勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

板橋チャーハン店「龍王」の、荒々しい岩肌の牛肉バター炒飯。 勝負ランチ

板橋チャーハン店「龍王」の、荒々しい岩肌の牛肉バター炒飯。

     
龍王_板橋_チャーハン022牛肉バター炒飯
¥780

龍王
板橋


 メディアで紹介されて一躍有名店となった、旧中山道沿い「龍王」に初訪問です。です。店構えは女子が勇んで入る雰囲気を醸し出していません。店内はやはり男性100%。1人でテーブルに座る感じてはないレイアウトなので、壁に向いたカウンターに座りました。

 メニューは組み合わせ自由のセットや定食セットなど、目移り必至。ラーメン380円! 平成が終わろうとしているのに。組み合わせ自由のセットも580円、オカズ+オカズの定食も750円。破格のサービスですね。しかし、今回の目的は炒飯。せっかくなので普通の炒飯ではなく、お店のスペシャルを頂くことにします。

龍王_板橋_チャーハン01

「牛肉バター炒飯」¥780
 単品でこの価格は、このお店の最高級品と言えます。炒飯からは湯気が立ち上がり、全貌が明らかになるまで時間を要します。少しづつ雲が切れて全景が露わになってきました。おお。人はなぜ壁に立ち向かうのか、それはそこに岸壁が存在するからだ! その岩肌はまるで福建省の水墨画のよう。ところどころに金塊が見えています。あ、あれが…牛肉か! もはや行く手を遮るものは何も無し、いざ。

龍王_板橋_チャーハン02

 バターの香りはほんのりと。上品です。そして肉の香りが。いつもの炒飯の香りとは一線を画します。濃いのですが、和らげるのはコーンの存在。ニンジンやコーンは冷凍ミックスベジタブルかとも思えたのですが、グリーンピースが入っていないことから考えて、お店でカットしたのではないかとも言えます。どっちでもいいのですがコーンがいい味を出しています。

龍王_板橋_チャーハン03

 玉子から先に炒めた感じがないので、バターと醤油の味がもっと強ければ「焼き飯」の感じなのですがそうとも言えません。
 実は今日は歯ぐきが痛いので牛肉が厳しかったのですが、歯応えより香りで牛肉とバター感を楽しめました。痛さをこらえて、世の男性より倍くらい時間をかけて食べました。

 普通の炒飯ではなかったので恒久的な味の評価は難しいのですが、スペシャルとして満足の炒飯です。ボリュームも男性的でした。スープは味が薄かったですが全体の評価には影響無し。
 さすが板橋を代表する炒飯です。美味しかったです。ごちそうさま。

龍王_板橋_チャーハン04

最寄駅 JR「板橋」・都営三田線「新板橋」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 3
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 6

龍王中華料理 / 新板橋駅板橋駅下板橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング 09:01 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1141-8ee084d8

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR