勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

大分・熊本・福岡の旅 勝負ランチ

大分・熊本・福岡の旅

     
温泉、温泉、雨、温泉
2011年8月

行程
大分国東半島〜由布院〜黒川〜
熊本くじゅう〜阿蘇〜山都〜博多

富貴寺
fukiji

まず国東半島の中心、山奥にある富貴寺へ。国宝の大堂は平安建築で、12世紀の建築ということ。なにか生物的な存在感を感じる建造物だ。人はほとんどいない。あいにくの雨で建物は閉ざされたままで中を拝観することはできず。
この後、別府湾の日出で城下カレイを食す。

hukuoka813kei
815系車両。水戸岡氏のデザインにしては「やりすぎていない」親近感を感じるデザインで色彩がかわゆい。これぐらいがちょうどいい。JR日豊線日出駅周辺にて。

onsenbeppu01
別府の街は湯気だらけ。硫黄の香りは地球の呼吸。ぜいたくにも日本三大温泉の別府は素通り。

由布院
yuhuinstation01
由布院温泉。駅舎は大分県出身の磯崎新が設計、1990年( 平成2)竣工。駅から東に延びる散歩路は一歩間違えば清里のえげつない観光商店街となってしまうほどお土産屋が軒を並べる。が、質の良いお店が多いので充分楽しめる。宿泊した宿は「野蒜山荘」で、街から離れた静かな宿。落ち着ける。

九重夢吊り大橋
kujuyumetsur
九重夢吊り大橋。張られたワイヤーのRが美しい。高さ、距離ともに規模が大きい。大滝を2本眺めながら、緊張感を楽しむ事ができる。アイスクリーム美味し。

kujurenzan
国立公園の九重。気持ちのよい「やまなみハイウェイ」を、くじゅう連山を望みながら阿蘇方面へと突っ走る。

くじゅう花公園
kujuhanakoen02
kujuhanakoen01
くじゅう花公園。比較的自然にまかせた植栽やガーデニングが多く見られた。北海道を思わせる広大で涼しい公園。東京ではあまり流通していない植物も含めて、多くの植物の販売もしている。

黒川温泉
kurokawa01
kurowaka02
黒川温泉は、2000年前後から突然メディアに登場して一躍世界的有名温泉に。川沿いの路の両側に侘びた宿が並ぶ。組合ぐるみでコンセプトを守っている。宿泊は一番奥の「黒川荘」。屏風岩を眺めながら広くて碧いお湯の露天風呂。何時間も浸かっていたい。

CLIC → 黒川荘 ホームページ

kurokawa04
ある旅館前のコンテナ。美しい。

kurokawa03
黒川荘でのディナー。馬刺!


阿蘇
kujuaso01
阿蘇山のカルデラ。大雨。ガイドブックに乗っているような、大草原に腰を下ろして馬たちの疾走を眺めることは夢と終わった。ロープウェーは動いていたが上からは何も見えないとの情報で断念。雨、大雨。


通潤橋
tsujunkyo02
tsujunkyo03
tsujunkyo04
tsujunkyo01
熊本県山都の「通潤橋」。環境デザインの資料によく出ていたのでどうしても見たかった場所。1854年に農業用水の水路として建造。農閑期に水路の内部の砂泥を除くために放水を行っていたが、その姿が壮大で美しく観光として人気が出てきたため、ツアーの希望に応じて放水を行うようになった。いつ放水するかはクライアントがいるかいないかで決まるので、運次第。江戸時代の石工の技術に見とれるが、はたして純粋に建造されたのか、米を確保するために権力によって過酷な労働で作られたのか、わからない。この付近には、規模は通潤橋ほどではないが多くの石造り単一アーチ橋が架けられていて、街道沿いに巡るのも楽しかった。

九州新幹線 つばめsakura01
sakura02
sakura03
sakura04
熊本〜博多間は九州新幹線「つばめ」に乗車。水戸岡氏デザイン。先頭部は機能性からくる形なのかどうかあまり語られていないが、一世代前のあこがれの車両風で815系同様やりすぎていないところで評価できる。内装では、簾風のサンバイザーが良い。JR九州が予算に糸目をつけず水戸岡氏を信頼しきっているのがよくわかる。

ライブハウス 照和
showa02
showa01
天神の駅前にある、伝説的ライブハウス照和。この日は夜のイベントはないとのことで昼間の喫茶タイムに訪問。お願いしてステージに灯を入れていただき、ステージに立たせてもいただいた。井上陽水、甲斐よしひろ、長渕剛、藤井フミヤなど、福岡を代表するシンガーは皆このステージから野望を現実にしてみせた。後ろには有名なサイン壁。チューリップ、海援隊などのサインが。ポツリポツリと入店する客たちも大体同世代で、話してみると全国から観光で訪れてきている。

CLIC → 照和 ホームページ

福岡ドーム
fukuokadome01

絵本作家の元同僚の先輩と酒を酌み交わし、九州国立博物館に立ち寄って、この旅は終了。
食べログ グルメブログランキング 23:19 | トラックバック:0 | 国内の旅 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/159-2acfbd4a

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR