勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

先島諸島の旅 勝負ランチ

先島諸島の旅

     

八重山の風に吹かれて
2010年8月

ishigakihotel1


行程
西表島〜由布島〜西表島〜石垣島〜竹富島〜石垣島
石垣港から大原港を船で移動、西表島から観光開始。

西表島野生生物保護センターでイリオモテヤマネコと監視カメラ越しに謁見。

iriomoterainbow
豊原の「ラ・ティーダ西表」のコテージ一軒に宿泊。食事はメインハウスのレストランへ。コテージの庭から偶然、二重のレインボウが!Rainbowの「Over The Rainbow」のリッチーのフレーズが頭から離れない。興奮の一瞬。

CLIC → ラ・ティーダ西表リゾート

yubuushi2
taketomiushi2
yubukani
由布島(ゆぶじま)へ渡航。といっても牛車で。干潮時は牛車でも渡れるが実際は長靴なら歩いても渡れる。牛には一頭一頭名前がついている。由布島には牛の休憩風呂が。島は暑い中散歩するだけでアミューズメントはないが、その何にもなさがすごく良い。水辺にはここにしか生息しないシオマネキというカニが。雄は片手だけ大きいはさみを持ち、いつもブンブンはさみを振っている。

ishigakihotel2
kabirawan
石垣に船で戻り、景勝地の川平湾へ。宿泊先の石垣シーサイドホテルからは水曜ロードショーのような夕焼け。川平湾ではビューボートで海底をのぞく。別家族の幼き子どもが「あっ、ニモだっ!」と叫ぶと、船頭のじいちゃんは「ちがう、あれはニモじゃない…!」とクールに対応。川平湾沿いの丘の上に数件飲食店があるが、絶対的おススメは、一番奥にある「川平公園茶屋」の「八重山そば」。沖縄本島のソーキやラフティの「沖縄そば」より美味く感じる。違いは麺にあり。いやスープもかなり研究されている。

CLIC → 石垣シーサイドホテル

ishigakirainbow1
島の南側へ移り、グランヴィリオホテルにin。次の日に行く予定の竹富島から虹が上がる。夢の島なのか。頭の中にゴダイゴが流れる。シュノーケリングでは、小笠原とはまた別の生き物たちと遊泳。

ishigakinichibotsu2
ishigakinichibotsu1
石垣島は行政からして全島をあげてロッテマリーンズ一色。役所付近の人気居酒屋「源」石垣店でまぐろの心臓の刺しを初食。宿泊は高級宿の石垣リゾートグランヴィリオホテルに、なんと3泊も。プールサイドで何にもせずに青いカクテル飲みながら本を読む、という長年の夢を達成。夕方には日没を堪能。写真は日没5秒前の瞬間。

CLIC → 石垣リゾートグランヴィリオホテル
CLIC → 居酒屋 源

taketomiseesar
taketomiushi1
竹富島へ。スコールに何回かやられて雨宿りを数回。島の大スター夏川りみ一色。伝統工芸の幸せ文様の生地が気に入る。看板猫の蕎麦屋も気に入る。観光ではテンション上がりまくりの魅力の島だが、住民はどう感じているのか。
食べログ グルメブログランキング 22:36 | トラックバック:0 | 国内の旅 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/132-3b231712

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR