勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

オノマトペでは表現できない、手から伝わるシズル。「吉祥軒」のチャーハン。 勝負ランチ

オノマトペでは表現できない、手から伝わるシズル。「吉祥軒」のチャーハン。

     
吉祥軒_板橋_チャーハン_181102_01チャーハン
¥700

吉祥軒
志村坂上/ときわ台



 今のところ大繁盛はNGです。しかし地元客が絶えず吸い込まれて行く「吉祥軒」。ご主人の体調が万全ではなく、適度な客入りを希望しているそうです。一時期、貼り紙で一時休業のお知らせが出た時は、地元の方はみなさん心配しました。ご主人の復帰後も、店の意向では混雑を希望していないとのことです。
 私もしばらく遠慮していましたが我慢できず再開後の初訪問となりました。この日も、作業着を着た地元のご常連で満席です。休日ともなると、客が外に並んでいる風景もしょっちゅう目にします。ご主人や女将さんのお人柄と、美味しい中華に引き寄せられてしまうんでしょうね。
 
 厨房ではまだお若そうなご主人が中華鍋を振り上げています。不調をまったく感じさせない迫力ある背中なんです。しかしそんな時に中華鍋を振り上げるような料理をオーダーしてしまい、申しわけありません…。

チャーハン」¥700
 見た瞬間に美味しいとわかるチャーハン、それがこれです。このチャーハンの一番の調味料は「空気」です。それは、その空間を支配する圧倒的存在感という意味もありますが、ご飯粒とご飯粒の間にしっかりと空気が含まれているんです。見てわかるんです。あの大きな背中で、痛みをおして、中華鍋を振り上げた渾身のチャーハンには、空気が多量に混ぜられていたんです。

吉祥軒_板橋_チャーハン_181102_02吉祥軒_板橋_チャーハン_181102_Twitter用

 シャクっとレンゲを差し込んですくいあげると、オノマトペでは表現できない、手から伝わるシズル。重くなく、軽くない。口に放り込むと…頭の中で白い鳩たちが飛び立ち、その背後には虹がかかります。なんというチャーハン。塩加減、胡椒加減、油加減、火加減、そして空気加減…。
 チャーシューの塊が多く、興奮に拍車がかかります。しかし冷静に存在するは卵。フワフワ卵。出たり隠れたりはグリーンピース。私は森の中で妖精たちに見守られているようです。

 ボリュームがあり、チャーシューも脂身が多めなので、男の昼メシ、といったチャーハンです。
 ご常連とご主人の話に耳を傾けていると、ご主人は料理を研究していますね。スパイスや調味料にこだわっているのがわかります。だから、美味しくなっちゃうんです。だから、お客さんが来ちゃうんです。

吉祥軒_板橋_チャーハン_181102_04

 うーん、相変わらずすごいチャーハンでした。参りました。しかしお店の意向を汲み取って、地元ではありますがこれからも控えめに訪問する次第です。ご常連の席を大切にされているお店ですから。
 ご主人、お体を大切になさって下さい。ごちそうさまでした。

最寄駅 都営三田線「志村坂上」・東武東上線「ときわ台」(板橋区
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 9

吉祥軒中華料理 / ときわ台駅

昼総合点★★★★ 4.4



食べログ グルメブログランキング 08:07 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1094-5465f022

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR