勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

海の幸、山の幸、赤い蜂! 地元料理とご常連が温かい酒場「飲み処 おぐろ川」。 勝負ランチ

海の幸、山の幸、赤い蜂! 地元料理とご常連が温かい酒場「飲み処 おぐろ川」。

     
飲み処おぐろ川_飯田_蜂の唐揚げ01赤ハチの唐揚げ
¥時価

飲み処 おぐろ川
長野県飯田


 旅の醍醐味のひとつは、地元の飲兵衛が集まるいい酒場を探り当てることです。……
 鉄道マニアの間で絶大な人気を誇りながら、195.7kmに94駅を擁するため「過酷な路線」として君臨する「JR飯田線」の旅に出ました。JR総武線の各駅停車でも千葉〜三鷹間は60.2km、39駅ですよ。距離は3倍以上で、これがずーっと山間部を走り続けるのです。それ以前に、起点である愛知県「豊橋」駅か長野県「辰野」駅に行くのがこれまた大変なんですよ。覚悟を決めて、いざ。

 頑張れば東京からの日帰りも可能ではありますが、そんなストイックに乗り継ぐより、中間の拠点「飯田」で一泊することにしますよ。なにしろ「青春18きっぷ」で新宿から各駅停車で来てますからね。途中泊もバチはあたらないでしょ。

 高地とはいえ今年の夏はハンパないらしく、飯田の家電商店ではクーラーの仕入れが全然間に合っていないそうです。そんな暑い夕暮れの市街地を、嗅覚をきかせて歩き回ります。
 路地を曲がると、中から賑やかな声が聞こえる酒場がありました。この感じは、私がガラリと扉を開けると地元の常連が私の方を一斉に見て、おや? という表情をする、あの完全アウェーの予感がします。だけど、旅の恥はかきすて。どうとでもなれ。俺は美味い料理と酒が飲みたいだけなんだ。よろしく頼むよ、ご常連たち……では扉を開けますよっ。ガラッ。緊張の一瞬。

 こ、コの字カウンター…。その頂点に座する、店を仕切る親分肌の客。その方に座る席を促されてその通りに座らせていただきます。…ゴクリ。どういう展開になるのか。
 あれ、どうやらこの親分、お店の大将のようです。そりゃ仕切るわな。カウンターの外側にいるからわからんのですよ、ややこし。

 店内はもちろん皆さんご常連なのですが、全員が顔見知りなわけではなさそうです。キンキンのビールを一口飲んで、ようやく場の空気に馴染んでいきます。そんなにグイグイこちらの間に入って来る事もなさそうで、意外と大丈夫そうです。よかった…。
 肴は、山の中の酒場なのに海の魚も多いです。ホワイトボードのオススメをいくつかオーダーしました。大将はすでにゴキゲンですが、厨房で働く女性陣がしっかりしています。

 お品書きには価格表示がありません。すべて時価と考えていいでしょう。ちなみに生ビールは700円と、ちと高め設定です。

「赤ハチの唐揚げ」
 メニューに、赤やスズメの料理が書かれているんですよ。虫ジビエですね。一度はも食べてみたいとは思っていますよ。だけどねえ…一皿にモリっと出てきて喰えるかっつったら無理です。一匹だけちょいとつまんでみたいなあ、などと考えていたんです。すると期せずして、カウンター向かいのご夫婦がその「赤の唐揚げ」をオーダーしていたようで、その皿に目が釘付けになってしまいました。! すると心が読まれてしまったか、ご主人が「よかったら食べなよ」と皿を差し出してきました。えええええーっ! どうしよう! とりあえず「あ、ありがとうございます。」と言ったものの、目の前に、蜂そのものが! これは逃げられません。「では、失礼します!」。
 箸でつかんで、一匹。……。ん。んん? むっ。…イケルかも。大丈夫かも。川海老っぽい食感。味も海老っぽい。はあ、なるほど。くれたご主人は、他にも蜂はいろいろな食べ方があることを教えてくれました。どれもキビシイ食べ方でした…。一体、何者? 滋養強壮、スタミナ補給に最高なんだそうです。とにかく、ごちそうさまですご主人。いい体験ができました。

飲み処おぐろ川_飯田_蜂の唐揚げ01

「真イカの刺身」
 山の中でも、こんな新鮮なイカがいただけるんですね。太平洋側からでしょうか、日本海側からでしょうか。わかりませんが、しっかり新鮮。おいしゅうございます。

飲み処おぐろ川_飯田_蜂の唐揚げ02飲み処おぐろ川_飯田_蜂の唐揚げ03

「太刀魚の塩焼き」
 これもしっかりした身の太刀魚です。塩加減もバッチリ、醤油いらずです。山間部だからって「山菜を楽しむ」なんて固定概念はいけません。いい酒場には、ちゃんと集まってくるんです、いい材料といい仲間が。

「そうめん 岩魚出汁つゆ」
 岩魚はやはり山の食材ですよね。昔はよく渓流に分け入って釣にいったもんですが。こちらのお店には「岩魚の骨酒」もあります。ただ2合縛りのようで、それはちょっとキツいかな、と。
 そうめんも美味しいですが、やはりつゆがいいですね。岩魚らしさはそんなに強くは感じませんが、海の出汁とは違う、ほんのり川の香りがするつゆです。美味しいですねえ。

飲み処おぐろ川_飯田_蜂の唐揚げ04飲み処おぐろ川_飯田_蜂の唐揚げ05

 思ったより回転の早いお店で、長居ぜず帰る方もいます。しかしすぐに新しいご常連が入店してきます。やはり人気です。ちょいちょいご常連の会話に入り込みながら、楽しい時は過ぎていきます。

 お会計は、常識的でした。ビールが高い分だけちょっと高いかな、という程度で、料理だけなら良心的ですね。
 コの字カウンターを囲んで、いい肴をいただきました。大将、ご常連の皆さん、ありがとうございました。ごちそうさまでした。

最寄駅 JR飯田線「飯田」(長野県飯田
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 6

飲み処おぐろ川焼き鳥 / 飯田駅桜町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング 09:00 | トラックバック:0 | 全国 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1071-9dada76a

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR