勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

勝浦タンタンメンの原点「こだま」は海鮮も一級品! 勝負ランチ

勝浦タンタンメンの原点「こだま」は海鮮も一級品!

     
ubara kodama2タンタンメン
¥700

こだま
千葉 鵜原




山間いの駅「鵜原」。他に降り立つ者はありませんでした。駅から山沿いに延びる道には小さな郵便局が1件、あとは住宅やサーファーのためのアパートがポツポツと建っています。この先に、勝浦の地に根ざして40年、勝浦タンタンメン発祥との呼び声高い老舗レストランがあるとのこと。期待と不安を胸に歩を進めます。

4分ほどで見えてきたのは、やけに色彩が派手なお店。レストランというより「食堂」といえそうです。まだ早い時間にもかかわらず、若い女性たちが満足そうな足取りでお店から出てきました。人気のようです。
店内は広々としています。壁には著名人のサインが数多く掲げられています。やはり有名店のようです。メニューを見ると、和洋中何でもあります。目的の「自称」元祖勝浦式タンタンメンは一番上に書かれています。オーダー、「少し辛めで」お願いします。

やってきたタンタンメンは、正に勝浦式。澄んだ橙色のスープに、玉ねぎやそぼろがプカプカ浮いています。普通の担々麺は山椒や白湯などで個性を出してきますが、勝浦は「出汁」で勝負です。一口すすると…美味い! 深い味わいです。魚介や野菜から旨味をいただいたスープ、玉ねぎが活きています。本来はあまり辛くないのですが、ちょい辛にしてもらったので、その玉ねぎの甘さと絡んで絶妙の辛さを感じます。すぐに体が温まって汗が出てきます。
麺は中細の少し縮れ麺。玉ねぎをよく絡みとってくれるありがたい麺です。そしてボリュームがあります。250gはありそうです。これが勝浦タンタンメンか…こりゃグランプリ受賞もうなづけます。レンゲが止まりません。

そして「こだま」の凄さは、タンタンメンに納まりません。ぜひ食べていただきたいのは「刺身」です。このマグロももしかしたら、ボストン直送でしょうか。このクオリティの魚を、こんな人影のないストリートの食堂でいただけるとは!恐れ入りました。この地の2大食品「海鮮」と「タンタンメン」の双方の一級品がいただける「こだま」、ただものではありません。
勝浦は他にも行きたいお店がたくさんあると言うのに、おそらくまたここへ来てしまうことでしょう。ごちそうさまでした。

ちなみに当たり前ですが、コンビニで売っている勝浦タンタンメンはまったくもって別物ですね。

ubara kodama1ubara kodama3
ubara kodama6
刺身定食もこの充実ぶり!

最寄駅  JR外房線「鵜原」(千葉県勝浦市)
訪問時間 11:20
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度   9
好き度・リピート感  9

CLIC → ラーメンデータベース

こだま定食・食堂 / 鵜原駅

昼総合点★★★★ 4.4

食べログ グルメブログランキング 16:45 | トラックバック:0 | 関東 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/636-9c61988b

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR