勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

世界遺産「和食」にここのカレーは含まれます。飯田橋「咖喱人(カリービト)」。 勝負ランチ

世界遺産「和食」にここのカレーは含まれます。飯田橋「咖喱人(カリービト)」。

     
カリービト_飯田橋_インドカレー190725_022チキンカレー
¥900

カリービト
飯田橋


 急ぎ足で汗かいて到着、11:26。お、もう店内に入ることができるみたい。カウンター、3人目。しかしあっという間にカウンターは満席となっていきます。
 その前に、食券機でオーダーしてました。食券機には細かい献立は書かれていないので、店頭にてご確認ください。私は早く早くと気持ちが気持ちがせいていたのでよく理解せず食券機の前に立ってしまい、よくわからず一番メインの位置にあるものをポチッ。

カリービト_飯田橋_インドカレー190725_03

 屋号は「咖喱人カリービト)」。決して「カリ〜ビト」の「〜」…ニョロニョロじゃ…ないのでは。

 男性マスターと女性ホールのお二人での営業です。カレーは基本的に2人前づつアッセンブルしているように見えます。落ち着いて周囲を見回せば、本日の限定メニューや、2種、3種と選ぶことができるようです。キーマとの2種にすべきだった! 慌てた!

 カウンターに、タイの青唐辛子「ピッキーヌ」のペーストが置かれています。相当辛いようです。少し食べたら混ぜてみて下さいとのこと。スプーン半分で辛口に、二杯で大辛口、三杯で超激辛になるそうです…。弱ったな。

「チキンカレー」¥900

カリービト_飯田橋_インドカレー190725_01

 初めてだから、いかにも定番のチキンカレー。これで正解です。黄色いライスの周りに、キャベツのヨーグルト漬け、にんじんアチャールなどがあり、その反対側にメインのチキンカレー。
 付け合わせ達がまず美味しい。気持ちが盛り上がりますね。カレーは…うんまい! 複雑なスパイスで広がりがあり、しかしマイルドです。これって水を使ってないカレーなんでしょうか。コクが深いです。これは、美味い!
 さて、ではピッキーヌをスプーン半分入れてみましょう。もうカレーを半分食べてしまったから、割合としてはスプーン一杯分ですね。…。うむっ。うっ。か、か、…。言葉に出さなくても汗が出ます。爽やかー!な汗。夏の辛さです。ただ、ちゃんと基のカレーの味を活かす唐辛子です。これもいい。ピッキーヌ、いいですよ。しかし、汗が止まらん。

カリービト_飯田橋_インドカレー190725_02

 マスターは常連さんと大久保の人気カレー「魯珈」の話で盛り上がっています。他の店なんて関係ねえよ、という姿勢ではないんです。こういう広い心の方が作ったカレーだから、味に広がりがあるんですね。お人柄がルーに染み込んでいるんです。だから美味しいんです。

 帰り際にスタンプカードをいただき、これからの長い関係の契りを心の中で交わします。サービスのコーヒーをクイと空け、体を冷まそうとしますが、汗は止まらず。おいしいカレーは汗かいてなんぼ。夏に汗かかないカレーじゃ満足できません。
 まあとにかく美味しいカレーでした。次回は絶対に2種盛りにします。ごちそうさまでした。

最寄駅 JR「飯田橋」(千代田区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 9

咖喱人カリービト)」facebook CLIC → https://www.facebook.com/nocurrynolife.karibito

咖喱人カリービト)」twitter CLIC → https://twitter.com/karibito0911

カリ~ アンド スパイスバル カリ~ビトインドカレー / 飯田橋駅九段下駅水道橋駅

昼総合点★★★★ 4.1



食べログ グルメブログランキング 18:13 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1193-640e1a39

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR