勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

2017年11月 勝負ランチ

ここは北イタリア ペッリチェ渓谷。ドラマティック「フィオッキ」の夜。

     
フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン05
★殿堂メニュー
鴨、大麦、ポルチーニ茸のミネストリーナ

リストランテ フィオッキ
祖師ケ谷大蔵


 今夜はちょっと背伸びして祖師ヶ谷大蔵「リストランテ フィオッキ」さんにおじゃましました。店内は暖かい雰囲気で家庭的な空気が漂います。さすが名店、照明のルクスが絶妙です。ウェイトレスさんも対応が丁寧です。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン18
フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン20

 予約時に「ヴァルド派の郷土料理コース」でお願いしました。そのヴァルド派について説明がありました。中世のイタリア、小さな町で宗教的相違による迫害を受けたヴァルド派は北イタリアの山岳地帯の渓谷に追いやられ、住み着いたそうです。素朴ながらイタリアの原風景を想像させてくれる料理が期待出来そうです。
 また、オリーブを育てる文化がないので、料理にオリーブオイルは使わないそうです。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン19

「バーニャカウダ」
 なんだこのソースは! これは美味い! いきなりこうきたか。クルミ油を使用しているそうです。このソースだけでビール一本いけます。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン01

「鰻とパプリカ、赤ワインのテリーヌ、ハーブのサラダ」
 ハーブたっぷりです。ちょっと苦手な葉っぱもありますが、カンゾウのパウダーとハチミツが助けてくれます。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン02

「信州鱒のコンフィ パンチェッタ巻き、胡桃オイルとフランポワーズヴィネガーのマイオネーゼ」
 信州で時間をかけて育った鱒だそうです。身が引き締まっています。マヨネーズ、おいしいですね。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン03

「鴨、大麦、ポルチーニ茸のミネストリーナ」
 なんだこのスープ! 芳醇な香り! 香りだけで日本酒一合はいけます。キノコの香り、甘い大麦、そして柔らかい鴨肉。毎日昼ご飯はこれだけでOK。究極のダイエットフードかも知れません。ミネストローネの概念、覆りますよ。これは美味い。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン05

 ソムリエがワイン初心者の私にもすごく丁寧に1本1本説明して下さり、おいしいワインをいただくことができました。白も赤も、お好み通りに提供してくれます。ワインて、美味しいのは美味しいんですね。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン04
フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン08
フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン09

 シェフの堀川 亮 氏が挨拶にきてくれました。堀川シェフ、美味しいですよ、美味しいですおー!

「岡山の山羊のチーズのニョケッティ、野菜のインティンゴロとタイムバター」
 コロッとしたニョッキと野菜が、チーズなどで和えられた料理です。説明は受けたのですが、一体想像がつかない料理です。ただただ、とにかく美味しいだけです。こんな食感なかなかないですね。味の解説は無理です。美味いっ! 以上。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン06

「スッパ・バルベッタ」
 ヴァルド派が住んでいるピエモンテ州の「ズペッタ」という料理です。スッパは、この地方の方言で「豚のスープ」、バルベッタは「短いひげ」。グリッシーニ、キャベツ、チーズなどを層にしてグリルしたものです。長~いグリッシーニの見た目から「豚のヒゲ」とも呼ばれているそうです。グリッシーニとはパンの一種らしいですが、パスタかマカロニのような質感です。
 スープということですが、グリッシーニが全て吸ってしまい、液状ではありません。ナツメグが大量に使われていて、人の1年分のナツメグをこの一皿で消費できます、とのことです。しかしナツメグの味は前面に出しゃばらず、複雑な香りのソース?スープ?です。キャベツがいい味出してます。これももちろん美味しい!

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン07

「仔羊の藁包みロースト、ヴァルド派の農家料理」
 キター、豪快な肉料理。ほぼ生肉の様相です。家庭のストーブの火でじっくりじっくり時間をかけて藁包みで焼いた、というより炙った羊肉です。傍のココットには灰が入っていて、中からポテトが丸のまま出てきました。これもじっくり熱を加えているそうです。
 ヒツジ、美味い!表面は熱で焼けていますが、中まで火が通っていないので、レアです。骨も手で持ってしゃぶりつきます。まるで獣のように肉に食らいつきます。「はじめ人間ギャートルズ」の「マンモスの肉」を思い出しますね。白ワインから、またビールへ乗り換えます。これ、ビールでしょう!

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン10
フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン11
フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン12
フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン14

「ドルチェ」
 柚子づくしのお口直しです。アイスと果実のブレンド。柚子はちょっと苦手なので、顔を酸っぱくさせて食べきりました。

「ペッリチェ渓谷の情景」
 標記の品名で提供されたのは、
 山羊のミルクのビアンコマンジャーレ、木苺、ブルーベリー、ヘーゼルナッツのジェラードとプラリネ、甘草(カンゾウ)のシロップ煮。険しいながらも生き生きとした生活の場「ペッリチェ渓谷」を表現した荒々しいデザートです。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン16

「小菓子とカフェ」
 エスプレッソと共に小さなシューが。すでにお腹一杯なのですが、頑張っていただきました。基本的に、スウィーツは私には不向きな料理なんです。飲兵衛なので、甘いお菓子はちょっと…ね。

 いやあ、お腹いっぱいです。フレンチやイタリアンのコース料理でお腹一杯になることは珍しいのですが、おそらく原因は、生の羊肉をしゃぶり尽くして満足した後にボリュームあるデザートの3連発、だと思います。
 特筆は、ミネストローネ、スッパ・バルべッタ、仔羊の藁包みロースト。とりわけミネストローネ。これは美味かったなあ。もっと食べたいなあ。
 サービスもさすがでした。ウェイトレスもソムリエも、声がいいんです。なんとなくうっとりしてしまいました。

 ヴァルド派の郷土料理、堪能しました。満足! わざわざお見送りしていただいた堀川シェフ、ごちそうさまでした。美味しい夜、いい記念日となりました。

フィオッキ祖師ケ谷大蔵イタリアン17

最寄駅 小田急線「祖師ケ谷大蔵」(世田谷区)
衛生感・落ち着き度 10
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度  10
好き度・リピート感  7

「Fiocchi」ホームページ CLIC → http://www.fiocchi-web.com/index/

フィオッキイタリアン / 祖師ケ谷大蔵駅成城学園前駅

夜総合点★★★★ 4.5



食べログ グルメブログランキング 16:50 | トラックバック:0 | 目黒,世田谷 周辺 |TOP


90秒+117年のチャーハン。神保町の老舗「萬楽飯店」。

     
萬楽飯店神保町老舗中華01殿堂メニュー
チャーハン
¥600

萬楽飯店
神保町

 三省堂に行ったついでに、早めのメシを食べようとぶらり散歩。そうだ、以前通りかかって気になっていたあの中華へ行ってみよう。確かこの路地を入ると…あったあった。屋号は「萬楽飯店」か。
 店内はうなぎの寝床のように細長く、奥行きがあります。カウンターに座ってメニューを。…やっぱりチャーハンかな。チャーハンひとつ下さい。
 餃子も、と思ったら、餃子は14:00〜との表示が! 残念!

 待っている間にこの店のことを調べてみます。なんと、ものすごい老舗のようです。開業は明治45年。ということは、創業117年!? えらいこっちゃ…おっと、もうきた。速いぞ、チャーハン!90秒!

 トッピングは紅ショウガ。グリーンピースも発見。ナルトは…ないか。おっ。おおっ。美味いぞ。美味いぞー。目の前で中華鍋を振っているご主人が一体何代目なのかは計りかねますが、お若そうです。それにしては老練の味。お店を継いで30年だとして、一日20皿のチャーハンを作ったとして、20皿×平日5日間を50週×30年として…。150,000皿!? そりゃ老練だわ! しかも雑な感じがしない。味が落ちていくお店もありますが、こちらは変わらぬ味を継承中です。

萬楽飯店神保町老舗中華02萬楽飯店神保町老舗中華03

 火入れ加減、塩加減、ご飯の湿気、どれもが秀逸です。というか好みです。まだ空いている時間とあって、ご主人も落ち着いて作れたこともあるでしょう。でもこのご主人なら、混んでいても同じクオリティで提供することができそうです。なんと美味いチャーハン!

 女将さんは、この土地のことを知り尽くしているようです。郵便配達の方が、女将さんに「この住所はどこか」と聞きに入ってきました。間違えている住所に対して女将さんは「あそこの○○ビルの3階にいる○○さんだね」と答えておりました。敬服いたします。

 一気に食べ切りました。ここがどこだか忘れてしまうほど集中していました。ああ、神保町だった。このチャーハン、私の中では殿堂入りです。ああ、清々しい昼。ごちそうさまでした。

 まだ見ぬ大井町「萬来園」の昼限定チャーハンは食べていないので比較できないものの、東京でも屈指の「町チャーハン」の可能性を秘めています。チャーハンの権威の方、冷静なジャッジをお願いできればと思います。

最寄駅 都営・メトロ「神保町」(千代田区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  8
好き度・リピート感 8

萬楽飯店中華料理 / 神保町駅小川町駅新御茶ノ水駅

昼総合点★★★★ 4.0


食べログ グルメブログランキング 17:58 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP


板橋区高島平の寿司屋「一力」の、中トロ丼。

     
一力新高島平海鮮01中トロ丼
¥1,000(税込)

食堂 一力
新高島平



 日曜も昼から暖簾を出す寿司屋はこの辺では珍しいといえるでしょう。都営三田線の終点からひとつ手前の「新高島平」まで、窓から初冬の暖かい陽が差す電車に揺られてきました。改札を出て1分、屋号「一力」さんに訪問しました。
 大将と女将さんのお二人が休憩していたところに入店してしまいました。すみません。女将さんが熱いお茶を持ってきてくれました。壁のメニューを見回すと、期待通りの海鮮メニューが豊富です。夜の海鮮メニューも充実。昼来たら夜メニューがうらやましく感じるし、夜に来ればランチの丼ぶりメニューに惹かれるし…食べ歩いているとそういった感傷を幾度となく繰り返しているんです。

 決めた。ケチケチせずに「中トロ丼」だ! 大将、お願いします。

 まずお味噌汁が来ます。続いて、おお、おでん! おでんが付くのか。ありがとうございます。大根と厚揚げ、昆布です。ちょいちょいつついていると、きましたよ主役が。

 中トロが6切れ。かんぴょうとガリ。卵焼き。ふふん。いただきます。ご飯は酢メシです。どれ中トロを。うむ。見た目は赤身に近い感じですが、食べた感じも赤身に近い感じです。確かに舌の上で柔らかく踊りますが、とろける身ではありません。しっかりした中トロです。上品です。あまり脂がのりすぎていると6切れも食べられませんから、これくらいでちょうどです。甘過ぎない卵もいいですね。甘すぎる江戸前卵焼きもありますが、ここは適度です。

 サービスで自家製お新香が供されました。こういうの、いいですね。マグロ、おでん、お新香をローテーションさせて酢メシをかき込んでいきます。うん、美味かった。お茶をズズーッと一口。日本に生まれて良かったと思う一瞬です。

 気さくな大将と、気遣いのある女将さん。いいお店でした。次はやっぱり、夜ですね。ごちそうさまでした。

一力新高島平海鮮02一力新高島平海鮮03
海鮮丼 ¥800(税込)

一力新高島平海鮮04

最寄駅 都営三田線「新高島平」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 5
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 5

「一力」情報 CLIC → http://takashimadairatown-pc.com/?p=2271

一力魚介・海鮮料理 / 新高島平駅西高島平駅高島平駅

昼総合点★★★☆☆ 3.3


食べログ グルメブログランキング 17:55 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


板橋区赤塚の韓国料理「チョンサ チョロン」のスンドゥブチゲ。

     
チョンサチョロン韓国料理下赤塚02
スンドゥブチゲ定食
¥700

チョンサ チョロン
板橋 赤塚



 一仕事終えたら、急に腹が減った。急に原ヘルスだ。今日は今季一番の冷え込み。おまけに雨も降って来た。早く店を探さねば老体に差し障る。さて何を喰おうか。あれは…インドカレー屋か。よしキープしておいて、もう少し探してみよう。…中華料理か、かなり古い佇まいだぞ。ハズしたら困るな。ここは次回までキープだ。もう少しだけ歩いてみよう。しかし限界は近い。…むっ! 韓国料理かっ。店先のメニューを見ると料理が全部真っ赤っかだぞ。これは暖まりそうだ。よし、ここにしよう。

 客は…まだ誰もいないな。店は女性2人でやっているのか。愛想がよくていい感じ。ランチメニューは…と。おおっ。メニューのみなさん、アニョハセヨ。一体どれを食べたらいいんだ。くっ、いかんいかん。店先のメニューで、赤いものを食べようと決めたじゃないか。浮気はいかん。しからば、ここは…。

 すみませーん。この「スンドゥブチゲ定食」を下さい。ふーー。あやうく崖から落ちるところだった。
 待っている間に屋号の意味を調べてみるか。なになに、「チョンサチョロン」とは、赤い絹と青い絹で作られた「ちょうちん」のことなのか。ああ、そういえば階下の入り口に吊るしてあったな。なになに、男と女の出会い、逢瀬を表していて、婚礼や祭事で使われるのか。なんとも心が温まるちょうちんじゃないか。韓国の温もりを感じるなあ。

 さて夜はどんなメニューなんだ。メニュー表は、これか。おっと、配膳が早いな。もう来たぞ。まずはお惣菜たちから。ほう、華やかでいい賑わいじゃないか。たっぷりのサラダ、カクテキ、もやしナムル、竹輪煮付け。いいぞ。韓国昼餐会の始まりだ。

チョンサチョロン韓国料理下赤塚05

 おっ、きたぞ、スンドゥブチゲ。おおっ、真っ赤っか。花椒のトッピングか。メシもいい盛りだ、しかも炊きたての感じだぞ。いただきます。
 アツッ! スンドゥブ熱い。そりゃそうか、鍋の中はまだグラグラと煮たっているからなあ。少しスプーンで冷まそう。メシは…うん、美味いぞ。米が立っている。俺好みの、やわらか炊きだ。胃袋が腕まくりしている。

 よし、そろそろスープいこう。お、美味いなあ、このスンドゥブチゲ! 体も心も暖まるなあ。豆腐は汲み上げか。形を成さない豆腐だ。辛い。辛いぞ。美味いぞ。あれっ、貝殻が。アサリ入りか。これはとんだ飛び入り参加だ。アサリちゃん、いらっしゃい。鍋に海鮮風味が広がってきたぞ。
 お、なんと卵もいたのか。そうか、冷静に考えればスンドゥブチゲには卵、よく入っているな。半熟加減も絶妙だ。辛さの中に、甘み流出。ラブ注出。

チョンサチョロン韓国料理下赤塚01チョンサチョロン韓国料理下赤塚03

 底の方にいくほどスープが辛くなってきたぞ。いよいよ直線ゴール前だ。ここで炊きたてご飯のムチが飛ぶ。手綱を短く持ち替えて、追え、追うのだ。ちなみにゴール前で騎手が馬の頭を押すあの動作は、押しているのではなく引くことに意味があるのだ。…今はそんなことはどうでもいい、ゴールめがけて、デムーロの風車ムチのようにスープをすくい取るのだ。そして…ゴール! 花椒、いやハナ差の勝利だ。

 ふう。とめどなく流るる鼻水をかもう。韓国料理はまるでスポーツだ。いい汗をかいた。美味しかったです、ごちそうさまでした。

 しまった、汗をかいたから、外はさらに寒く感じるぞ。でも体の芯はポカポカだから、なんとか持ちこたえられそうだ。赤塚か。活気があっていい街だな。しかし…うう さむっ! サムゲタンだけに。フフッ。

チョンサチョロン韓国料理下赤塚04チョンサチョロン韓国料理下赤塚06
明太子 石焼ビビンバ定食 ¥880

最寄駅 東武東上線「下赤塚」・メトロ有楽町線「地下鉄赤塚」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  6
好き度・リピート感 6

チョンサチョロン韓国料理 / 下赤塚駅地下鉄赤塚駅

昼総合点★★★☆☆ 3.6



食べログ グルメブログランキング 19:34 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


ラグビーワールドカップ2019 チケット販売情報 プール別チケット価格・日程・会場 一覧表

     

プール別(リーグ別)
チケット価格一覧


2019年9月20日、日本vsヨーロッパ予選1位の試合で開幕するラグビーワールドカップ2019日本大会。
プール別のチケット購入情報、会場、日程一覧を作成しました。

以下の2枚の画像をプリントアウトしてお使い下さい。
画像をクリックして表示 → 表示された画像を右クリック
→「名前を付けて画像を保存」
→ 保存した画像を開く
→ A4タテでプリントアウト

プールA、プールB
ラグビーW杯2019プール別チケット価格日程会場一覧表01

プールC、プールD
ラグビーW杯2019プール別チケット価格日程会場一覧表02
食べログ グルメブログランキング 10:01 | トラックバック:0 | PAGETOP |TOP


平日ビールはやめとこう。神保町の超老舗洋食「ランチョン」。

     
ランチョン神保町洋食老舗02日替わりランチ
¥1,000

ビアレストラン ランチョン
神保町



 若い頃に先輩に連れられて、こんな高いお店で飲むなんて大人だなあ、と。あれから数十年の間に今日まで、訪れたのは1回だけ。そろそろ自分もいい大人。こんなお店でランチを取ってもいいのではないか、と思い立ってやってきました。神保町ビアレストランランチョン」、1909(明治42)年創業の老舗洋食屋です。

 入り口で日替わりランチの内容を確認し、それ以外絶対頼まない決意で2階へ上がっていきます。大きな窓際、小宮山書房を見下ろす特等席に座ります。
 メニューは見ないことにします。「ランチビール」があることを知っているんです。そんな文字を見たら、二度とシャバの空気を吸える自信がないからです。飲んじゃダメだ飲んじゃダメだ。

 ランチもディナーもメニューはほとんど同じです。グラタン、ステーキ、ムニエル、フライ、オムレツ、カレー…洋食の王道が勢揃いしています。だから、メニューなんて下手に見ると10分以上オーダーを悩む事になります。だから、日替わりランチがいいんです。

 しかも! オーダーから2分で配膳されました。日替わりの特権です。周りの方たちは名物のメンチなどをオーダーしていますが、私が食べ終える頃にようやく配膳されていました。日替わりで、当たり!

ランチョン神保町洋食老舗01ランチョン神保町洋食老舗03

 内容は、チキンカツと茄子のグラタンのセットでした。チキン、さすがに柔らかくて美味しいです。配膳時間からして作り置きですが、もともと衣も肉もしっかり作られているのだと思います。ナイフでカットする感覚、洋食の醍醐味ですね。
 グラタンは…茄子? どこに茄子が? 相当小さくカットされているのかしら。目立つのは、おそらくつぶ貝と思われる貝。これがいい。コリコリ。ソースはベシャメルソースではなくトマトソース。なのでグラタンというより「マカロニとつぶ貝のトマトソースグリル」です。やはりベシャメルソースじゃないとグラタン感は出ませんねえ。でも美味しかったです。

 テーブルに備えてあるサラダドレッシングが思いのほか美味しかったので、レジで1本ドレッシングを買い求めました。

 なんか、大人風のランチを楽しんだつもりですが、私がいただいたのは一番安価なランチ。まだまだオトナじゃないんですね。やっぱり、昼からビールを飲んでこそ、オトナなんでしょうね。
 ごちそうさまでした。

ランチョン神保町洋食老舗04

最寄駅 都営・メトロ「神保町」(千代田区)
衛生感・落ち着き度 8
価格設定の適正度  7
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

「ランチョン」ホームページ CLIC → http://www.luncheon.jp/

ランチョンビアホール・ビアレストラン / 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

昼総合点★★★☆☆ 3.8


食べログ グルメブログランキング 08:39 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP


イタ女(板橋女子)も多い人気酒場「串焼き 鳥ひで」。

     
串焼き鳥ひでハガツオ刺身板橋01ハガツオ刺
¥600

串焼き 鳥ひで
板橋区役所前


 旧中山道にいい酒場を発見しました。一軒酒場です。口開け入店してみました。大将と女将さんと女性店員の3人が迎えてくれました。カウンター5席、掘りごたつ式テーブル3卓。しっぽり、ちょうどいい空間です。
 メニューは、おススメでは海鮮中心、定番では串が中心です。これもいい感じ。なんだか、いいお店じゃないですか。

串焼き鳥ひで板橋07串焼き鳥ひで板橋05

「ハガツオ刺」。ハガツオ? カツオでしょうか? 大将曰く、カツオとマグロの間くらいの魚、だそうです。ググってみると、スズキの仲間です。日本では網にかかっても市場には出ない、つまり「ミリヨーギョ」扱いの魚なんですね。ふーむ、謎。ではそれをいただいてみましょう。
 見た目は…カツオとマグロズニクの間くらいです。大将の言った通りです。食感は…トロカツオと上質なマグロ赤身の間。で、味は…スズキにカツオの甘みと酸味を加えたような…味です。白身ではないので淡白ではありません。結構美味しいです。未利用魚扱いなので安いのも魅力。いい肴を発見しました。ご主人の目、確かです。

串焼き鳥ひで板橋03串焼き鳥ひで板橋04
鴨つくね ¥150 レバー ¥110        ぼんじり ¥110 皮 ¥110

 串をいろいろいただきました。もつ焼きではなく焼き鳥中心です。その中に豚タンや豚ハラミの文字も見えましたが、ここは焼き鳥で。鴨つくね、ぼんじり、皮、レバなど。トラディショナルな安定感のある串たちです。ザ・焼き鳥。大将の実直な性格が伝わる実直な焼き鳥です。

串焼き鳥ひで板橋02串焼き鳥ひで板橋06
自家製塩から ¥600

 いつの間にか、満席です。しかも女子率、高っ。おじさん達はカウンターで、女子は掘りごたつで。女子は鍋をつついています。おじさん達はやはり「ハガツオ」への疑問符話で盛り上がっています。更けていく旧中山道の夜。あたたかい酒場でした。ごちそうさま。

最寄駅 都営三田線「板橋区役所前」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 6

「串焼き 鳥ひで」紹介ページ CLIC → http://www.nakajyuku.jp/tenpo/torihide.html

鳥ひで焼き鳥 / 板橋区役所前駅板橋本町駅大山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6


食べログ グルメブログランキング 08:39 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


板橋「MIKIYA GYOZA STAND」。白基調の洒落た空間で、餃子&ビール。

     
MIKIYA GYOZA STAND 板橋餃子三木屋01焼餃子(5粒)2人前
¥250 × 2

MIKIYA GYOZA STAND
板橋区役所前


 旧中山道から折れて奥に入ったところに、モダンな餃子屋さんがあります。「MIKIYA GYOZA STAND 三木家餃子スタンド」です。老舗の中華料理「三木家」の跡地に、餃子に特化した専門店として開業されたそうです。以前お昼過ぎに行ってみたら16時からの営業と書いてあり、今夜狙って訪問しました。

 店内は4席。ぜひビールと合わせたいと思い、その席に座りました。やはりテイクアウトが多いようですが、私は店内で焼いていただいて餃子とビールを楽しみます。

 なんと、餃子包みマシンがあります。自動で餡を包んでいくんです。初めてみました。文明開化の音がします。ちなみに、ここの餃子はニンニクが入っていなそうです。

 自家製のお新香をいただきます。餃子が焼けるまで、これで充分しのげます。いいサービスです。

MIKIYA GYOZA STAND 板橋餃子三木屋03MIKIYA GYOZA STAND 板橋餃子三木屋02

 5分ほどでできました、焼き餃子。1人前5粒で250円、今日は2人前です。うむっ、なるほど。さっぱり系ですね。野菜が多くシャキシャキな餡です。ニンニクがないのでさわやかな味です。
 まず1個目は何もつけずに。2〜3個目は醤油と辣油をつけて。うーん。美味い。ビールと餃子のBG
砲が炸裂です。
 4〜5個目は、にんにくをつけます。このニンニク、辛いしクサイ笑。みなさん、ちょっとでいいですよホントに、ちょっとで。これ新鮮でいいニンニクですねえ。
 餡に混ぜない、外付けニンニクもいいですね。3種の味を楽しめる餃子でした。

 爽やかな餃子屋さんでした。マスターも気さくで居心地がいいですね。途中下車して生餃子持ち帰りすること必至となりました。口コミでどんどん評判が広がっていってほしいです。ごちそうさまでした。

MIKIYA GYOZA STAND 板橋餃子三木屋0105MIKIYA GYOZA STAND 板橋餃子三木屋04

最寄駅 都営三田線「板橋区役所前」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 7
価格設定の適正度 10
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

MIKIYA GYOZA STAND餃子 / 板橋区役所前駅板橋本町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.7


食べログ グルメブログランキング 17:50 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP


人気にはワケがあるんですねえ。絶品もつ焼き、赤羽岩淵「米山」。

     
米山赤羽岩渕もつ焼き05ハツチレ★殿堂メニュー
ハツ
¥300

米山
赤羽岩渕


 急がないと! 赤羽から競歩のフォームで歩きます。祝日前日。17:40に到着。さあ並びは何人⁈
やった。私は5人目でした。1回転目のプラチナシートゲットです。

 さて18:15、開店時間です。今夜は5分遅れの開店で18:20に入店です。本郷「もつ焼きじんちゃん」は奥から詰めて座るのですが、ここは好きなところに座って行くようです。カウンター内ではご主人がお一人で切り盛りします。飲み物はシャリキン系が人気ですが、まずビールを頼んで、落ち着いてオーダーを組み立てます。

 「じんちゃん」と違ってご主人が温和で丁寧なので落ち着くお店です。オーダーは紙に書いてカウンターに置いておくだけで、あとはご主人が順番に料理を提供するシステムです。串焼きの提供は今はやっていないので、各人の前にある鉄板で自分でモツを焼きます。

 最初にマカロニサラダなどで時間をしのいで待つ、というスタイルではなくなったようで、はじめから肉が提供されます。お椀で供されます。逆に煮込みやマカロニサラダは最後に提供されました。ただ最初の料理の提供まで、入店から20分以上はかかります。お酒はチビチビやりましょう。

 本日いただいたものは…(提供順に)

・鉄板焼き
 「タン」 ¥300
 「レバ」 ¥300
 「ハツ」 ¥300
 「チレ」 ¥300
 「やわらか豚ハラミ」 ¥300

米山赤羽岩渕もつ焼き01タン米山赤羽岩渕もつ焼き02タン
タン

米山赤羽岩渕もつ焼き03レバ米山赤羽岩渕もつ焼き04レバ
レバ

米山赤羽岩渕もつ焼き06ハツチレ米山赤羽岩渕もつ焼き10
左 ハツ 右 チレ

米山赤羽岩渕もつ焼き07ハラミ米山赤羽岩渕もつ焼き08ハラミ
やわらか豚ハラミ

・アラカルト
 「マカロニサラダ」 ¥380
 「あっさり煮込」 ¥570

米山赤羽岩渕もつ焼き09マカロニサラダ米山赤羽岩渕もつ焼き11もつ煮込
マカロニサラダ               あっさり煮込

・串
 「つくね」 1本 ¥200
  (2本縛り)

米山赤羽岩渕もつ焼き13つくね米山赤羽岩渕もつ焼き12
つくね                   つくねを焼くご主人

・ビール ¥620
・レモンハイ ¥470

 1皿は、串に換算すると2本半くらいの量です。
 肉はどれも絶品です。新鮮なもつばかり。どうやって仕入れているのか知りたいなあ。全部肉厚でお値段以上の価値あり。そ・し・て、美味いっ!
 特筆は、「ハツ」、「あっさり煮込」、そして「つくね」。これらは食べておいた方がいいですね。煮込みのスープの味ときたら! つくねの塩加減ときたら! ハツの新鮮さときたら! 東十条「埼玉屋」の大将には申しわけありませんが、同等の高品質もつは、ここにもありましたよー、大将。

 腹一杯です。ああ美味かった。また来ます。ごちそうさまでした。

米山赤羽岩渕もつ焼き14

最寄駅 JR「赤羽」・メトロ南北線「赤羽岩渕」(北区)
衛生感・落ち着き度 3
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度 10
好き度・リピート感 9

米山もつ焼き / 赤羽岩淵駅赤羽駅

夜総合点★★★★ 4.5


食べログ グルメブログランキング 18:05 | トラックバック:0 | 赤羽,荒川 周辺 |TOP


陽気なご主人、ボケツッコミの楽しい宵を。志村の老舗酒場「いろり 奈々」。

     
奈々いろり海鮮志村板橋01すじこ
¥350

いろり 奈々
板橋 志村坂上


「お店に入るの怖くなかった? よく入ってきたね!」ご主人の第一声です。
 このお店に関してはまったく世に情報が出ていないので本邦初公開です。扉を明けると、話し好きで気さくなご主人と、実質的にお店を切り盛りしている女将さんが迎えてくれます。

 誰もが不思議に思っている、店先看板のドイツ国旗の由来を聞きました。昔、近所の某印刷会社にドイツ製の巨大な印刷機を納めるドイツ人業者がこのお店によく来るようになって、その方と家族ぐるみのおつきあいがはじまり、ご主人のドイツ探訪が盛んになって、敬意を表して看板に国旗をつけたそうです。おそらく多くの方はあの国旗が謎すぎて入店を敬遠しているのではいかと…。
 その印刷機はおそらく、アルバート社のグラビア高速印刷機のことかと推察します。1984年のことでしょうか。
 このお店の客層はその印刷会社より別の企業の方が多いそうです。

 店を構えて40年余り、歴史あるお店です。ご主人から、志村エリアのいろいろなお話を伺うことができました。「しむらん通り商店街」で一番古いお店は意外にも「マルフクベーカリー」らしいです。構えは新しいのですが、すでに数代の代変わりを経ているそうです。もちろん「若松」の話も出て、やはり先代の女将さんの美人ぶりが尋常ではなかったと。第一ストアも歴史はありますが、スーパー三徳も50年くらいの歴史を持っているそうでビックリ。
 ご主人は、同じ板橋区の大山の商店街の成功に比較して、しむらん通りが寂れていくことを憂いています。どのお店も、次の世代にうまくバトンが渡せなかったのでしょうか。

 基本的にご主人は客のおもてなし、女将さんが厨房で肴を作る、という分担です。ようしゃべくりまくるご主人です。
 
 さて、何をいただきましょうか。そんなに献立は多くありませんが、海鮮系が多いですね。

「すじこ」。大根おろしに載っています。美しい朱の艶!そして美味い。しかも安い。いいアテですよこれは。

「めばる焼」。開きです。身が引き締まってプリプリ。脂ものっています。ゆっくりとつまみましょう。

奈々いろり海鮮志村板橋02奈々いろり海鮮志村板橋03
めばる焼 ¥650               フランクフルト ¥600

「フランクフルト」。ドイツ贔屓に敬意を表して、フランクフルトを。しかし女将さんいわく、日本製のものだそうです笑。ありがたいのは添えられたカボチャサラダ。こういう心遣いが小料理屋の気概なんです。

 この間、出されたおしぼりは4本。この気遣いもいいんですね。ご主人は「おしぼりの本数で勘定が決まるよ」と。気さくなご主人です。
 女将さんの郷里に、数年前に私も行った事もあって、その地域の話で盛り上がりました。
 ご主人は山菜採りや海外旅行がお好きで、春に山菜が採れる頃来てくれれば美味しいものを提供すると約束してくれました。

 上板橋「花門」のイラン人ご主人に相通づる類いのご主人と、実直な料理を提供して下さる温和で律儀な女将さん。とてもいい雰囲気のお店です。店構えは謎めいていますが、まったく問題なく楽しめる酒場です。みなさんもぜひ、飛び込んでみてみて下さい。

奈々いろり海鮮志村板橋04

最寄駅 都営三田線「志村坂上」(板橋区)
衛生感・落ち着き度 6
価格設定の適正度  8
料理の味・誠実度  7
好き度・リピート感 7

いろり 奈々魚介・海鮮料理 / 志村坂上駅志村三丁目駅本蓮沼駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


食べログ グルメブログランキング 19:08 | トラックバック:0 | 板橋,大山 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR