勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

東松山やきとん巡礼2 「とくのや」のハラミ 勝負ランチ

東松山やきとん巡礼2 「とくのや」のハラミ

     
tokunoyahigashimatsuyama4
殿堂メニュー
ハラミ
¥500

とくのや
埼玉県東松山



やきとんのア バオア クー、東松山に潜入しています。戦後の食糧難から豚のカシラを庶民に提供する試みが成功し、「やきとん」の聖地と言われています。特徴は、みそだれをつけていただく「東松山スタイル」です。

さて、大松屋を離れて2軒目を探します。口コミを見ると新進気鋭の「一八」がいいとのことで訪問、しかし予約で一杯とのこと。一生ご縁がなさそうだと踵を返し、有名店「とくのや」へ凱旋します。凱旋というのは、先ほどの大松屋のすぐそばにあるからです…。
店内を覗くと、なんと満席…。ま、でも時間的に1回転目の客がそろそろシメる頃、少し店頭で待ちましょう。5分、10分…。誰も出てきいひんがな。15分。焦れてじれて気がおかしくなりそうな時、ようやく店内ではお勘定の気配。なんとご年配6人組と、地元の4人組が一斉に退店。一気に店内はガラガラに。今までは何だったんだ!ツォハァッ!怒るでホンマに。

気を取り直して落ち着いて着席。すると、マスターと韓国人の美人女将が、お片づけでテンパリ気味。注文もままならない状況です。1969(昭和44)年の創業のとくのや、この2人で支えてきた老舗です。落ち着くまでじっくり待ちましょう。

さて、ビールがようやくきたところで、衝撃の一言。
「カシラが売り切れなんですが」
……。…落ち着け落ち着け。…カシラがない。しゃーない。1回転目で売り切れ!? うーむ。

三たび気を取り直して、Tシャツですが襟を正します。レバーと、皿料理のハラミを。横隔膜も好物なので、助かります…。さてとくのやの辛味噌はどうでしょうか。レバーにつけていただきます。お、辛い。大松屋と比べると格段に辛くて味に厚みがあります。そして、レバーが美味い!ミディアムレアのレバーが、カシラ不在のとくのやの4番打者を務めます。うむ、これは美味しい。

ハラミがきました。炭の上の網で焼かれていましたが、気なったのは最後に瓶に入ったタレをかけていたことです。あの瓶の中身はなんじゃ。秘伝ダレがそこにもあるのか。一口食べます。おおーい。美味しい。やわらかい。そしてあのタレが美味い。

追加のつくね、とりももが、これがまた美味い!カシラで残念がっている場合じゃない。とくのやは、全部美味いのだ!
特筆は、キムチ!今日は怒鳴りすぎですかね…。キムチ!辛い!これは辛いぞ。自家製に決まっている。ハラミにキムチにつくね。名付けて、HKT! 最強の新クリーンアップの誕生です。並んで待った甲斐がありました。

店内にはたくさんの著名人のサインが掲げられています。中には、オリックス時代のイチローのサインもあります。マスターにお聞きしたところ、来た事はないそうです…。でも次男のジローは来た、とおっしゃっておりました。しかしイチローは長男でもなければそんな兄弟がいる事実はありませんので…。

最後はお客が台所に立って酒を作り始めました。洗い物も手伝っています。一体感がある光景です。よくいいますが、こういうお店が、近所に2軒は欲しいです。とくのやさん、ごちそうさまでした。大満足の東松山の夜でした。

tokunoyahigashimatsuyama1tokunoyahigashimatsuyama5
tokunoyahigashimatsuyama3tokunoyahigashimatsuyama2
レバー ¥120(1本)           手前 とりもも 奥 つくね ¥120(各1本)
tokunoyahigashimatsuyama6
辛くて美味いキムチ ¥500

最寄駅  東武東上線「東松山」(埼玉県)
訪問時間 17:50
待ち時間 15分
衛生感・落ち着き度  4
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  7

とくのや焼き鳥 / 東松山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9


食べログ グルメブログランキング 19:05 | トラックバック:0 | 関東 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/454-0a4bec0d

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR