勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

中国料理も自信があるんですよご主人は。それでもチャーハンの「丸鶴」。 勝負ランチ

中国料理も自信があるんですよご主人は。それでもチャーハンの「丸鶴」。

     
丸鶴チャーハン_中華板橋大山01★殿堂メニュー
チャーシューチャーハン
¥850

丸鶴
板橋区大山


 丸長系ラーメンを食べようと家を出ましたが今晩の晩酌のおかずを冷やし担々麺に決めていたことを思い出し、急きょハンドルを左に切ってチャーハンを食べにいくことにしました。頭にあったのはこちら「丸鶴」。なぜか今やチャーハンは「板橋のソウルフード」的な存在になっています。TV企画の影響ですね。といっても板橋区周辺に住んでいる方にしか記憶に残っていないと思いますが。その放映で取り上げられたというチャーハンをいただいてみましょう。

 店先に椅子が並んでいます。人気がある証拠ですね。店内の壁紙では、TV放映の影響で混雑が続いていることについて、ご常連に謝っております。ご常連を大切に思う気持ちが伝わってきます。店内は結構広いので今日は満席ではありませんから、ご常連に気を回すことなく座らせていただきました。カウンターのすき間に入れてもらいました。

 チャーハンは5種類。チャーハン、レタス入りチャーハン、海老入りチャーハン、チャーシューチャーハン、とび子チャーハン。とび子!? 北海道では常識食材ですが、ちょっと出来上がりが想像つかないチャーハンですね…。ここは、お店の推しであるチャーシューをいただきたいので、チャーシューチャーハンを注文しました。

 この地域は、東西に延びる路地を斜めに川越街道が貫いています。田畑の畦道を、中山道より近道で川越方面へ抜けるために「比較的」新しく作られた道なのでしょう。江戸時代の話です。

チャーシューチャーハン」¥850
 見るからにチャーシューがてんこ盛りです。まずスープが他の街中華中華スープとは違います。ということはラーメンのスープ側も他店とは違うということなので、オリジナルなスープです。で、美味しいんですこれ。思わずニンマリします。
 チャーハンは一口目から怒濤の総攻撃です。ジャブ、ボディ、左フックがチンに、アッパー、そしてストレート。しかもカウンターパンチ。ダウン、ワン、ツー、ス…おお立った立った。あ、プロレスと間違えた。ライスはまるで炊きたてご飯のようなふっくら系。卵やねぎの甘みに、チャーシューと塩こしょうの塩っ気。ホセ・メンドーサ、あるいは関 拳児といったボクシングマシーンのような完璧さ、でありながら人間味臭いチャーハン。完全体に近いんじゃないでしょうか。
 しかし何ですかこのチャーシュー。嫌味なほど柔らかいわけではなく適度な歯応え、チャーハンおそらくはラーメンも、主役を引き立てる淑やかな塩っ気、これがザクザク入っているんです。チャーザクです。謀ったな、チャー!

丸鶴チャーハン_中華板橋大山02

 アッガイ、いや案外ボリュームがありましたが、グフグフと一気に食べます。周りの食漢たちを見ても、食べるのに結構時間がかかっています。しかしチャーハン注文率が90%以上なんですねえ。ラーメンをつけるかつけないかの差です。

 厨房はご主人お一人です。一徹な雰囲気な方です。その腕で、今まで何杯のチャーハンを作ってきたのでしょうか。しかし、注文がチャーハンばかりなのが不満そうにも見えなくもありません。このお店の最高価格料理は
「エビチリ」¥2,000です。これって街中華の価格ではありません。エビチリ自体は日式中華の代表格ですが。カウンターに積んであるのは、こだわりのオイスターソースの缶。1,000円台以上の中国料理も自信があるんです、ご主人は。街中華、あるいは中国料理、または中華酒場、など枠に収まらない中国系料理屋です。簡単に「街中華」で片付けてはいけません。

 いやあさすが美味しいチャーハンでした。メディアで紹介されて恥じる事ないチャーハンです。この味の継承が心配になります。誰か、お願いします。ごちそうさまでした。

丸鶴チャーハン_中華板橋大山03

最寄駅 東武東上線「大山」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 8

丸鶴つけ麺 / 大山駅

昼総合点★★★★ 4.2



食べログ グルメブログランキング 18:57 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1081-49d55034

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR