勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

このチャーシューメンを食べずに板橋中華は語れない。ときわ台「香雅」。 勝負ランチ

このチャーシューメンを食べずに板橋中華は語れない。ときわ台「香雅」。

     
香雅_中華料理_ときわ台_板橋011叉焼麺(やきぶたそば)
¥750

香雅
板橋 ときわ台


 暖簾が出ていませんが、やってるのかな? 中は灯りがついているようですが…とにかく扉に手をかけてみましょう。カラリ…。お、開いた。あ、営業されて…ます…ね、ますね。良かったです。

香雅_中華料理_ときわ台_板橋05

 厨房内ではご主人と女将さんが忙しそうに調理をしていました。そんな背中が一瞬こちらに目を向け「いらっしゃいませ。」と迎えてくれました。店内にはご近所のお客さんが数組いました。皆さん、暖簾がなくても雰囲気で察して営業中と解るのでしょう。

香雅_中華料理_ときわ台_板橋06
香雅_中華料理_ときわ台_板橋07

 この壁一面のメニュー表をぜひ見て下さい。中国語。これが北京語なのか広東語なのかその他なのかわかりません。その下にカッコで日本語訳が書かれています。ここはMCK(町中華)なのか中国料理屋(飯店)なのかわからなくなりました。佇まいや料理の種類は、MCKですが…ご主人と女将さんは流暢な日本語ですが…。
 特筆は2つ。1つ目は「サッポロ」。これがカッコ内では「みそらーめん」と。ニヤリとします。もうひとつは「叉焼麺」。カッコ内は「やきぶたそば」。そんな言い方あるのかしら。ただ別の壁に別標記で「香雅特製 チャーシュウメン」と書いてあります。ではその特製をいただきます。あと…チャーハンも…。

※ この時、私は暗い壁に貼られていた表示を見落としていた…。

「叉焼麺(やきぶたそば)=香雅特製 チャーシュウメン」¥750

香雅_中華料理_ときわ台_板橋01

 おおお。すごいチャーシューだぞ。ブ厚くてデカいチャーシューが3枚も! これ美味そうだ。絶対自家製ですよ。
 スープは、タレはいわゆる醤油ダレでスープは中華スープですが動物系の出汁が混ざっているように感じます。麺は多加水中細ちじれ中華麺。王道というか鉄板の組み合わせです。期待通りの旨味です。

香雅_中華料理_ときわ台_板橋02

 さてチャーシューは…美味いっ! 肉部も脂身も浸けダレがしっかり染み込んでいます。チャーシューの手本のようなチャーシューです。ブ厚くても柔らかい。肉であることを押しつけない。デカくて厚いだけのチャーシューがウリのラーメンとは一線を画します。このスープとこの麺にはこのチャーシュー。一人歩きしていません。
 この感覚は…志村坂上「味平2号店」のチャーシューと同じ感覚です。あのチャーシューも自家製ですごく美味しいんです。

※ ところで。家に帰って写真を見直していると、奥の暗い壁に何やら紙が貼られています。在店時も気がついていましたが暗くて読めなかったのです。「味とコクをアップ 背脂入りをぜひどうぞ」と書いてありますよ! これを口頭で伝えないと背脂は入らないんですよ! コクをアップできたのに! 不覚! 実に不覚! 無念残念。

「汁錦炒飯(やきめし)」¥650

香雅_中華料理_ときわ台_板橋03

 おそらく300g近くあると思います。私は「チャーハンを」と伝えただけですが、おそらく「汁錦炒飯」が提供されたと思います。「什錦炒飯」とは金華ハム入りと思いますが、「汁錦炒飯」は普通の五目チャーハンでしょうか。
 これも美味しそうです。レンゲを挿すと、パラパラ寄りのしっとり系です。しっとり系は、油を多めで炒めるとしっとりに感じますがそういうことではなくて、お米の水分量の方に重きがあります。下手するとベチョベチョになってレンゲにご飯がベットリくっついてしまうものも実際にあります。こちらのチャーハンは、ご飯の水分適量、油かなり少なめ、空気量は普通。お米とお米の間の粘着度が低く、食感はパラパラに近いんです。

香雅_中華料理_ときわ台_板橋04

 で、美味しいんです。塩こしょう控えめですがこの食感には適度な塩加減。卵がいい甘さ。そして、ナルト入り。
 老練のチャーハンです。安定のチャーハンです。次世代に伝えるべきチャーハンです。

 背脂を入れ忘れたのは私の責任。それ以外は大満足のお店でした。ご主人の味を求めて客が続々入店してきます。まだまだ紹介されていない名店はたくさんあります。ごちそうさまでした。ああ美味かったー。

最寄駅 東武東上線「ときわ台」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 4
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

香雅中華料理 / ときわ台駅中板橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 17:57 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1204-62b09ec3

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR