮こごりが来る始末。冷静に食べ進めることができるでしょうか…。

気を取り直して、煮こごりに集中しましょう。さすが、美味い。味を吟味する間もなくあっと言う間に食べてしまいました。少し気が落ち着いてきました。しかし次の志ら焼までまたしばらく時間を持て余します。鰻屋ではじっくり待つのが基本です。
保温器に抱かれた、天然志ら焼の登場です。これを天然山葵、ロシア産の塩などをつけていただきます。ほお。天然の鰻って、ワイルドなんですね。このワイルドな味、いいですね。身が崩れやすいのも天然の特徴でしょうか。山葵をのっけて、塩をちょいとつけて…美味しいです。わざとらしさがない、本来の鰻の姿です。もう1枚くらいいただきたいところですが…。

そして、鰻重。器の大きさによって蓋の漆絵が違うようですが、山吹は金色の鯉が描かれています。その蓋を恐る恐る開けます。ぴかー。うなぎです。久しぶりの、大きなうなぎです。タレは控えめですね。ご飯ごとゴソっと持ち上げて、いただきます。ふう。美味い。こちらは焼津産の養殖らしいですが、上品な味です。ごはんに滲みたタレも甘すぎず、うなぎの味がダイレクトに舌にのります。ご飯は結構やわらかめの仕上がりなのでタレがしみ込みづらく、それでタレの量も少なめなのでしょう。見た目よりは上げ底で、ご飯はそれほどボリュームがあるわけではありません。
うなぎは、あまり蒸かした食感ではなく、歯ごたえ重視のしっかりした身をしています。身もタレも強い特徴を感じるものではなく、上品にサラッといただける鰻重でした。

次回があるなら、ぜひ本館へ行きたいです。接客も本館なら…という期待を寄せて。

godaimenodaiwahonten1godaimenodaiwahonten2
                       鰻の煮こごり ¥650

godaimenodaiwahonten4godaimenodaiwahonten5
鰻重(山吹)¥4,400

最寄駅  都営大江戸線「赤羽橋」メトロ日比谷線「神谷町」(区)
訪問時間 18:20
待ち時間 0分(予約)
衛生感・落ち着き度  5
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  4

CLIC →「五代目野田岩」ホームページ

五代目 野田岩うなぎ / 赤羽橋駅神谷町駅麻布十番駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7

食べログ グルメブログランキング 16:45 | トラックバック:0 | 六本木,表参道 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/638-6103e428

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR