勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

富士吉田出身の店長、渾身の馬料理。すりだねが秀逸。 勝負ランチ

富士吉田出身の店長、渾身の馬料理。すりだねが秀逸。

     
fujisan_suidobashi2馬肉たたき
¥980

富士山
水道橋




さあて今日はどこで呑もうか、とウロウロしていると、通りから入ったところに「馬肉」と書いた張出看板が目に入ります。こんなところに、そんな店があったのか? 店先まで来ると「富士山」との屋号。これは面白そうなので早速入店してみます。

1階の小さな席に案内されます。カウンターはありません。店長自ら、メニューについてプレゼンしてくれます。メニューの3分の2が馬肉料理です。その中でもイチ推しの馬肉たたきを中心に、特徴ありそうなものをオーダーします。
まず馬スジの煮込みです。牛ほどとろとろではありませんが、長い時間臭みを抜いて煮込んだようで、プリプリしています。出汁も美味しいです。秘伝?の「すりだね」をかけると美味しさが増しますよ、とのことなのでかけてみます。これは七味の代わりですね。いりいろブレンドされているようです。唐辛子、山椒、胡椒、生姜…秘伝の味、美味しいです。
馬ホルモンの竜田揚げはコリコリしていて、軟骨と皮を混ぜたような食感です。さすがに焼いただけでは、もしかしたら厳しいのかも知れません。ころもの塩っけがうまく解け合ってこれもいい味。

馬肉に合う日本酒、というそのままのネーミングのお酒をいただきます。少し辛口ながら深い風合いもあり、赤ワインの代役をしっかりこなします。
そして真打ち、馬肉たたきの登壇です。畳のように敷き詰められた12枚の馬肉。対して皿の半分を占める真白なおろし。紅と白の対比が日本的です。おろしをくるんで食べるそうです。これは美味い。さっぱりしてます。ローストビーフにも似た味わいです。またタレもいいですね。馬肉に合う日本酒が、よく馬肉に合います。新鮮なたたきは、美味い!

若い店主が富士吉田の出身だそうで、この屋号です。でかい屋号ですが、負けない実力をもっています。女性店員さんも若くてガーリー、馬肉によく合います。

fujisan_suidobashi1fujisan_suidobashi5
fujisan_suidobashi3fujisan_suidobashi4
牛すじの煮込み ¥480             馬ホルモンの竜田揚げ ¥480

最寄駅  JR・都営三田線「水道橋」(千代田区)
訪問時間 16:20
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  7

CLIC →「富士山」facebook

冨士山馬肉料理 / 水道橋駅九段下駅飯田橋駅

夜総合点★★★★ 4.0

食べログ グルメブログランキング 19:56 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/615-6d61722f

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR