勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

東松山やきとん巡礼1 殿堂「大松屋」のカシラ 勝負ランチ

東松山やきとん巡礼1 殿堂「大松屋」のカシラ

     
oomatsuyahigashimatsuyama4カシラ
¥130(1本)

大松屋
埼玉県東松山




やきとんのジャブロー、東松山に潜入しました。戦後の食糧難の時期、東松山では豚のカシラ部位を庶民に提供することを発案、こちら大松屋の初代ご主人が韓国出身の利を活かして辛味噌を塗って提供したところ、これがプラチナヒット。東松山は以来、焼鳥、正確にいえば「やきとん」の聖地となった、というヒストリーです。大松屋は1956(昭和31)年の創業とお聞きました。
みそだれは、白みそをベースに、唐辛子、ニンニク、ごま油、みりん、果物、多くのスパイスをブレンドして、各店舗でオリジナルの伝統辛味噌を創っているとのことです。また、市内30軒の店が加盟している「東松山焼鳥組合」が豚のカシラを共同購入しているそうです。実際には市内に100軒以上焼鳥屋があるそうです。そんなに需要があるのだろうか…。

さて、大松屋ののれんをくぐりました。カウンターが店の端から端まで延びています。横に長い変則コの字カウンターです。そのステージのセンターを取っているのが、焼き担当のおばあちゃん。この方が女将さんでしょうか。その他2名、注文や配膳をしています。
座るとまず飲み物の注文、と同時にホーロー鍋の辛味噌タレ、と角皿1枚。これが例のみそだれか…少し感動。で、黙っていてもカシラが2本、お皿にのせられました。どうやらストップをかけるまでカシラは順次配られるようです。どれ、カシラを。まずノーみそで一口。コリコリ感と柔らかみが同居していて、うんまい!で、みそだれをなすりつけて一口。おう、これもいい。そんなに辛さは強くなく、結構たっぷりつけても大丈夫。

次にP白とレバーを注文しました。PトロやP白の「P」って何でしょう? おそらく、pigかporkのアタマをとったのでしょう。レバーは少し焦げ過ぎか、と思いましたがそんなことはなく、むしろ焦げがいい風味になっています。P白は、何も言わなかったのですがタレでした。ハズレると口の中にいつまでもくちゃくちゃ残りますが、こちらのシロはそこまでではありません。あごと歯茎が少し疲れはしますが、良質な方です。味は美味しいです。これはみそだれ無しの方がいけると思います。次にカシラが運ばれてきたところで,ストップをかけました。

ちなみに、カシラ以外は忘れられることもあるので、催促時間も含めて早めに注文しておくことをオススメします。東松山の本丸「大松屋」。自分のペースに持ち込むのは難しいですが、さすがカシラは美味しいお店でした。さて、もう一軒、行ってみます。

oomatsuyahigashimatsuyama1oomatsuyahigashimatsuyama5
oomatsuyahigashimatsuyama3oomatsuyahigashimatsuyama7
カウンターの辛味噌              P白 ¥130(1本)

oomatsuyahigashimatsuyama6oomatsuyahigashimatsuyama8
レバー ¥130(1本)

oomatsuyahigashimatsuyama2

最寄駅  東武東上線「東松山」(埼玉県)
訪問時間 16:40
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  2
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   6
好き度・リピート感  6

大松屋焼き鳥 / 東松山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 19:13 | トラックバック:0 | 関東 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/453-b49d93be

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR