勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

明治43年創業「石ばし」。この美味しい鰻を永続的に江戸庶民に提供して下さい。 勝負ランチ

明治43年創業「石ばし」。この美味しい鰻を永続的に江戸庶民に提供して下さい。

     
石ばしうなぎ特上江戸川橋01殿堂メニュー
うな重 特上
¥6,800

江戸川 石ばし
江戸川橋


 本日はちょっとした記念日、憧れの「石ばし」の鰻をいただきに来ました。鴨浮かぶ神田川から少し入った静かな一角にありました。見えてきた外壁レンガはイギリス積みですね。目地は珍しい山型の覆輪目地。板橋の凸版印刷の外壁と同じです。印刷業のエリアですからやはり何かしら関係しているんでしょうかね。その門をくぐると瀟洒な玄関まで、静寂のアプローチです。

石ばしうなぎ特上江戸川橋08

 お座敷に上がります。掛軸は初夏を意識した鯉のぼりの柄。その元には生花。生花は、朝からお待ちしていました、という暗黙の趣旨の証し。おもてなしの気持ちの現れです。いやあ落ち着く空間ですねー。

 まずビールを一本。お酒をオーダーするとお通しがつきます。今日のお通しは「おぼろ豆腐」「3種の先付」。3種の内容は、宇部のかまぼこと山葵味噌、富山のホタルイカ、です。うん、どれもいいですね。美味しいです。これらを肴に、鰻が焼けるのをしばらく待ちましょう。

石ばしうなぎ特上江戸川橋04石ばしうなぎ特上江戸川橋05

 鰻は九州か静岡かどちらかのものだそうです。作り方は江戸前なので、背開き・白焼き・蒸し・炭焼き、の手順です。蒸し器に1時間入れるので…と書いてあるので、首を長くして我慢の時間が続きます。ああ、早く早く。

うな重 特上」¥6,800
 着席から45分、大奮発の特上が配膳されました。輪島塗の器、蓋には牡丹の唐塗り風の絵付け。ドキドキしながら牡丹を開けると…、おおお眩しい! 鰻でご飯が見えない重なんて…! 今なら「愛してる」といえる気がする。うなぎ、1本半。幸せなショウタイムの始まりです。
 鰻はしっとりでフカフカです。これは、う、うない、じゃなくて、美味い。なんじゃこりゃ。食べながらニヤツキが止まりません。ほのかな炭の香り。分厚いクセして舌の上で溶けていく身。なんじゃこりゃ。鰻の質も調理も完璧ペキ男じゃないですか。いい意味でこの世の食べ物とは思えないですよ、これは。美味いーっ!
 ご飯は少し硬めで、箸でスクエア状に区切ったキューブがそのままの形で持ち上がってきます。好みの質感です。立ったお米にこちらもスタンディングオベーション。
 そして、タレに頼らない重です。甘さも辛さも感じない、自然な風味のタレなので、その存在すら忘れていました。まるで枯山水庭園の境地。造作していることを悟られない自然のおもむくままのあり方。すごいタレもあったもんです。ホントに美味しいタレですね。

石ばしうなぎ特上江戸川橋02石ばしうなぎ特上江戸川橋03

 山椒は和歌山産だそうです。真ん中のうなぎに振りかけてみました。なるほど、味より香りの山椒です。タレより存在感ある山椒です。少し柑橘系も混ざっているかな? とにかくこんな風味、香りの山椒は初めてです。
 ただ正直いって、この鰻は山椒いらずです。そのままが一番美味しい鰻だと思います。ああ、愛してる。

 消費者はもちろんのこと、鰻を提供するお店にしてもこれ以上の鰻の高騰は望ましいはずはありません。シラスから自然環境で繁殖させることが困難だと聞きます。これだけ鰻を美味しくする調理技術があっても、いい鰻が育ってこそです。食べる側も何か協力していかなければ、この日本が誇る鰻料理は、一部の裕福な方だけが手が届く細々とした産業になってしまいます。

 この美味しい鰻を、これからも永続的に江戸庶民に提供していってほしいと、切に願います。日本が誇る鰻料理をみんなで守るぞ! 江戸川橋「石ばし」の雑品うな重
 本日は、大変美味しゅうございました。ありがとうございました。ごちそうさま。

石ばしうなぎ特上江戸川橋06石ばしうなぎ特上江戸川橋07

最寄駅 東京メトロ有楽町線「江戸川橋」(文京区)
衛生感・落ち着き度 10
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度  10
好き度・リピート感  8

「江戸川 石ばし」ホームページ CLIC → http://unagi-ishibashi.com/index.html

石ばしうなぎ / 江戸川橋駅神楽坂駅茗荷谷駅

夜総合点★★★★★ 5.0



食べログ グルメブログランキング 08:46 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1042-e1df7996

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR