勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

美しき曜変天目スープ。本場の勝浦式タンタンメン、板橋「和宮」。 勝負ランチ

美しき曜変天目スープ。本場の勝浦式タンタンメン、板橋「和宮」。

     
和宮_板橋区役所前_勝浦タンタンメン01勝浦式タンタンメン
¥700

和宮
板橋区役所前


 わざわざ勝浦タンタンメンを食べに鉄道乗り継いで鵜原に降り立ったのはすでに3年前。元祖を謳う「こだま」の勝浦タンタンメンは美味かったなあ。しかし今は、ここ板橋で本場の味がいただけると知って地下鉄に乗って向かいました。
 夕闇迫る板橋区役所、ささやかに軒を連ねる歓楽街の中程に「和宮」はあります。ここでは「勝浦式」タンタンメンという品名です。地域団体商標である「勝浦タンタンメン船団」に登録された地元のお店以外は「勝浦タンタンメン」の名を使用してはいけないそうです。東京では1店舗しか認可されていないそうですが、こちらのご主人たちは勝浦のお店で修行されていたということで、本物の味がいただけるそうです。ここ「和宮」も認可して下さいね。
 地元で提供される平均価格と同じ700円。こういうこだわりがいいんですね。辛さは、マイルド・普通・2倍・3倍とあり、激辛は100円増しになるそうです。私は、普通で。

「勝浦式タンタンメン」¥700
 オレンジ色に済んだスープ。勝浦式は白湯スープではなく醤油ベース鶏ガラスープなので、透明感があります。少し大きめの玉ねぎが麺をかくしています。トッピングは白髪ネギデフォルト。いただきます。

和宮_板橋区役所前_勝浦タンタンメン02和宮_板橋区役所前_勝浦タンタンメン03

 レンゲでスープをすくうと、まるで国宝「曜変天目茶碗」のような幽玄で深い油滴模様が。綺麗ですね。辣油の仕業ですね。そしてもちろん、辛いです。普通にしておいて良かった…。美味しくいただける限界でしょう。2辛でも食べられますが、スープの深みがわからなくなりますからね。これでいいんです。
 玉ねぎが辛さを抑えてくれます。ザクッと切ってあるのがいいですね。スープに広がりを与えてくれる甘みです。そぼろ肉は丼底に沈んでいる場合が多いので、最初に底の方からしっかり混ぜて食べる事をお勧めします。この丼も、想像より多くそぼろが入っていました。混ぜまぜして正解。
 麺は、中細のちぢれ麺。麺は勝浦でも各店舗で微妙に太さやちぢれ型に工夫が見られます。スープ定義のラーメンなんでしょうね。

和宮_板橋区役所前_勝浦タンタンメン04
 
 うう、やっぱり汗がたっぷり出て来ます。夏ですからね。でも勝浦タンタンメンはこうでなくちゃ。
 いやあ美味しいですね。結局スープも一滴残らず完飲。本場の味、堪能しました。わざわざ外房まで行かなくても、ここでいいんじゃないですか?

和宮_板橋区役所前_勝浦タンタンメン05

最寄駅 都営三田線「板橋区役所前」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 7

和宮ラーメン / 板橋区役所前駅大山駅下板橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9



食べログ グルメブログランキング 08:39 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1060-1d46418c

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR