勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

皆に愛されるあさちゃんの、牛スジ煮込み。殿堂入りです。 勝負ランチ

皆に愛されるあさちゃんの、牛スジ煮込み。殿堂入りです。

     
asachanshimura2殿堂メニュー
牛スジ
¥600

あさちゃん
板橋 志村



路地からさらに路地へ入ったところにある「あさちゃん」、前回はまさかの貸し切りで入店できず、再チャレです。屋号は隣町の赤羽のやきとん屋と同じなので、関連があるかもしれません。

のれんをくぐります。カウンターやテーブルではご常連がご機嫌です。テーブルに通されましたが、カウンターに大皿料理がたくさん置いてあるので、まずは何があるのか確認して、それから着席しました。マスターはみんなから「あさちゃん」と呼ばれています。献立も含めて、赤羽と関係ないオリジナルの「あさちゃん」だと理解しました。あさちゃんは気さくな方で、初見の私にもやさしく接客してくれます。

テーブルにメニュー表がありません。どんな飲み物があるかわかりませんが、壁一面に日本酒の銘柄と価格が張り巡らされています。肴も、壁のホワイトボードに書かれたものか、カウンターの大皿の料理しかないようです。ホワイトボードは2枚あり、違う献立が書かれています。しかも大皿料理はボードに書かれていません。さっきカウンターで見ておいて正解でした。大皿にあった、イワシの棒煮をまずお願いしました。入口側のボードに書かれていた厚揚げも注文。

あたため直されたイワシ、美味い。甘めのしょうゆベースのタレに絡めて、骨ごと食べます。小骨が多いですが関係ありません。これは美味しいなあ。加賀鳶の純米吟醸をいただくことにします。

次に何を食べようかブツブツ話していると、「牛スジ食べない?」とあさちゃん。ではいただきます。自信作のようですね。で、すぐに配膳されました。串か煮込みか聞きませんでしたが、煮込みでした。厨房の女将さんから、辛みが足りなかったら七味をいれてね、とアドバイスが飛んできました。辛み? 辛いのかこの煮込み。どれ。
おほ。美味い。スジ、柔らかい。アブラ部分も美味い。そして確かに辛いです。青唐辛子が入っています。青唐辛子そのものはすでに辛みは抜けていますが、スープにしみ出しています。このスープが美味い! スジのエキス、コラーゲンたっぷり。久しぶりに美味しいスジ煮込みをいただきました。イワシ煮、厚揚げ、牛スジ煮込み。ベストのフォーメーションだったかもしれません。

ちなみにお通しからして美味しかったです。手作りの温もりが全身に沁みわたる料理ばかりでした。女将さん、あさちゃん、ごちそうさまでした。また来ます。

asachanshimura1asachanshimura3
                       イワシ棒煮 ¥400?

asachanshimura4asachanshimura5
厚揚げ焼き ¥400               お通し ¥300?

最寄駅  都営三田線「志村坂上」(板橋区)
訪問時間 19:00
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   9
好き度・リピート感  8


居酒屋 あさちゃん居酒屋 / 志村坂上駅志村三丁目駅

夜総合点★★★★ 4.1

食べログ グルメブログランキング 19:13 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/566-2a77f1d9

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR