勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

チャーハンを食べると同時につけめんのしょっぱいスープを含む! 「西台 大勝軒」。 勝負ランチ

チャーハンを食べると同時につけめんのしょっぱいスープを含む! 「西台 大勝軒」。

     
西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん011元祖つけそば 半分つけそば あつもり
¥500

西台 大勝軒
板橋 蓮根


 環八通り沿いに移転して心機一転一気呵成、店構えからして気合いを入れ直した感じがひしひしと伝わってきます。西台にあった時は失礼ですが寂れた雰囲気があって地元の方でもここが「丸長系本流」であることを知る人は少なかったかと思います。また、西台では客が並んでいることはまず無かったのですが、新店では絶えず客が席を埋め、外で待っている方も見かけられます。まずは移転後の好発進、おめでとうございます。

 厨房では、西台の時と同じく大旦那が気迫の調理をしていますが、そのご子息様でしょうか、若大将も活気あふれる動きをしています。厨房が3人になったことはいいのですが、フロア担当だった女将さんの姿が見えません。

 メニュー表もコーポレート系らしく作り替えられました。知らなかったのですが、店内で製麺をしているのでしょうか。奥に製麺機らしいものが見えています。西台大勝軒は、自家製麺だった! 大勝軒って、もしかして各店舗で麺を作っているんですか? だとしたらずっと誤解をしていました…。

「元祖つけそば 半分つけそば あつもり」¥500

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん01

 王道のつけそばをいただきます。チャーハンも食べたいので「半分つけそば(100g)」にしました。しかし100gには見えないボリューム感です。スープは丸長系らしく酸味が強いです。目白の丸長は生姜の辛みが強いですが、こちらはそこまでではありません。砂糖は抑えめで甘さは感じません。

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん02

 麺はもちろんもちもち。大勝軒の命は麺ですからね。さすが美味しいです。大勝軒に限らず、蒙古ラーメン中本だって、スープばかり注目されますが実は麺こそが美味しいのです。

チャーハン」¥600

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん03

 初めてです、大勝軒でチャーハンをいただくのは。しっとり系なんですね。味は塩っ気が感じられ、和風な印象があります。かなり日本の平均的な味といえるでしょう。やはり、餅は餅屋。チャーハンに特別感はなく、麺に合わせるならお互いを引き立てるように、という配慮を感じます。なのでチャーハン単品だと少し物足りなさを感じるでしょう。
 あ、そういえば、チャーハンがまだ口の中にある時につけめんのしょっぱいスープを含むと、すごく美味しかったです。これ狙いなんですね。

 明るく活気があるお店になりました。衰退どころか益々繁栄の西台大勝軒。丸長の灯がさらに強く輝き始めました。

西台大勝軒_丸長のれん会_つけめん04

最寄駅 都営三田線「蓮根」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 5

「西台 大勝軒」HP CLIC → http://www.taishouken.jp/

西台 大勝軒 本店つけ麺 / 蓮根駅西台駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4



食べログ グルメブログランキング 07:48 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1153-d5b07b24

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR