勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

大盛況満員御礼のもつ焼き屋、川越「やじろ兵衛」。 勝負ランチ

大盛況満員御礼のもつ焼き屋、川越「やじろ兵衛」。

     
やじろ兵衛川越もつ焼き01ハツ
¥250(2本)

やじろ兵衛 やじろべえ
川越

 今夜の給油は川越で。川越は鰻屋が多いんです。悩みましたが、財布事情を鑑みてモツ焼き酒場へ向かう事にしました。選んだのは「やじろ兵衛」。屋号がちょっと軽めで好みではないのですが、吉田類さんも太鼓判とのことなので、入店してみました。

 席はまだ空いているようですが、カウンターの一番奥へ通されました。しばらくすると、あれよあれよという間に、満席になっていきました。すごい人気の酒場でした。

 では串をガンガン焼いていただきましょう。もつ串は2本縛りです。まずは「レバー」「ハツ」「皮」「アスパラ巻き」を。全部、塩で。
 なーるほど。人気のわけがわかります。新鮮なんですね。川越だと、どの市場から仕入れるのでしょうかね。それとも産直でしょうかね。レバーとハツ、いいですね。
 焼き台は、遠赤外線ロースター。店内が煙ったくなることはありません。

「まぐろアゴ刺し」をいただきます。こちらは解凍です。これも稀少部位といえます。皿には2種の部位がのっています。片方はくじらっぽい色味ですが、食べてみるとくじらではではありません。だから、まぐろアゴだっていってるのに。でもどうなんだろう。食べた事ないので、これが顎肉かどうか判断がつきません。
 もう片方は明らかにマグロ色。中トロっぽいピンク色。こちらは脂がのって、下の上でトゥルッと溶けてなくなる感じです。うん、美味い。

やじろ兵衛川越もつ焼き02やじろ兵衛川越もつ焼き03

 今度はタレで「シロ」「スタミナ」を。「スタミナ」はすでに味がついているようで、タレではありませんでした。スタミナって、どこの肉でしょうか。生の肉を見ても焼かれたものを見ても、実際に食べても判りませんでした。モツっぽくない食感でしたが。では何がスタミナかというと、ニンニクに浸かっていたような香りです。そういうことです。

「シロ」に関して私は、この店なら大丈夫そうだと思わない限りオーダーしません。最初にオーダーしたことはありません。ハズレると、いつまでも口の中に残る噛み切れないやりきれないシロだからです。さて、この店なら、と思いオーダーしたのですが、…やはり噛み切れないやつでしたか。うーん。ただ、味はいいです。肉の味も、タレも美味しいです。むしろタレで正解でしょう。この店に限ったはなしではなく、私はシロが苦手なんでしょうね。

 多くのテーブルで「ガツ刺し」を食べています。あれ、美味そうだなあ。でももう腹一杯。
 店員が多くてレスポンスがいいので、居心地いいですね。川越でモツならここですね。ごちそうさまでした。

やじろ兵衛川越もつ焼き05やじろ兵衛川越もつ焼き04

最寄駅 JR・東武「川越」(埼玉県)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 5

やじろ兵衛居酒屋 / 川越駅本川越駅川越市駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5



食べログ グルメブログランキング 19:34 | トラックバック:0 | 関東 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1022-fa20828f

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR