勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

ゴローと同じ席でホルモンへイズの洗礼を受ける 勝負ランチ

ゴローと同じ席でホルモンへイズの洗礼を受ける

     
yamagen3ホルモン
¥450 (奥、たれ)

山源
板橋




やって来ました山源。やっと機会あって訪問できました。一番客です。
当たり前ですが入店時はまだ店内は清浄な空気です。嬉しいことに、ゴローと同じ席に案内されました。すでにギター伴奏の軽妙な例のテーマが頭に流れています。上着と鞄をビニール袋に入れて、煙から守る準備をします。

フロアの女性2名が丁寧にオススメを説明してくれます。まずは看板メニューのホルモンの塩とタレ、そしてコメカミとハラミを注文しました。ホルモンの焼き方は情報として知っていましたが、また現場で再確認のためにきちんと伺います。身側で8、皮で2、です。しかし全体の焼き尺がわからないので、いつが8なのかよくわからず、お姉さんに聞きながらおっかなびっくり焼きます。皮側に返した途端、炭から炎が上がります。すかさずお姉さんが脇にあったペットボトルの水を、炭鍋の土手から流し込みます。次からは自分でやるよう促され、気張っていますが、「お、炎だ」と思った瞬間私より先にお姉さんが水をかけて、「早くかけないと上の排煙装置から炭だれが落ちますので」と怒られてしまいました。今かけようとおもったのにー、という言い訳は通用しません。

さて、ホルモン。脂ノリノリです。こんなゴツいホルモンはなかなかありません。ご飯が合いそうです。いや、ビールが最強タッグでしょう。塩はわさびで、たれはそのままで。うまーー。そしてコメカミ。これは網の真ん中でじっくり火を入れた方がいいそうです。じっくり我慢の限界まで焼くくらいでちょうどです。これもいい。美味い肉は本能を呼び覚まします。

客が増えてきて、例の煙充満タイムです。何回か扉を開けて煙を逃がしますが、冬は寒いのですぐ閉めざるをえません。でも、煙対策の服装できているので気にしないです。炭でホルモンを焼いているんだから、煙は当たり前。これをひっくるめて、山源の魅力です。

帰りの電車、たぶん周りの方には迷惑かけただろうなあ。パープルへイズなホルモン酒場でした。

yamagen1yamagen2
                       手前 左ホルモン塩、右ホルモンたれ

yamagen4
左 ラム ¥400、右 レバー ¥330

最寄駅  JR「板橋」・都営三田線「新板橋」(板橋区)
訪問時間 17:00(予約)
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  5
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  7

山源ホルモン / 新板橋駅板橋駅下板橋駅

夜総合点★★★★ 4.2


食べログ グルメブログランキング 21:08 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/369-e1d140d6

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR