勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

サラッとツルッとせいろで踊る、青山の人気蕎麦「蕎麦きり みよた」。 勝負ランチ

サラッとツルッとせいろで踊る、青山の人気蕎麦「蕎麦きり みよた」。

     
蕎麦きりみよた青山本店鴨せいろ01鴨 板せいろ
¥780

蕎麦きり みよた 青山本店
青山表参道



 いつも並んでいる「蕎麦きり みよた」。いつも諦めていたのですが、今日は意を決して私も列の最後尾へ。しかし今日は警報が出るほどの酷暑、早く中に入りたいー! でも並んでいたのは7〜8分ほどで、いざ入店。店内はカウンター15席。サラリーマン集団が入りずらいストイックな蕎麦屋ですね。女性1人客が多いです。
 お店のSNS情報では「対馬の極上天然穴子」が期間限定で入荷されているとのこと。それそれ。でも「鴨」も捨てきれず。お店のお姉さんに「穴子天は単品でもお願いできますか?」とお伺いすると、「本日は穴子がないんですよ…」との返答。残念! じっつっにっ残念! でもダイジョウブ。私には鴨がついている。私がネギを背負っていますから。
 ご主人によると、西日本の豪雨災害で穴子の輸送に影響が出ているとのことです。そのご主人、ものすごく忙しく蕎麦を茹でたり盛ったりしています。素早い手さばきでどんどん提供していきます。職人ですね。もちろん開店前はそば打ちをしているようです。

蕎麦きりみよた青山本店鴨せいろ02蕎麦きりみよた青山本店鴨せいろ03

「鴨 板せいろ」¥780
 蕎麦は涼しげ、つゆはアツアツ。つゆの中に鴨肉が3切れ。いただきます。つゆ、出汁がきいて醤油濃いめの味。この猛暑にはこのしょっぱさがちょうどいいですね。鴨は柔らかく、脂身も美味しいです。
 蕎麦は喉ごしがいいツルツル麺。しかし歯応えが心地いいコシの強さ。蕎麦の風味は控えめ。ゴツゴツの田舎蕎麦とは一線を画します。蕎麦の産地はわかりませんが、青山の蕎麦ですね。一本一本が長いのが特徴です。ざるの上でサラサラと踊ります。

 最後は蕎麦湯でシメ。つゆが濃いめの味なので蕎麦湯も多めに入れます。おお、美味い。汗かいた身体に染みていきます。

 青山の一等地で、この低価格でこのクオリティの蕎麦を出す「蕎麦きり みよた」。人気のわけがわかります。店員みなさんが手際良く、並び客を減らそうと努力しているのがわかります。特にご主人、いい仕事です。ごちそうさまでした。
 外は獄門島のようなつらい陽射し。そばつゆがこの夏を乗り切らせてくれそうです。美味かったー。

蕎麦きりみよた青山本店鴨せいろ04

最寄駅 東京メトロ「表参道」(渋谷区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  9
料理の味・誠実度  9
好き度・リピート感 8

「蕎麦きり みよた 青山本店」facebook CLIC → https://www.facebook.com/SobakiriMiyota/

蕎麦きり みよたそば(蕎麦) / 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

昼総合点★★★★ 4.0



食べログ グルメブログランキング 18:55 | トラックバック:0 | 六本木,表参道 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1061-faa7d1df

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR