勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

旧帝国ホテル 中央玄関 勝負ランチ

旧帝国ホテル 中央玄関

     
旧帝国ホテル 中央玄関

博物館 明治村
愛知県犬山市

kyuteikokuhotel01

1923年(大正12)竣工の旧帝国ホテル本館。設計はフランク・ロイド・ライト。
帝国ホテル自体は1890年(明治23)に開業、23年当時のホテルの支配人・林愛作がライトに設計を依頼。
鉄筋コンクリートと煉瓦コンクリート構造で、地上5階、地下1階の270室の客室があった。

kyuteikokuhotel03kyuteikokuhotel02
kyuteikokuhotel04kyuteikokuhotel05

entrance_grill_700x497
創設当時の写真

外壁のレンガは、スクラッチレンガなど装飾レンガが5種類使われているとのこと(株TNコーポレーションより)。当時、上質で大量生産できる常滑の土を焼くために帝国ホテル煉瓦製作所が創立されるが、内部で問題が重なり、結局はINAXの前身、伊奈製陶株式会社がレンガを制作。明治村という地に移設されたのも、INAXにとっては感慨深かっただろう。

また、ライトは外壁や室内装飾に、関東近辺で大量に入手でき、かつライトが解釈した日本の美意識を表現するのに相応しい大谷石を大量に使用した。

kyuteikokuhotel06kyuteikokuhotel08
受付カウンター。誰もが胸躍らせた場だろう

kyuteikokuhotel07kyuteikokuhotel12
kyuteikokuhotel13

ライトが感じた日本的芸術の真骨頂は、日光東照宮の彫刻群だ。あの感性や細やかさを、プレーリー風の造形感覚と織り交ぜ、幾何学的で細微にわたって繊細な彫刻が生み出された。

kyuteikokuhotel11kyuteikokuhotel10
kyuteikokuhotel09kyuteikokuhotel14

旧帝国ホテルは、関東大震災に無傷で耐えたとして母国のライトに伝えられていた。しかし現実はそれ相当の打撃はうけ、かなり補修が必要だったらしい。ライトのプライドと、日本との関係を壊さないための朗報操作であったか、わからない。
いつか、ブルーノ・タウトの建築と比較したい。
食べログ グルメブログランキング 21:22 | トラックバック:0 | 建築・建造物 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/235-648a3011

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR