勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

笑顔の少女の悪だくみ、MCK(町中華)の臨界点激辛ラーメン。蓮根「八宝飯店」。 勝負ランチ

笑顔の少女の悪だくみ、MCK(町中華)の臨界点激辛ラーメン。蓮根「八宝飯店」。

     
八宝飯店_蓮根_激辛ラーメン_中華料理022八宝ラーメン 激辛
¥730

中華・定食 八宝飯店
板橋 蓮根


 蓮根の老舗「中華・定食 八宝飯店」。暖簾が春の陽射しに揺れています。
 ラーメンはすごいたくさんの種類があります。チャーハンもしかり。玉子、カレー、五目、カニ、納豆、プレーンの6種類のチャーハンを抑えて、私が選んだのは「八宝ラーメン」。冒険心をくすぐられたのは「辛さ」の表示。中辛、辛口、激辛から選べますが、見栄を張って激辛にします。激辛トロトロラーメンというのもありますが熱そうなので「八宝」の冠がついたラーメンにしました。本当はチャーハンを食べにきたのですが…。

 頭上のテレビでは「レッツゴー習志野」が鳴り響いています。こちらも激辛に向けて気持ちが盛り上がっていきましょう。ご主人が、作りながらむせているのが気になります…。辛そうだな。

「八宝ラーメン 激辛」¥730

八宝飯店_蓮根_激辛ラーメン_中華料理01

 スープは普通のとんこつ醤油のような感じです。トッピングは、もやし、白髪ねぎ、厚切り豚バラ、ワカメ、にんじん。八宝菜とまではいきませんが、赤・白・緑と色とりどりです。一目見た感じでは好印象の美少女です。
 先に言っておきますが、底の方から混ぜ返してから食べないと大変な目に逢う大した悪女です。

八宝飯店_蓮根_激辛ラーメン_中華料理02

 さて一口。うむう…。なかなかですね…。しかしこれが激辛とは、恐るるに足らず、か。食べ進めると…きたきた、だんだん辛くなってきましたよ。上っ面だけで判断してはいけません。心の奥底に潜む本当の人間性は、時間の経過とともに現れるのです。

 ここで一旦スープをやめて、麺を食べ進めましょう。麺は中細のちぢれ。ちょっと硬めの茹で加減です。これって、食べるのに時間がかかりますよ、という警鐘だと思います。後半にはちょうどいい硬さになっていることでしょう。麺はそれほど個性的ではなく、一般的な中華麺です。

八宝飯店_蓮根_激辛ラーメン_中華料理04

 もやしが多いので辛さは中和されます。特筆は、豚肉です。叉焼ではなく生姜焼きのようです。旨味は麺との相性がいいですね。白髪ネギもグッドです。

 さて、もう一度スープタイムに突入します。麺でかき混ぜられたスープは、さっきより数段辛くなっていました。つまり丼の底の方に辛味の正体が沈んでいたわけです。辛味の正体は、一味。唐辛子の粉末が、下に行けば行くほど多くなります。レンゲの中に収まる赤い粉末の量がどんどん増えていきます。本領発揮です。辛いー! すげえ辛い。
 ただ助かるのは、ちぢれ麺がそれほど辛味をすくい上げてこないことです。だから、麺や具を食べている時は安心です。スープを飲むと、飲んだ量に比例して汗が吹き出ます。久しぶりに、脳天から汗だく。

八宝飯店_蓮根_激辛ラーメン_中華料理03

 麺を食べ終え、最後のスープを飲み干そうとしますが、底に見える一味の群れが気力を崩壊させます。丼を抱えてこれを飲み干せば、絶対にむせ返ってそれが鼻に入って仮死状態になることは目に見えています。深さ10mm程度、残してしまいました…。でも、頑張った方だと思います。味がわかる、限界の辛さですね。

 最後は涙目になっていました。見上げれば習志野高校が勝ち越しホームラン。もう何がなんだかわかりません。

 お勘定の時の、女将さんのドヤ顔。涙目の私を慈しんでいるようでもあります。でも美味しかったです。次回は絶対にチャーハンを食べます。近々来ます。ごちそうさまでした。あー辛かった。

八宝飯店_蓮根_激辛ラーメン_中華料理05

最寄駅 都営三田線「蓮根」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 4
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 7

八宝飯店中華料理 / 蓮根駅西台駅志村三丁目駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8



食べログ グルメブログランキング 19:20 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1173-97bd8801

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR