勝負ランチ グルメと散歩、たまにガーデニング。あと、アート。

2014年11月 勝負ランチ

ごついラーメン。

     
hanamichi4あえめん
¥820

花道
中野 野方




席が少ないのと太麺の茹で時間がかかるのとで、回転が悪く並ぶことになる。20分弱で入店。
メニューは、味噌か辛味噌、ラーメンかつけめんのシンプルな組み合わせ、あとは油そばがある。そんな中、変わり種の「あえめん」を注文。辛味噌つけめんのスープに麺が入っているような見た目だ。
配膳されたら、丼の底にたまっているベースを、底の方からかき回して和える。これを怠ると最後に濃い味になってしまい、くどくなる。ということが後でわかった。
太麺は、中本を思い起こさせるモチモチ感がある。スープはそんなに辛くはなく、やはり中本のとろみを意識したような液具合。辛味噌も味噌も、魚粉が多く、スープ全体が重い。
はじめは美味しくいただいていたが、半分以上食べたころから少し重い感じが強くなってきた。魚粉が好きだから最後まで楽しんだが、魚粉がそんなに好きでなければくどいと思うことだろう。
独特の料理で印象は強く残る。美味しかったのは確かだが、麺がもう少し少なければ、着地まで美味しくいただけると思う。

hanamichi3hanamichi5
hanamichi2
味噌ラーメン ¥800

最寄駅  西武新宿線「野方」(中野区)
訪問時間 11:50
待ち時間 20分
衛生感・落ち着き度  5
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  5

CLIC →「花道」ホームページ

味噌麺処 花道ラーメン / 野方駅都立家政駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4


食べログ グルメブログランキング 19:35 | トラックバック:0 | 中野,荻窪 周辺 |TOP


一人黙って旅路につく

     
suidobashitabi3栃尾油揚げ
¥250


水道橋




記憶が確かならば15、6年前からは営業している、典型的ガード下立ち飲み屋。今は寡黙なシブいマスターが夜を切り盛りしている。昔はおかん達もいた気がする。昼はお弁当を販売、常連になると唐揚げなど大盛りサービスしてくれた。

前金制で料理を受け取ると同時に勘定を支払う。「がんばれ宮城」のコピーにつられて浦霞本醸造を一杯いただく。つまみは100〜350円。みなさん一杯ちょいと呑んで帰っていく。馴染み客もいるようだが、特にマスターと盛り上がるわけではなく静かに呑んでいる。

オトナが集う、静かなセンベロ店だ。久しぶりに「」ブームがきた。また来よう。

suidobashitabi1suidobashitabi2
シューマイ ¥100

最寄駅  JR・都営三田線「水道橋」(千代田区)
訪問時間 18:30
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  4
価格設定の適正度  10
料理の味・誠実度   4
好き度・リピート感  6

飲み処喰べ処 旅居酒屋 / 水道橋駅後楽園駅九段下駅

夜総合点★★★☆☆ 3.3


食べログ グルメブログランキング 19:26 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP


淡路島カレーをご存知ですか?素朴な日本のカレーです

     
konaya02淡路島プレーンカレー(小)
+スタウトポーク1枚+1辛
¥580+120+50

こな屋
本郷三丁目、御茶ノ水




淡路島カレーを前面に出したP.O.P.なのでカレー専門店かと勘違いするほどでした。本来は「こな屋」の屋号通りお好み焼きや、あるいは「おばんざい:の専門店です。

カレーに惹かれて入店したので当然淡路島カレーをオーダーしました。淡路島の気候を活かして甘ーく育てた玉ねぎが味の決め手ということです。淡路島のNPOとタイアップして、島の食材の良さをアピールする一環として、このカレーが開発されたそうです。この玉ねぎをソテーする職人もいるとのこと。期待して料理を待ちます。

運ばれてきたのは、まさに玉ねぎが溶けてできたようなトロトロのルーと、トップに載せられた揚げねぎが印象的なカレーです。一口、ハフっ。おう。なかなか深い味わい。しかも1辛なのにまま辛い。日本らしい甘辛のコクがある、いいカレーです。

淡路島とのコラボカレー、企画倒れではありません。美味しいです。

konaya01konaya03
konaya04最寄駅  メトロ丸の内線「本郷三丁目」(文京区)
訪問時間 12:40
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  8
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   6
好き度・リピート感  7

CLIC →
「こな屋」ホームページ

こなやお好み焼き / 本郷三丁目駅御茶ノ水駅水道橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.7



食べログ グルメブログランキング 19:39 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP


インド料理とワインで語らい、和らぎの時を

     
omoinoki4日替わり ココナッツチキンカレー
¥1,270

想いの木
神楽坂




有名インド料理店、想いの木に初めて来ました。並んではいませんでしたが、ドアを開けたら一杯で隅のカウンターしか空いていませんでした。そこで充分です。

むき出しの梁やカンテラ風のペンダントライトが古き北欧を彷彿させる内装です。みなさんお昼からワインなどお酒を飲んで楽しんでいる様子。お酒は頼まずにランチ「土への想い:を注文、カレーは日替わりを選択しました。
ネイティブの料理人が運んで下さったタンドリーチキンがまず美味しい。これ一本でワイン一杯いけそうだ。あまりワイン飲みませんが。
続いてカレーが配膳。久しぶりにナンではなくサフランライスにしてみました。カレーは、大陸らしいヒトクセある香辛料がたくさん使われ、ココナッツミルクより香辛料の味が特徴づけている上質なインドカレーです。パクチー嫌いの私でも美味しくいただけます。チキンは骨ごと煮込んで柔らか。
正直、サフランライスがあまりいい味ではなく、このスパイスを活かすにはナンを選択すべきでした。
辛さは2辛がちょうどいいと思います。深いコクのあるカレーでした。

対応や雰囲気など、インド料理というよりフレンチに近いおもてなしでした。女子率が高いのもうなづけます。私もまた来てしまうと想います。いいカレーです。ごちそうさま。

omoinoki1omoinoki5
omoinoki2omoinoki3
タンドリーチキン 紅葉載せ

最寄駅  都営大江戸線「牛込神楽坂」・メトロ東西線「神楽坂」(新宿区)
訪問時間 11:50
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  8
価格設定の適正度   7
料理の味・誠実度   9
好き度・リピート感  8

CLIC →「想いの木」ホームページ

想いの木インド料理 / 牛込神楽坂駅神楽坂駅飯田橋駅

昼総合点★★★★ 4.1


食べログ グルメブログランキング 20:19 | トラックバック:0 | 新宿,神楽坂 周辺 |TOP


まるで味の襲色目。高次の美、四川飯店

     
akasakashisenhanten6殿堂メニュー
建民担々麺
(タンタンメン スープ無し)

¥1,200

赤坂 四川飯店
永田町




初めて来ました四川飯店、ものすごくテンションあがります。旅館会館の6階、エレベータが開くと店員さんが待ち受けています。広い店内の奥の席まで丁寧に案内されますが、たくさん席が空いているのに他のお客様たちと隣接する席に案内されるのは微妙な気持ちです。

まずは、定番の麻婆豆腐と海老のチリソース。本場の大粒の山椒が得意ではないので、陳麻婆豆腐ではなく普通の麻婆豆腐にしました。上品な辛さと、甘さを併せ持つ味わい深い逸品です。中華街のものとは一線を画す、和食の域にある繊細な料理です。
チリソースは、チリ要素もさることながらやはり海老やネギの甘さと協力して複雑な旨味があります。
重ねた色彩の数だけ新しい色みが生まれる、襲色目(かさねいろめ)の世界観。…美味しい。

そして一番感動的だったのは汁無しタンタンメン。中国語併記が「建民担々麺」ということで先代の陳建民の魂がこもった料理と理解しました。これ、辛い!辛い!しかも厚みがあって初期衝動と二次波濤があります。特に二次のキレには発汗します。というより麺ですよ、この料理は。まるでパスタのような芯と食感。そぼろを絡みとる吸引力さえ持っています。辛さだけをウリにしたタンタンメンはたくさんありますが、これだけ一つひとつの食材要素に意味がある「建民担々麺」は、絶対にここでしか味わえません。

さすが、美味しいお店でした。鉄人・陳一族に感謝します。建一・建太郎親子からさらに時代を超えて継承してほしい東京四川です。

akasakashisenhanten7akasakashisenhanten3
四川飯店特製 樟茶考鶏(特製スモークチキン)¥3,300

akasakashisenhanten4akasakashisenhanten5
麻婆豆腐 ¥2,200

akasakashisenhanten2akasakashisenhanten1
乾焼蝦仁(海老のチリソース)¥2,650

最寄駅  メトロ有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」(千代田区)
訪問時間 17:00
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  9
価格設定の適正度   6
料理の味・誠実度   9
好き度・リピート感  6

CLIC →「赤坂 四川飯店」ホームページ

赤坂 四川飯店四川料理 / 永田町駅赤坂見附駅麹町駅

夜総合点★★★★ 4.4


食べログ グルメブログランキング 20:00 | トラックバック:0 | 銀座,赤坂 周辺 |TOP


ちょっと耳を貸して下さい。すごくいい酒場見つけました

     
tawaraya4殿堂メニュー
銀むつと大根煮
¥650

俵や
秋葉原




ココ、ここですよ。いいお店と出会えました。一見も常連も関係なく、美味しいアテをつまみながらそれぞれの時間を過ごせる酒場です。酒場放浪記スタッフよ、このお店は見つけてくれるな。

まず店員が気持ちいい。マニュアルではなく、こちらの居心地をよくしてくれるための心遣いを随所に感じます。一人客の私に対して、いかがですかと新聞を持ってくる居酒屋なんて、他にどこがありますか。

そしてなんとカウンター席の客だけ飲み物100円引き!好んでカウンターに座る私にとっては鼻血サービスです。料理は、定番が壁に貼られ、オススメは黒板に書かれています。それら全部が、安い!両鼻から出ちゃいます。
ハムカツがピンときたので注文すると、ボリュームがあるので1枚分だけにしておきますか?と聞かれます。こういう気遣いなんです。確かに1枚分で正解でした。通常のものだと他のアテが腹に入らなくなります。

カウンター料理が目移りするほどたくさんあります。写真はその半分程度しか写っていません。目の前にあった銀むつと大根煮を注文しました。こ、このむつ、美味しい…。大根にも煮汁がしっかり染み込んで…。若旦那が「ランチは12時半頃には閉めるんですよ、夜の仕込みが間に合わないんで」とおっしゃっていましたが、うなづけます。この味付けとこの豊富なメニューは、相当時間を費やして創られたものだと思います。ああ、美味い。
ただ、この銀むつと大根煮は黒板メニューなので、いつもあるかどうかは不明です。

お勘定のあと、実はたこブツがウリなんですよ、と伺った。次はたこメインでいきます。また必ず来ます。

秋葉原という土地のイメージとはかけ離れた、江戸の居酒屋でした。ごちそうさま。

tawaraya1tawaraya3
                       ハムカツ ¥450

tawaraya6
カウンター料理の一部

最寄駅  JR・メトロ・つくばEXP「秋葉原」(千代田区)
訪問時間 18:20
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   8
料理の味・誠実度   8
好き度・リピート感  9

俵や居酒屋 / 秋葉原駅岩本町駅末広町駅

夜総合点★★★★ 4.6


食べログ グルメブログランキング 17:03 | トラックバック:0 | 両国,秋葉原 周辺 |TOP


駿河台の山にあるパスタの洞窟

     
trattorialemon3なすとバジリコのスパゲッティ トマトソース
¥1,000

Trattoria LEMON トラットリア レモン
御茶ノ水




駿河台の杜はすっかりビル群になってしまったが、このお店は植物をまとってにぎやかな通りを避けるように杜を演出している。

とにかく人気のお店でどんどん客が入ってくる。内装はアールヌーボーをプレーリー風に解釈した雰囲気で洞窟的な躍動感がある。メニューはパスタが数多く、本日のメニューは2種類ある。冒険せずベーシックなパスタを注文した。
ちなみに画材屋の「レモン画翠」が経営しているお店で、レモン画翠には学生の頃から大変お世話になっている。
ランチは飲み物がセットになっていて、評判の苺グレープフルーツをいただく。氷を使って底のダマを混ぜあわせて万遍ない濃度にする作業が好きである。甘みと酸味が心地よく腑に落ちる。

ナスとバジリコのパスタは、バジリコの味はあまりなく、結局トマトパスタであった。麺は芯が少し残る茹であがりで、ヤワとカタの間の食感。しだいにヤワへと変化して、トマトソースをうまく絡めてくれる。酸味は強くないので食べやすい。美味しくて一気に平らげてしまったが、パスタに詳しくない私に特別な感激はもたらさなかった。それでもこれだけ人気なのは、舌が肥えた方にこそわかる美味しさを持っているということだろう。

trattorialemon1trattorialemon4
trattorialemon2
評判の苺グレープフルーツジュース

最寄駅  JR・メトロ「御茶ノ水」(千代田区)
訪問時間 11:50
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  9
価格設定の適正度   6
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  6

CLIC →「Trattoria LEMON」ホームページ

トラットリア レモンイタリアン / 御茶ノ水駅新御茶ノ水駅神保町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.5


食べログ グルメブログランキング 16:55 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP


電車を降りたら2分でレバー

     
nishiguchiyakiton1レバ半生
¥100

西口やきとん
浅草橋




西口を出て徒歩30秒、すぐに注文して1分半でミディアムレアのレバーが舌の上に。
ここは浅草橋西口やきとん。素通りはできない串天国だ。
店員は元気で気遣いもよく、心地よく立ち飲みできる。アテはほとんど100〜200円、夢のセンベロ店だ。

まずは半生レバとホルスタ。炭火で短時間焼かれたレバはメディアムレアよりレアっぽいレバテキだ。美味い。体中の血液に鉄分が配給され、今日の仕事の疲れを癒す。ホルスタは、見た目はコブクロだが、テッポウか?よくわからないが、ガムのように噛んでいるうちに口の中にエキスが広がる。
趣向を変えて油淋鶏を選択。辛みと酸味がビールを進ませる。やきとんの屋号だが鶏もやっている。
黒豚ハラミは、思ったより強い肉感で脂分も適度だ。

客が次々現れる。みな「フラっと」入ってくる。そしてマスターの体を気遣う言葉がでてくる。店員と客が一体となって「西口やきとん」は形成されている。

nishiguchiyakiton5nishiguchiyakiton3
                       油淋鶏 ¥200
nishiguchiyakiton2nishiguchiyakiton4
ホルスタ ¥150                黒豚ハラミ ¥200

最寄駅  JR・都営浅草線「浅草橋」(台東区)
訪問時間 17:40
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  3
価格設定の適正度  10
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  8

CLIC →「西口やきとん」ホームページ

西口やきとんもつ焼き / 浅草橋駅馬喰町駅馬喰横山駅

夜総合点★★★☆☆ 3.9


食べログ グルメブログランキング 21:42 | トラックバック:0 | 両国,秋葉原 周辺 |TOP


深夜食堂を彷彿させる、飾らない和食

     
kamonjinbocho3定食
¥1,000

嘉門
神保町




まさに一本裏通り、シブい軒先が見えてきました。入り口の脇に達筆風のお品書きが貼られています。のれんをくぐると、なんと満席。ちょうどお一人帰るところで入れ替わりでカウンターに鎮座。全12席です。
メニューはひとつしかないので「一人、お願いします」で「はいよ」と奥から声が返るだけ。落語にむいていそうな声のマスター、パタリパタリとする足音が心地よい。
3人分ずつ作っているようで、入店から配膳まで20分近くはゆうにかかります。
来ました。お膳が大きくて瞬時に写真のピンを合わせることができませんでした。とろろ付きです。鯵刺しも付いてます。うむ。
メインの鯖しょうゆ干焼きは、干した旨味、脂が適度にのっていい焼き具合で、日本の昼メシを体現しています。全体で栄養素がバランスよく摂取でき、高価なタニタ食堂のようです。いや、少し野菜が足りないか。まあそんなことはいいとして、空間を含めて「和食」をいただきました。
おそらく昼の部は20人前で終わる気配がありました。早めにどうぞ。

kamonjinbocho1kamonjinbocho2
kamonjinbocho4

最寄駅  都営三田線、メトロ新宿線・半蔵門線「神保町」(千代田区)
訪問時間 11:45
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  6
価格設定の適正度   5
料理の味・誠実度   7
好き度・リピート感  7

嘉門定食・食堂 / 神保町駅九段下駅竹橋駅

昼総合点★★★☆☆ 3.9


食べログ グルメブログランキング 21:11 | トラックバック:0 | 本郷,神保町 周辺 |TOP


江戸文化を未来へ伝える、大トロ「ねぎま鍋」

     
asakusaichimon4ねぎま鍋
¥3,600(2人前)

浅草 一文
浅草




鍋の季節が到来しました。あまり馴染みがなかった「ねぎま鍋」を食べてみようと一文にきました。マスコミでも紹介されるお店のようです。
創業から30数年ということですが、店構えは老舗の雰囲気。築60年以上の建物の使い、おそらく旧商家らしい造りの店内です。
土曜の訪問なので予約で一杯でしたが、カウンターの端席になんとか座らせてもらいました。

くじらの煮込みを注文しましたが、本日は売り切れとのこと。この時間で売り切れはないと思うので、おそらく宴会や予約客用しか量的に作れないのでしょう。
かわりの牛スジ煮込み、これに助けられました。赤味噌とワインで煮込まれたスジは柔らかくコラーゲンタプリ。

ながす鯨のたたきを経て、いよいよねぎま鍋の登場です。ねぎまの「ま」はまぐろの「ま」と勝手に解釈しています。まぐろは新鮮な大トロ、これをしゃぶしゃぶします。このまま食べてはだめなのだろうか。解説では余計な脂分をしゃぶしゃぶして落とすそうです。ねぎは千住ねぎで、まずこれを投入します。いい出汁ができそうです。
出汁といえば、この鍋汁が絶品です。醤油、昆布、鰹…はわかりますが後は何がこの味を作っているのでしょうか。
まぐろは、野菜や豆腐より比重が重いらしく、すぐ鍋底に沈んでいきます。1分もくぐらせれば充分です。出汁がよく滲みたまぐろに、葉わさびを合わせてほうばります。ウホホ。こんな鍋料理が浅草に存在するとは。柔らかくて、生のトロと同じく口で溶けていくようです。
月並みな感想ですが、オイシイデス。

会話より食の味そのもので盛り上がる宴会ができそうです。

asakusaichimon1asakusaichimon6
asakusaichimon8asakusaichimon2
                      葉山牛牛すじ煮込み ¥500

asakusaichimon3asakusaichimon9
しらす鯨のたたき ¥1,200

最寄駅  つくばEXP「浅草」メトロ銀座線「田原町」(台東区)
訪問時間 17:50(土曜)
待ち時間 0分
衛生感・落ち着き度  7
価格設定の適正度   5
料理の味・誠実度   9
好き度・リピート感  5

CLIC →「浅草 一文 本館」ホームページ

浅草一文 本店居酒屋 / 浅草駅(つくばEXP)入谷駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

夜総合点★★★★ 4.1


食べログ グルメブログランキング 20:08 | トラックバック:0 | 上野,浅草 周辺 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

GOURMET CATEGORY

 

SITE CATEGORY

NEW TRACK BACK

PROFILE

オビキン

Author:オビキン
真冬でもキンキンに冷えたビール。

Gourmet
★殿堂メニュー
悶絶メニュー。何度でも食べたい逸品。
グルメ度数 10点満点
●衛生感・落ち着き度 → 居心地や対応の良さの度合い
●価格設定の適正度 → 素材や調理法と価格の釣り合い
●料理の味・誠実度 → 美味しさと作り手の誠実さ
●好き度・リピート感 → その土地に再訪する時の高揚感
Gardening
 庭やコンテナのガーデニング、野菜栽培の記録や、園芸店の紹介をします。自庭の花場は日陰なのでかなりシブい植物ラインナップです。寄せ植えが得意分野です。
Art&Design
 展覧会の鑑賞メモ、おススメ美術館、お気に入りデザイングッズなどを紹介します。
Travel & Sampo
 散歩や旅の記録です。過去の分もさかのぼって順次アップします。

NEW ARRIVAL

WATCH LIST

SEARCH FORM

RSS Link

ブロとも申請フォーム

QR Cord

QR