勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

扉を開けると「カランコロン」と鈴が鳴るクラシカルな演出 勝負ランチ

扉を開けると「カランコロン」と鈴が鳴るクラシカルな演出

     
sabouhiroshige2特製カレー
¥770

茶房ヒロシゲ
板橋 志村




1981(昭56)年創業ということなので、この地域では老舗といえるでしょう。外観も店内も、どことなく迫力があります。15年前からお店の前はよく通っていましたが、いよいよ運命だと思い、初めて扉を開けることにしました。

扉を開けると「カランコロン」鈴が鳴る、クラシカルな演出です。マスターはフレンドリータッチの接客です。どうやらフロア担当がマスター、厨房担当が女将さんのようです。
お店の1番人気は、4種類のキノコとナスの具だくさんペペロンチーノだそうですが、あえて2番人気の焼きカレーをオーダーしました。カレーにチーズをのせてオーブンで焼いた特製カレーライスだそうです。

マスターはゴルフ好きなようで、ゴルフ雑誌がたくさん積まれています。
皆さんメニューを見ないで「きのこ」とか「ミートソース」とか一言告げてから席に座っていきます。ご常連さんが多いようです。おばさま方は、プカプカ煙をくゆらせながら、とめどなくしゃべり続けています。まるで自分の家のリビングにいるかのような安心感がこの店にはあるようです。地域に根ざした喫茶店の強みです。現実的に、写真アルバムや同窓会名簿などが、客の手が届くラックに置かれているお店は少ないと思います。

さあ焼きカレーのお出まし。熱そうです。チーズはあまりトロトロではなく、硬めの仕上がりです。やたらトローッとされて切れないチーズより、食べやすいことは確かです。カレーは、ベーコン、少々のチキン、トマト1切れ、コーンなどが入り、カレー単体での勝負ではなくチーズとのコラボを前提としたソースです。スパイス感に厚みはありませんが、欧風カレーをベースに作られていると思います。カレーソースのピザとライスを同時に食べている感覚、で間違いないと思います。女将さんの手作り感が何より美味しくさせてくれます。

ランチとはいわず、コーヒー一杯飲みにくるだけでも居心地いいお店だと思います。嫌煙者には厳しいかもしれませんが、喫茶店と煙はセットでしょうがないですかね。

sabouhiroshige1sabouhiroshige3
sabouhiroshige4
きのこのスパゲッティ ¥820

最寄駅  都営三田線「志村坂上」(板橋区)
訪問時間 12:10
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  5
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  7

CLIC →「茶房ヒロシゲ」ホームページ

茶房 ヒロシゲ喫茶店 / 志村坂上駅本蓮沼駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

食べログ グルメブログランキング 18:37 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/537-06606774

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR