勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

イタリア+フレンチ+日本。ラーメンに定石はない。 勝負ランチ

イタリア+フレンチ+日本。ラーメンに定石はない。

     
menankojimaryu2白身魚のフュメドポワソンと鶏清湯
¥1,200

麺庵 小島流
板橋本町



到着するとすでに店外に4名並んでいます。今や板橋で3本の指に入る人気店かも知れません。初訪問になります。無化調ラーメンを堪能しましょう。

店内はカウンター6席とテーブル1卓2席の計8席、ささやかな空間です。ほとんどのお客さんが2人組なのは偶然でしょう。厨房では、イタリアン出身のマスターが丁寧に落ち着いた手さばきで調理しています。したがって、オーダーから配膳までは少々時間がかかります。普通のラーメン屋と同じに考えず、上質なイタリアンと考えた方が良さそうです。

さて、注文した限定ラーメン「白身魚のフュメドポワソン」がやってまいりました。ベースは醤油にしました。トッピングは白身魚は真鯛と舌平目、レア仕上げの豚肩ロースと鶏むね肉、筍の穂先、クレソンです。スープは澄んだ鶏スープが醤油に染まってブラウンに。まずはビジュアルが上品です。一見、麺の量も上品な感じに見えて、トッピングとのバランスを整えるのが難しそうに見えましたが、食べ進めていくうちにボリュームがあることがわかりました。丼の形による錯視でした。
麺は三河屋製麺だそうです。黄みを帯びたストレート麺。コシがあり、薄口ながら深い味のスープを適度に絡みとり、美味しいです。
白身魚は、始めは刺身として味わい、時間が経つにつれて熱が通り、3枚目の舌平目は煮込み鍋の味わいです。

第一、フュメドポワソンてなんだろう。と調べたところ、フュメ=出汁のことで、白身魚のあらや野菜、白ワインなどで煮込んで作る出汁だそうです。フランス語でした。つまりマスターは、イタリアンの枠におさまらず、フレンチの要素までラーメン界に持ち込みました。研究家ですね。鶏スープとフュメドポワソンでこれほど深いスープができるとは。
もしかしたら、海をルーツに持つ食材に合わせて「」味を選択するべきだったか。醤油でも相当美味しかったですが。
非常に端正なラーメンをいただきました。ごちそうさまでした。

menankojimaryu1menankojimaryu4
                       鯛の刺身

menankojimaryu3menankojimaryu5
鶏清湯 ら〜めん ¥750

最寄駅  都営三田線「板橋本町」(板橋区)
訪問時間 11:50
待ち時間 10分
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  7

CLIC →「麺庵 小島流」Twitter
CLIC → ラーメンデータベース

小島流ラーメン / 板橋本町駅板橋区役所前駅

昼総合点★★★★ 4.1

食べログ グルメブログランキング 19:35 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/602-2d1cda57

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR