勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

田舎の郷愁を感じながら欧風カレーを、半蔵門で。 勝負ランチ

田舎の郷愁を感じながら欧風カレーを、半蔵門で。

     
petitfeu a la campaneu2チキンカレー
¥1,350

petit feu a la campagne
プティフ ア ラ カンパーニュ
半蔵門



11:30、開店時刻に到着。入口へのアプローチは、ひっそりと、閑散としていました。静かなランチタイムを過ごせそうな予感です。そして田舎の古民家風のドアを静かに開けた途端…、まるでオオバコの居酒屋のような喧噪の世界。これにはびっくりしました。大箱ではありませんが、団体の貸切か、全席予約なのか、自分は招かざる客なのか、と弱気にさせられるほどにぎわっています。当然1人客は、先客1人客との相席になりました。それでも席に着けるなら全く問題ありません。しかし、にぎやかな店内です…。店員もつられて、パキパキ元気な感じです。

さて、周りにのまれないよう気を確かにし、メニューを見ます。セットやサービスメニューはありません。今日もチキンカレーにしてみました。辛さは中辛。
混雑してはいますが、4分ほどでカレーが配膳されました。そして、2つのじゃがいも。これで板橋の欧風カレーの支流であることがわかりました。食べ始めようとした瞬間、店員の「外、20名様ほどお待ちでーす」の声。なんと、わずかな間にそんなに列が…。超人気店ではないですか。タイミング良かった…。が、早く食べて炎天下待っている方に早く席を渡さねば。

大ぶり煮込みチキンが4ピース。チーズがトッピングされたライスは、ボウルではなく平皿です。らっきょうを、今日は6個皿に取り分けます。いただきます。まろやかな味が口に広がります。野菜によるコクやスパイスによるキレは、神保町欧風カレーの味に忠実で、大きくうなづいてしまうほどの美味しさですが、ワニの名がついたお店の立体的な奥深さには届きません。チキンは柔らかくて、顔というより実力の俳優的な主役感があります。カレーパンの容量に対してチキンが大きいので、ルーの量はその分少ないです。ですからライスが少し余り気味になるので、気をつけないと着地が合いません。辛さはそれほど強くないので、グイグイ食べ進めます。うん、美味い。行列する意味はわかります。やはり、美味しいのです。プティフ・ア・ラ・カンパーニュ。いいお店です。

半蔵門の地においては、上質な欧風カレーはここでしか食べられないのでしょうか。ものすごい人気です。みなさん、お昼休み中に入店して食べきれるのでしょうか、心配です。

petitfeu a la campaneu1petitfeu a la campaneu3
                       チキンカレー ¥1,350

petitfeu a la campaneu4

最寄駅  メトロ半蔵門線「半蔵門」(千代田区)
訪問時間 11:30
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  8
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  6

プティフ・ア・ラ・カンパーニュ欧風カレー / 半蔵門駅麹町駅市ケ谷駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8

食べログ グルメブログランキング 18:35 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/463-e3e56c05

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR