勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

春は別れの季節、栄光の650円「天丼 いもや」閉店。アディオス。 勝負ランチ

春は別れの季節、栄光の650円「天丼 いもや」閉店。アディオス。

     
天丼いもや神保町閉店01天丼
¥650

天丼 いもや
神保町


 大人とはこういう店でこういう雰囲気で昼メシを食べるんだ、と衝撃を受けた「いもや」。長い歴史に幕を閉じると聞いて、閉店2日前に列に加わった。もちろん仕事は休んで来ている。ここ大事。
 10:40、開店20分前だが奥の「卯佐」の前が最後尾。私の後もどんどん並び、一本裏の細道まで行列ができ、この一区画を囲むほどになった。全盛期のまま身を引く印象が強い。閉店の理由は、私は知らない。

 カウンターに座れたのは11:45。言い方は悪いが「マシン」のような動きの、細身の大将が味噌汁を給仕してくれた。昔は大将が油にネタを浮かべながら「お客さん、天丼ですかー?」と聞いてくれていた。今は若旦那が揚げてくれている。大将、今日もマシンのようだ。ご健在。「お客さん、天丼ですかー?」の名台詞も今日が聞き納め。もちろん天丼です。「海老天丼」なんてオーダーしたことないなあ。

 丼に盛られた揚げたての天ぷらにタレをかける時、「ジュワーーーっ」と音がする。この音を聞くために来ている、といっても大げさではない。最期のいもやの「天丼」だ。心して、ゆっくりいただくこう。ネタは、かぼちゃ、イカ、キス、海苔、海老。いつものラインナップ。
 もちろん、美味いに決まってる。アツアツのメシ、熟成のタレ、老練の技術で揚がったタネ。一口ひとくち、噛みしめる。金子半之助がなんだ。間違いなく日本の天丼界を牽引してきたのは、いもやだ。なんてな。
 今日はやけに「海老天丼」を食べている客が多い。よいうより、一回転目から女性客がすごく多い。だから、回転が悪い。今までの訪問では女子率はほぼゼロが多かったのだが、最期の一杯を求めて老若ニャンニョ、殺到している。わかるわかる。

天丼いもや神保町閉店02天丼いもや神保町閉店03

 ああ、美味いぞ。いもやの天丼、美味いぞ。気がつけば、最期の海老天をかじっているところだ。これで、終わりだ。一つの時代が、終わりだ。大将に、「ごちそうさま」。

 店を出て、振り返る。白いのれんもこれで見納め。本当に長い間、お疲れ様でした。らーめんさぶちゃん、ハングリー味川など、最近このエリアの名店が次々と姿を消していく。歳をとるとはこういうことか。いもや、いい店だったなあ。アディオス。

 さぶちゃん、とんかつ いもや、天丼 いもやが無くなった。行列は「みかさ」「卸)神保町食肉センター」に引き継がれた。負担は重い。しかし新たな神保町の歴史を作っていってほしい。現在の若者たちが将来、私たちのように「いもや」を懐かしむように。

天丼いもや神保町閉店04

最寄駅 東京メトロ「神保町」(千代田区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  10
料理の味・誠実度  10
好き度・リピート感 10

天丼 いもや 二丁目天丼店 天丼・天重 / 神保町駅九段下駅水道橋駅

昼総合点★★★★ 4.5



食べログ グルメブログランキング 08:46 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP



トラックバックURLは http://lunch.obiking.jp/tb.php/1020-73435880

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR